読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィナステリド症候群(PFS)の原因にも関係するこれまで知られていなかった最新の性機能低下の臨床試験結果が発表

2016年1月、フィナステリド製剤による副作用が半年で25000件も寄せられていることはご紹介をしましたが未だに世界的に育毛薬として承認されたプロペシアや2015年に韓国と日本でのみ承認されたデュタステリド製剤ザガーロに高い期待が寄せられています。

 

髪の回復を願い、育毛専門病院や一般の内科、皮膚科で処方されている薬であるから安全であろうと考えるのは当然かもしれません。 ですが2010年以降、フィナステリド製剤による副作用や後遺症が世界各国で報告されていることも事実です。

 

現在でも世界中でフィナステリド症候群(PFS)の原因の究明や対処法が研究されていますがまだ解明には至っていません。 原因が特定できていないイコールフィナステリド症候群など存在しないのではないかとお考えになっている方が多く存在します。

 

また私よりも日本の育毛専門病院や一般の病院やクリニックの医師が否定している以上、フィナステリド症候群は極限られた方たちに起こる減少であり、本当にフィナステリドと関係しないのではないかとお考えになるかと思います。

 

それでは2010年以降、フィナステリド製剤が安全であり、副作用を発症するような薬ではないという研究結果が発表され、AGA型脱毛に効果があるかの有無を検証した論文などは紹介されていません。

 

前立腺肥大薬として2002年に処方が開始されたデュタステリド製剤5mgのアボルブを服用した患者に頭髪の本数が増加しAGA型脱毛の有効策であるかという研究結果も公式に発表されていません。

 

それにも関わらず韓国と日本では世界に先駆けて10分の1の濃度のデュタステリド製剤のザガーロはフィナステリドの5aリダクターゼⅡ型の抑制だけではなく、5aリダクターゼⅠ型も抑制する効果があることからフィナステリドよりも高い育毛効果が期待できると日本国内の育毛専門病院やザガーロを開発した製薬会社は宣伝しています。

 

ところが国内で行われたデュタステリドのAGA治療の育毛薬として行われた臨床試験でも肝機能への影響やフィナステリド製剤と同様の性的副作用が16%近く確認されています。 一番の問題はフィナステリドもデュタステリドが認可をされるに当たり、一般薬のような検証や作用メカニズムが十分に解明されないまま承認され処方されてしまっている点です。

 

2016年1月16日の国際男性学の医療ジャーナルにイタリアのトリエステ大学医学部の泌尿器学の研究者が新たにAGA治療の為のフィナステリド製剤への影響についての論文を発表しました。

 

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/andr.12147/full

 

この論文の中で、22~50歳の79人の男性で過去に3年以上のフィンステリド製剤の服用歴があり、尚且つ半年以上、フィナステリド製剤の服用を中止していること。 さらにより詳細かつ公正なデータを得る為に、過去の病歴で糖尿病や肝機能疾患、甲状腺疾患、前立腺疾患や精神的な病状を発症または治療歴のないことでフィナステリド症候群と酷似した症状が別の原因で発症していない治験対象者の選別が行われました。

 

フィナステリド製剤を服用前または服用開始後に本人が受けられたあらゆる疾患の検査結果もデータとして加味され、公平性を保つために、現在フィナステリド症候群の集団訴訟に関係していないことも考慮され、選ばれた79名の治験対象者を元に研究が行われました。

 

フィナステリド以外に性機能障害が発症するあらゆる他の可能性や疾患が排除された上で、一般的に性機能障害の検証方法として第一にArizona Sexual Experiences Scale(ASEX)により性機能を評価がおこなわれました。

 

第二に加齢による性機能障害との違いも精査するために、男性更年期障害(LOH)での性機能低下を検証するAging Male Symptom Scale (AMS)を79名の治験対象者で実施しました。

 

