東大発表の薄毛と心臓病の因果関係となる血行不良

 

東京大学が発表をした心臓病と薄毛の因果関係についての研究発表をご覧になり、多くの方が驚かれたかもしれませんが過去のブログでもご紹介をしたように血行促進と育毛においては大きな関係があります。

 

薄毛に悩み、ドラッグストアなどに行くと数えきれないほどの育毛剤が陳列されています。これだけではなくネットで検索できる多くの育毛剤なども9割以上が血行を促進することが目的です。

 

髪の主成分は血液中のたんぱく質が毛細血管によって毛乳頭に供給されます。これが近年の食の欧米化によってお肉や乳製品の過剰摂取やファーストフード、コンビニ食品などによって野菜や魚などの欠乏によって血管内のプラークやコレステロール値の上昇を引き起こしています。

 

特に食生活のバランスの乱れによって影響を受けているのは若年者で10代から30代前半の方などの栄養の偏りが近年深刻化しており、薄毛の若年化の要因になっております。

 

これらの血行不良が起こることで薄毛症状がまず起こります。その後も血行状態が改善しなければ年齢とともに血管の老化によって静脈や動脈だけではなく、毛細血管なども細くなり、血流不良から様々な心臓病に陥る可能性があります。

 

それが今回東京大学の調査によって心臓疾患を抱えておられる方たちの70%以上の方が薄毛症状が確認された根本的な原因だと思います。

 

血行促進方法を考えると多くの方が何か特定の食事を摂取することやサプリメントやマッサージでどうにかできないかと考えられますが一度血管内にプラークができたり血管が痩せてしまうと状況を改善することは簡単ではありません。

 

心臓であれば体全体の血流を改善する必要がありますが育毛の場合は頭部、それも髪を薄いところを中心的に血行促進をはかることで髪が生え戻るきっかけとなります。どうしても頭部は体の末端となります。それに頭蓋骨の外を覆う頭皮の大半に血液を供給しているのは肉眼では到底確認できないような毛細血管です。
 

ですがこれまでの不摂生によって生じている血行不良を改善できれば髪の主成分となるたんぱく質が再度、毛乳頭に供給されるので髪が回復させるのは重要な育毛ケアです。それがなされれば以下のような画像のように毛細血管は浮き上がります。

 

f:id:kaminonayami_net:20120704162702j:plain

 

ヘアーマックスを用いて高い回復効果を得ているイギリスの育毛専門病院が低出力レーザーの照射と共に血行促進を図ると回復が早まるのもそのためです。

 

 

ネットで検索をすれば男性ホルモンの影響が薄毛の最大要因であると近年は書かれており、血流と薄毛の関連性をご存じない方がほとんどだと思います。ですが育毛においてしっかりと血行促進を図り、生え戻った産毛にヘアーマックスの低出力レーザーを照射すると産毛のまま留まらず、以前と同じような長さや太さに成長するよう、促します。

 

ネットに書き込まれている情報が多ければ多いほど信憑性が高いのではないかと思いこんでしまいますがこのような新しい情報を的確に理解し、活用いただくことが重要です。

ヘアーマックスの有効性や効果効能についてご興味があればご遠慮なくご質問ください。

 

yokoi@kaminonayami.net

 

 

 

 

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値

 

http://kaminonayami.org/

 

 

 

過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます

 

http://kaminonayami.net/blog/

 

 

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。

 

yokoi@kaminonayami.net