秋に起こる抜け毛の注意点について 2

9月中旬は過去の最高気温が続いた今年の残暑。

 

残暑が厳しかったのが都内では1日で7度も気温が低下しました

 

この急激な温度差がセプテンバーリスクという現象が起きます。このような急激な気温の低下や温暖さによって脳卒中や脳いっ血、さらに心筋梗塞が増加します。

 

急激な気温差により寒さが影響して血管が萎縮します。

 

どうしても洋服の選択が難しくクールビズなどの影響から軽装のまま外出してしまうケースや突然の雨などによっての気温低下。朝晩での10度を超える温度差に体がついていけない状態が続いています。

 

屋外の暑さとエアコンの効いた室内を出入りしていて特に残暑が長かった今年は自律神経が乱れ体温調整機能が上手くできておりません。

 

最高気温と最低気温の温度が激しくなると交感神経と副交感神経末梢神経の乱れにより温度への適応が鈍くなり血管の萎縮によって血流が悪くなることは高齢の方の場合には重症化すると脳卒中心筋梗塞に繋がりますが毛細血管への血流も悪くなります。

 

若い方でも頭が痛くなったり冬に比べればそれほど気温は低くないのにも関わらず急激な気温差によって女性の場合には手足の冷え症が悪化します。温度差による血流の乱れについて。

 

http://chimeguri.com/symptom/chill/question6.html 

 

先日お話をしたように秋はただでさえ抜け毛が増加するリスクが高い中、このような血管の萎縮によって秋の抜け毛の増加の原因には影響していると言われております。

 

育毛ケアや秋の抜け毛の相談について、お悩みの方。相談にのります

yokoi@kaminonayami.net

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

 

 過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/
    (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/
(2012年2月からのブログ)