第三に100項目に及ぶ問診項目を作成し、フィナステリド服用前、服用中、服用後の自覚症状の聞き取りが行われました。 それらの検査を踏まえ、治験に参加した対象者が間違いなくフィナステリドの影響により副作用や後遺症を発症していることが確認された上で以下のような症状を訴える治験対象者のデータが発表されました。

 

フィナステリドの服用中後の性機能低下症状として87.3%で性器の感度の低下。82.3%で射精力の低下。78.5%で性器温度の低下が確認されました。 直接的な性機能低下以外の自覚症状として心理学的に無快感症、快感消失症が75.9%。集中力の低下が72.2%。筋肉量の低下が51.1%などがフィナステリド症候群(PFS)発症者に確認されました。

 

今回の発表がこれまでの内容と差ほど変わらないとお考えになるかもしれませんが最大の問題はフィナステリド製剤のAGA型脱毛の有効作用としてこれまで知られていた5aリダクターゼⅡ型への影響やデュタステリド製剤のaリダクターゼⅠ型およびⅡ型の抑制効果ではなく、5aリダクターゼのⅢ型を抑制していることによってこれらの症状を発症しているのではないかと結論つけられている点です。

 

5aリダクターゼのⅠ、Ⅱ型が男性ホルモンの結合することによりDHT(ジビトロテストステロン)が増加することでAGA型脱毛が進行する。そこでⅡ型のみを抑制するプロペシアなどのフィナステリド製剤よりもⅠ型、Ⅱ型を抑制できるザガーロのデュタステリドの方が育毛効果が高いと韓国と日本の育毛病院や製薬会社は説明しています。

 

AGA治療の目的としてプロペシアやザガーロが抑制しようとしているⅠ型、Ⅱ型の5aリダクーゼを抑制する効果よりも最新の研究ではフィナステリドやザガーロがもっとも抑制する5aリダクターゼは未だ多くの内容が解明されていない5aリダクーゼのⅢ型であり、これが原因でフィナステリド症候群を発症している可能性が高いことが今回発表がされたことです。

 

フィナステリドがⅠ型に比べるとⅡ型を強く抑制することは知られていましたが5aリダクーゼのⅢ型も抑制することが知られたのは2010年であり、フィナステリド製剤の5mgが前立腺肥大の治療薬として認可されていた1992年。AGA治療薬として1mgのフィナステリド製剤のプロペシアが認可された1996年には全く知られていませんでした。

以下の学術論文はカナダのケベック州のラバル大学医学部泌尿器学科で男性学の日本人研究者のヤマナカズトシ博士のチームが2010年に発表をしていました。

Human type 3 5α-reductase is expressed in peripheral tissues at higher levels than types 1 and 2 and its activity is potently inhibited by finasteride and dutasteride http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25961201

 

この論文のタイトル 「5aリダクターゼ3型の抹しょう組織への発現率はⅠ型Ⅱ型より高く、フィナステリドやデュタステリドによって抑制される」 でもわかるようにフィナステリドやデュタステリドはそれまで知られていたⅠ型やⅡ型だけではなく5aリダクターゼ Ⅲ型を抑制する効果が高いことが2010年に発表されていました。

 

 

ところがこの当時、フィナステリド製剤による副作用や後遺症の研究論文は発表されておらず、副作用や後遺症はない、安全な前立腺肥大またはAGAとして考えれていた時期です。

トリエステ大学が今回発表したフィナステリド症候群を発症した患者は 元々この薬が開発された5aリダクーゼのⅠ、Ⅱ型抑制されたことで副作用を発症しているのではなくⅢ型が抑されて生じているのではないかと発表したことです。

 

Ⅰ型やⅡ型は主に前立腺、筋肉、肝臓や腎臓で主に存在する物質であるのとは異なり、Ⅲ型は脳や前頭皮質(前頭葉)、乳腺、性器、すい臓などで確認されている物質であると2010年のヤマナ博士の研究で発表されていました。

 

