読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加齢やAGAによる毛包幹細胞の低酸素状態を改善する育毛剤

 

今年、20129月に日本でもおなじみの美容材料メーカーがバイオ技術を駆使して新たな育毛成分を配合した育毛製品を発売をすると発表した。今回の成分はこれまで類を見ない発想で育毛にアプローチをします。

 

今回の成分はステムオキシダインと呼ばれ、血行不良を誘発する低酸素状態を改善するというこれまでの育毛剤などのミノキシジルなどの刺激成分と全く異なる形で血行促進用を促すとされております。

 

低酸素状態は人体全体でも重度の血行不良の原因となりますがこれは細胞レベルでも同じことがおこり、高山病や癌の増殖にいたるまで酸素レベルが現象することは様々な影響を及ぼします。

脱毛時の低酸素症およびその重要な機能

身体の特定の部分の酸素が現象または周辺細胞に酸素供給を奪われた場合、低酸素状態が発生します。

この低酸素状態を改善する成分としてステムオキシダインが有効であることが研究や臨床結果によって判明しこちらのメーカーは特許を取得しました。

低酸素誘導因子Hypoxia Inducible FactorHIF1細胞に対するは酸素供給が不足状態に陥った際に誘導されるたんぱく質です。癌などの病巣付近では癌細胞が増幅するために周辺の細胞が新たに形成された毛細血管(VEGF)を通じ血液などが供給されてしまう為、正常な細胞部分ではHIF1が増加して低酸素状態に陥ります。

 

ヒト動脈内皮細胞の遺伝子をマイクロアレイ法により解析した結果、どなたでも全体の2%にも及ぶ遺伝子がHIF-1αによって直接あるいは間接的に低酸素状態にあるということが報告されています。髪が薄い場所は癌細胞が増幅している周辺の正常な細胞と同じように低酸素の状態のHIF1集中的発生していると言われています。

そのHIF1の影響を無力する効果がステムオキシダインに効果があると確認されました。

 

血行促進で知られているミノキシジルや低周波器などは刺激を与えることで血流を改善しVEGFは新しい毛細血管を形成することで血流量を増やすという成分です。その中、今回のステムオキシダインはこれまでとは異なる細胞の低酸素状態を改善を行う形で髪の成長に不可欠な血行促進を改善する新しい方法です。

 

現在ミノキシジルや低周波器をご利用のお客様には新しい育毛ケアの一つになると思われます。

 

幹細胞機能に関連する研究で脱毛や毛包幹細胞と低酸素状態の関連性も確認されておりAGA型脱毛の方には新たなケア方法の一つとなります。

 

正常な幹細胞は通常は始原細胞となり様々な目的の細胞となります。毛髪の場合には始原細胞が毛包幹細胞となり髪に変貌を遂げます。

 

ところが昨年6月のペンシルベニア大学の研究ではAGAの影響によって始原細胞から毛包幹細胞となる作用が低下することで髪の生成能力が低下することがわかりました。そのAGAが誘発している問題が幹細胞の低酸素状態であると発表がされました。

 

今回のステムオキシダインはAGAが誘発する低酸素状態を改善にも効果が期待できることからAGAが脱毛に対してプロペシアやフィナステリドとは全く異なるケア方法に成りえます。

 

この育毛剤はメーカーの本社の所在国では今年の9月から販売が開始をされと思いますが他国での発売はまだ全く未定です。入手している情報によると日本での発売は2年後になると考えられます。

 

全く新しい成分であることから十分な情報収集が行えておりません。低酸素状態は血行不良だけではなく毛髪の生成に不可欠な幹細胞が始原細胞となり、毛包幹細胞の変換がAGA型脱毛の方特有の低酸素状態を誘発する恐れがあるようでこれらについてより具体的に調べて行きたいと思います。

 

ですがご自身がAGA型脱毛ではないかと心配されている方でプロペシアなどの使用に不安を感じている方。または現在のケアによってどうしても一層の回復を望まれる方には大変将来を期待できる製品となると考えております。

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/
 

 

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/
     (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/
(2012年2月からのブログ)

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。
yokoi@kaminonayami.net