PFS (ポストフィナステリドシンドローム) フィナステリド症候群の学術発表

以前としてプロペシアやフィナステリド製剤の副作用や後遺症がないとお考えの方がおられるようですが現在アメリカでは2つの医療機関がPFSに苦しむ患者様の募集を行っています。アメリカ以外でも大学の研究施設も募集をしているようです。

フィナステリド症候群財団が先日発表したアメリカ国内でPFS患者を対象にデータ収集と治療法の研究の為にフィナステリド症候群を発症したと思われる患者の募集を始めました。

ハーバード大学医学部に教員を派遣する
Brigham and Womens Hospital Baylor College of MedicineにおいてPFS(ポストフィナステリドシンドローム/ フィナステリド症候群)の研究が大体的に開始されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/clinical-study-of-post-finasteride-syndrome-launched-at-brigham-and-womens-hospital-a-harvard-medical-school-teaching-affiliate/

 

http://www.pfsfoundation.org/news/clinical-study-of-post-finasteride-syndrome-launched-at-baylor-college-of-medicine/  

 

PFS財団で発表されている様々な学会での研究発表を発表しています。

 

http://www.pfsfoundation.org/published-research/
 

以下が上記学術発表の詳細の一部です。学術発表は有料になっているものも多く、概要を説明しているだけのHPもあればその内容を観覧できるものと様々です。

前文英語ですが上記のPFS財団のHPで概要について紹介されています。

 

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21418145  


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21176115  


http://article.psychiatrist.com/dao_1-login.asp?ID=10007988&RSID=16409503147040  


http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1743-6109.2012.02846.x/abstract  


http://informahealthcare.com/doi/abs/10.1517/14740338.2013.742885

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jsm.12269/abstract  

 


また海外では新たにフィナステリド製剤の追記事項の変更がFDA(米国食品医薬局)によって正式に発表されました。

前立腺肥大に用いられているフィナステリド製剤に対し、ある医薬品の併用をすることでリスク回避ができるという内容を商品表記することを認めました。これは前立腺肥大に用いられるフィナステリド製剤は育毛目的で使用されるフィナステリドよりも成分濃度が高いこと。さらに育毛目的で使用する場合には中止することも可能ですが病気の治療の場合には服用を中止できないという理由から注意書きの追加されたようです。


どのような薬かは公表を控えさせていただきますがその理由は以下となります。

1.国内でも処方されている薬ではありますが保険適用外の為、1錠当たり、700~1000円していること。

2.その薬自体にも服用へのリスクがあること。

3.前立腺肥大の治療目的で併用することをFDAが推奨しているだけで育毛目的でプロペシアやフィナステリド製剤を服用するために紹介されている安全処置ではないこと。

4.PFSや副作用の発症リスクを低くしたり、改善を促す薬ではないこと。

5.この薬はネットで入手可能な薬ではありますが先日FDAがネットで流失している医薬品の捜査の際、47%以上のこの医薬品が偽薬であったということを発表しており、本来は生活改善薬で用いられる薬であることから真意が精査されにくい薬です。


無理にフィナステリド製剤を服用するために安全性が曖昧でなお且つ、高額で信ぴょう性に乏しい併用薬を発表する訳にはいきません。

一番誤解いただきたくないのはPFSの発症リスクを軽減するために併用薬が前立腺肥大の治療目的のフィナステリドに追記された訳ではありません。安全に前立腺肥大の治療のためにフィナステリドを長期使用できるように取られた苦肉の対策の一つです。

プロペシアやフィナステリド製剤は服用するだけという育毛法では大変簡単であること。テストステロンやDHTといった専門用語を耳にするようになり、体全体の分泌量を抑えることが重要だと考えておられるのだと思いますが皆さんが期待されているほどの効果は得られないことは国内の治験や臨床結果として以下でもご紹介しました。

プロペシアの回復効果のデータの根拠と1年目と3年目の臨床データの実情 
 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n217319


ヘアーマックスは単体でも優れた育毛手段としてFDAでの承認を受けております。その効果をより高める手段もあり、弊社でも薄毛の進行度合いが著しい方や早期に確実な回復を希望される方にはヘアーマックスと並行して行っていただけるケアについてもご紹介をしております。

ヘアーマックスの効果と安全性
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11634757291.html 

Nanogen3xの育毛の研究とヘアーマックスの併用の意義
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11644433932.html

Nanogen3xの効果や購入ご興味のある方は以下にご連絡をいただければと存じます。HP開設を準備に伴いNanogen3x専用のメールアドレスをご用意しました。

info@nanogen3x.co.jp  


頭皮トラブルや育毛へ相談。ヘアーマックスの有効性や効果効能についてご興味があれば以下のアドレスまでご遠慮なくご質問ください。

yokoi@kaminonayami.net  


NANOGEN3Xやヘアーマックスを購入いただいたお客様には育毛についての基本知識を説明したマニュアルをお渡ししております。基礎知識となりますが髪が生えだすメカニズムについてご理解いただけます。


ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値

http://kaminonayami.org/


過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます

http://kaminonayami.net/blog/


ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。

yokoi@kaminonayami.net