フィナステリド症候群や男性更年期障害、EDで行われたテストステロンやDHT,Ⅰ型、Ⅱ型の検査では異常値が見られないのにも関わらずフィナステリドによって性機能の低下や鬱的症状。男性の乳房の女性化は5aリダクーゼのⅢ型がフィナステリド製剤によって抑制されていた可能性が高いことがトリエステ大学の研究は結論つけています。

 

この結果に至った背景として、これまではフィナステリドやデュタステリドはテストステロンには影響しないと考えられていた認可された当初の考えとは違い、継続的な服用中の体への影響を血液検査などで追跡調査を行ったところ、テストステロンレベルが低下していたという新たな事実がフィナステリド承認後19年経過した2015年になって初めて確認されたように、5aリダクターゼⅢ型への影響など全く想定されていませんでした。

 

ですが5aリダクーゼのⅢ型がもっとも発現率高い、部位が精巣や前立腺ではなく、脳や乳腺、性器といったフィナステリド症候群を発症した患者が異常を訴える器官と直接関連性の高い部位であることからフィナステリド症候群の研究者の間では大変注目されている論文です。 5aリダクーゼⅢ型はⅠ型やⅡ型に比べるとまだ多くが解明されていない5a還元酵素です。 実際日本語で5aリダクターゼⅢ型と検索をしてもその内容を説明した日本語で書かれた文書や記述を確認することができません。 ですがフィナステリド症候群だけではなく、一般的なEDや前立腺肥大、前立腺がんの研究などで海外では近年注目されている5a還元酵素が5aリダクターゼⅢ型です。 以下の論文でもまだ未解明な部分が多く、脳や前頭葉、性器やたの器官以外でも存在するという論文も発表されています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4295561/

 

フィナステリドのように世界中で認められているから安全だ。日本のような医療先進国がザガーロを承認し、プロペシアよりも効果が高いと医師が説明してれば安全かつ効果的であろうとお考えの方が多くおられても仕方がないと思います。 ですが実際これらの薬を育毛目的で服用され、副作用や後遺症を発症し取返しのつかない症状に苦しんでおられる方が沢山いることはご理解ください。

 

どうしても海外の論文だと英語で書かれているので現実味がなく、日本ではなぜ副作用や後遺症の報告例がないのかと質問を受けます。

 

ですが日本神経学会でも2014年に発表されたフィナステリド製剤 2件の若年性脳卒中の症例、この中では医薬品医療機器総合機構(Japan Pharamceutical and Medical Devices Agency)には他にも12例で計14例が報告されています。

男性型脱毛症用薬フィナステリド服用中若年性脳卒中を発症した2症例https://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/054050423.pdf#search=%275areductase+%E2%85%A2%E5%9E%8B%27

 

その中でも自由診療で処方されていたミノキシジル内服のなどについても言及しています。

 

確実な回復を希望するお気持ちは理解できます。

 

ですがフィナステリド症候群(PFS)は確実に存在しますので服用されるかどうかは良くご検討いただいたほうが良いと思います。

 

ご自宅でも医療機関と同様の育毛ケアを行うことが可能であり、確実な回復効果を上げる方法がございます。

イーポレーションスカルプと高濃度グロースファクターやハイグレードグロースファクターでの回復効果

 

f:id:kaminonayami_net:20160210140824j:plain

ameblo.jp

 

また育毛のプロに相談をし、フィナステリドやザガーロ、ミノキシジルタブレットを使用せず最適な育毛ケアを受けらたいお客様はメンズサロンCOCOにご相談ください。

メンズサロンCOCOの最上級グロースファクターカクテルコースでの回復例と20%オフキャンペーン

 

ameblo.jp

医学的な育毛効果がエビデンスで実証されていて、尚且つ安心、安全な育毛法のみをメンズサロンCOCOや弊社ではご紹介しています。

 

f:id:kaminonayami_net:20151226121913j:plain

f:id:kaminonayami_net:20150623174406j:plain

f:id:kaminonayami_net:20150623174429j:plain


初回カウンセリングは60分無料となりますので気軽にご相談も承りますし、これまで皆様がお試しになった育毛法がなぜ効果がなかったのかもご説明いたします。

 

