読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hairmaxの2年目に収集された臨床データとプロペシアの3年目の臨床データと根本的な違い 1

一度認可された医薬品や育毛剤などが承認されてから臨床データを再収集して発表を行うことはあまりありません。

 

プロペシアを開発したメリク製薬にしても1997年にアメリカではじめて認可をされた際に提供された治験や臨床データがこの16年以上変更されることはありませんでした。

 

日本でプロペシアが認可されたから3年目の98%の患者の満足度合を全面に主張していますがこれは服用する方の満足度調査です。

 

http://www.propecia.jp/secure/launchcontents/productinfo/medical_3y.html 

 

上記プロペシアのサイトの医療従事者向けを開いていただきINDEXの患者使用感調査データを開いていただくと98%が満足をしているとの調査結果が発表されています。

 

上記の98%の満足度調査も髪が増えたではなく抜け毛が減った。ボリュームが増えたというものだけで髪が増えたという回答欄はありません。

 

片や3年目の国内臨床効果3年目という臨床では78%が改善したと公表しており、確かにダブルブラインドテストで(二重盲検比較試験)20歳以上50歳以下で脱毛症以外には心身ともに健康なModified Norwood/Hamilton分類においてvertex型、vertex型、型、型に分類される中等度までの男性型脱毛症患者でおこなったと書いていますが増加した毛髪の本数を第三者機関が計測したのではなく医師が写真を元に投与前と投与後を7段階(著明改善、中等度改善、軽度改善、不変、軽度進行、中等度進行、著明進行)で評価したものです。

 

パーセンテージが提示されていると満足される方もおられるかもしれませんがこれはあくまでも検証を行った主観だけで導かれた結果です。

 

 

 

2010年に現行のヘアーマックスがAGA型脱毛の育毛効果を認可されるに当たりたどった経緯は以前このブログでご紹介しました。

 

2010年のヘアーマックスの治験と臨床について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11565665168.html 

 

それに加え2012年にも再度、FDAの管理下の元、2010年に現行のヘアーマックスが認可を受けた際と同じようにダブルブラインドテストが2012年にも行われました。

 

プロペシアの第三者(医師)の主観による7段階の評価ではなく、実際に増加した毛髪の本数が計測され、の2010年の時と同様に94%の育毛効果が1cm平方メートル当たりの毛髪の発毛率が2012年にも確認されています。

 

治験対象は以下のような患者です。

(男性でAGAと診断された25~60歳Fitzpatrick Skin Types i-IV 型 とNorwood Hamilton Classifications of IIa to IV 型で過去12か月間の間に脱毛を起こした方を対処)

 

http://clinicaltrials.gov/ct2/show/results/NCT00947219?term=hairmax§=X6015#outcome1

 

臨床データを製薬会社が独自で行うことはあっても日本の厚生労働省やFDAの管理下の元、再度、追加で臨床データを収集することは医薬品でもほとんどありません。

 
hairmaxの2年目に収集された臨床データとプロペシアの3年目の臨床データと根本的な違い 2 続く
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11624156780.html

 

NANOGEN 3Xについてのアメーバブログ

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11609444250.html

 

 

ヘアーマックスは単体でも優れた育毛手段としてFDAでの承認を受けております。その効果をより高める手段もあり、弊社でも薄毛の進行度合いが著しい方や早期に確実な回復を希望される方にはヘアーマックスと並行して行っていただけるケアについてもご紹介をしております。

 

Nanogen3xの効果や購入ご興味のある方。

 

 

頭皮トラブルや育毛へ相談。ヘアーマックスの有効性や効果効能についてご興味があれば以下のアドレスまでご遠慮なくご質問ください。

yokoi@kaminonayami.net  

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値

http://kaminonayami.org/  

 

過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます

http://kaminonayami.net/blog/  

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。

yokoi@kaminonayami.net