無料カウンセリグのご予約やメニュー内容についてご質問がございましたら以下のいずれかのメールアドレスにご連絡をいただくかお電話でも受け付けおります


メンズサロン COCO

453-0016 名古屋市中村区竹橋15-17 NICO ビル3F

TEL 052-453-1414

HP http://www.men-coco-coco.com  

メール info@men-coco-coco.com  

 

ご自宅でご利用いただけるハイパワーモデルのエレクトロポレーション器について
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12057674464.html 

   

 

イーポレーション スカルプ

イーポレーション スカルプ

 

 

 

Amazonではイーポレーションスカルプをご購入のお客様にはバイオスカルプエッセンス(60μg)2本(38880円)相当を特典としてプレセントいたしておりますが弊社で購入ご購入いただけるお客様には最高濃度の200μグラムのFGF-7の64800円相当の育毛剤を1本プレゼントさせていただきます。

 

メーカーの販売サイトよりもお値打ちになります。
また別途HairmaxやTheradome LH80 Proをご購入いただいているお客様にさらに特別値引きをご用意しております。
(内容についてはお問い合わせください)

information@kaminonayami.org

 

Theradome LH80 PRO セラドーム 低出力レーザー育毛器

Theradome LH80 PRO セラドーム 低出力レーザー育毛器

 

 

 

イーポレーションの最大の特徴はご利用いただく育毛剤によって全く異なるアプローチで育毛に取り組めることです。    

    

Theradome LH80 PROは今年の1月 米国版elleで最新育毛器として紹介されました。

f:id:kaminonayami_net:20150601180749j:plain


 

THERADOME セラドームでの男性の回復例(2015年7月更新)
    

 

f:id:kaminonayami_net:20150423212802j:plain

 

f:id:kaminonayami_net:20150423212734j:plain

f:id:kaminonayami_net:20150423194823j:plain

f:id:kaminonayami_net:20150714151603j:plain

f:id:kaminonayami_net:20150808151759p:plain

   

THERADOME セラドームの女性の回復例

   

f:id:kaminonayami_net:20150423195354j:plain

   THERADOME セラドームの円形脱毛症の回復例

   上記のように性別や薄毛箇所、原因に関係なくHAIRMAXと同様に男性、女性を含め、生え際や頭頂部でも回復効果が期待いただけます。

 

 

 

 上記はメーカーの紹介している回復例の一つです。
Theradome LH80 Pro (セラドーム)ヘルメット型低出力レーザー育毛器を紹介したブログ
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12001846224.html    
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12017848291.html  

f:id:kaminonayami_net:20150423195443j:plain

Theradome LH80 PRO セラドーム 低出力レーザー育毛器/Theradome ¥117720Amazon.co.jp

 

今回、THERADOME LH80 PRO を117720円で販売させていただきます。弊社でHairmaxをご購入いただいているお客様で買い替えを希望の方は20000円でヘアーマックスを下取りさせていただきます。

 

育毛発毛JPで新たにTHERADOME LH 80 PRO,エレクトロポレーション、業務用グロースファクター。エレクトロポレーションとグロースファクターのセット、Hairmax PRO12を提供しております。

http://www.ikumouhatsumou.jp/#!shop/c1n6q 


キャンペーン 1 (THERADOME LH 80PRO,ヘアマックスPRO12をご購入いただいたお客様にはamebaブログを見たとお知らせいただければNanogen3x シャンプーとコンディショナーをプレゼントさせていただきます)


キャンペーン 2 (THERADOME LH80 PRO およびエレクトロポレーションやグロースファクター。


ヘアーマックスPRO12およびエレクトロポレーションやグロースファクターなどを同時購入いただくお客様には特別値引きもご対応いたします。)


ヘアーマックス(Hairmax) 正規代理店では国内最安値 http://kaminonayami.org