低出力レーザ―育毛器(Capillus)と他のミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬を同時進行で行った場合の相乗効果

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して5月31日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

f:id:kaminonayami_net:20180522131424j:plain

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

プロペシアの副作用のリスクやミノキシジルタブレットを育毛目的での使用は推奨できないことは常にお伝えしてきていますが実際に多くの方がこれらの方法を取られています。

 

塗布用ミノキシジル5%は世界中でその効果が認められていますしプロペシアなどのAGA阻害薬を内服をされている方も多いと思います。

 

良くいただく質問の中で、現状プロペシアやリアップ5などを使用している場合、低出力レーザ―を追加することで改善に拍車がかかるかかというご質問を多くいただきます。

 

さらに、プロペシアミノキシジルを使用していて、効果が無かった場合に、低出力レーザーを追加することで違いがあるかについてご紹介します。

 

既存の育毛療法を既に行っている方が、低出力レーザーを追加いただくことのメリットについての臨床データが過去に発表されています。

 

以前からお話をしているように低出力レーザ―により、ATPを増加させながら、同時に血行促進を図ることができることは1度で二役の効果を果たし、それがする為にはレーザーの照射個数や照射時間、形状が重要です。

 

低出力レーザ―に血行促進効果があってもそれを大きく影響するのはレーザー照射口の出力。頭皮に隙間なく均等に照射されているか。血行が改善されるほどの時間。これらの要因によって左右されます。

 

低出力レーザ―器のメーカーのHPを見ていると、すべての製品がATPの増加と共に血行改善があるような書き方をしていますが各箇所に付、4秒~30秒程度の光の照射で血流が改善できるほどの光の光源は低出力レーザーを含め、そうそうありません。

 

例えるとすれば、電子レンジで何か食品を温めるにしても30秒と数分間では内部までの熱の伝わり方が違います。

それがレーザーという光を表面的に当てる方法ともなれば、血流を促進させるほどの効果を期待するには照射時間が影響します。

 

男性型脱毛症・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―育毛器を単体で使用した場合ミノキシジルなどの既存の血行促進育毛剤と併用した場合での結果を比較した臨床試験データが2014年に発表されています。

 

Use of Low-Level Laser Therapy as Monotherapy or Concomitant Therapy for Male and Female Androgenetic Alopecia

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4154149/

 

検証期間の2011年~2013年には低出力レーザ―器はHairmaxしか存在しなかった為、まHairmax Pro12(ブラシ型 12個)が用いられ、ミノキシジル5%と低出力レーザ―。ミノキシジル5%、プロペシア、低出力レーザ―を組み合わせて使用した場合。

 

 

1例目 55歳男性。4年間ミノキシジル5%を塗布された後の画像が左側のAの画像です。右側のBの画像はミノキシジルの単体塗布に低出力レーザ―を追加して3か月経過後の画像です。

 

 

2例目 34歳男性。

左側のAの画像は治療開始前

 

中央のBの画像はミノキシジル5%の塗布と1mgのプロペシアを9か月間使用後

 

右側のCの画像はミノキシジルの塗布とプロペシアを9か月使用後、低出力レーザ―を追加した3か月後の画像です。

 

どちらの症例でも、多くの方が取り入れておられる、ミノキシジル(リアップなど)やミノキシジルとAGA阻害薬だけで得られなかった髪の回復に対し、低出力レーザーを追加して3か月後には、それまでになかった改善に至っています。

 

今回、ご紹介した臨床試験は20歳~70歳までの男性・女性共に対象で検証が行われました。

 

昔のようにブラシ型の低出力レーザ―器では各箇所の照射時間が4秒ずつ。またはバンド型で一斉に照射をしても各箇所の照射時間が30秒ではATPの増加だけしか効果は期待できません。

 

さらにミノキシジル5%の育毛剤の場合、均等に育毛剤が塗られているか?育毛剤が毛根まで到達しているかが血行促進度合いにも影響します。

 

そこに日本ではミノキシジルタブレットを内服し、血行促進効果を促す方法が推奨されてきましたが日本皮膚科学会ですら、内服を推奨できないと発表しました。

 

週に3回、低出力レーザ―を30秒、バンド型レーザー器で各箇所を3か月間照射した場合とCapillusで全頭に対し、毎日6分または1日置きに12分照射した場合であれば、以前にもご紹介した血行促進度合いの違いだけではなく、同じ期間で頭皮や毛根にレーザーが照射されている時間数にも大きな差が生じます。

 

これまで塗布用ミノキシジルプロペシアを服用されていて、一定の改善が得られたものの、そこから回復しないという状況に陥っている方が低出力レーザ―を追加することで、一層の改善が期待できます。

 

ただ各箇所の照射時間が30秒で、週に3回のバンド型を追加した場合と全頭に6分間を毎日照射した場合では、結果が表れるのに要する時間が圧倒的にCapillusのほうが効果が表れるまでの時間を短縮化できます。

 

CapillusはATPの増加だけではなく、塗布用ミノキシジル5%やミノキシジルタブレットを服用などを併用いただくよりもCapillus単体で遥かに血行促進効果の改善が期待できます。

 

 

Capillusとバンド型レーザー器を3か所、照射した場合の違い。

 

一見すると同程度の面積をカバーしているように見えると思います。

 

バンド型の本体の表面の最大幅である8cmで見ればCapillusとバンド型では違いが内容に見えますが、実際の照射面はわずか4.5cmほどしかありません。

 

各4.5㎝を3回照射しても、バンド型レーザー器の照射面が13.5㎝に対し、Capillusは生え際から後頭部までの照射面積が倍の27㎝です。

 

バンド型の1か所の実際の照射面の幅 4.5㎝。

バンド型本体の幅は8㎝。

 

生え際から13.5㎝でカバーできるのは赤いの矢印で示す、旋毛よりも前方までしかカバーできていません。

 

Capillusの場合は低出力レーザ―が6分間、一度に照射され続けることで、1回のご利用でレーザーが照射される面積が広いだけではなく、以前ご紹介をしたATPの増加だけではなく、血行促進も同時に得られます。さらにご本人の状態に応じて

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。1回の照射面積が倍というだけではなく、お選びになる機種のレーザーの数によって、一切照射ムラがなくなり、早期の回復が期待できます。

 

 

他社で購入されたバンド型レーザー器からCapillusに買い替えを希望の方に対しても、下取りキャンペーンを行っています。

ご興味のある方は以下をお読みください。(具体的な下取り額などはメールまたはお電話でお問い合わせください)

 

2018年4月Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

 

レーザーの数によって生じる隙間の割合の図

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

 

 

HairmaxとCapillusやTheradomeの異なる点 1

 

TheradomeはATPの増加に加えて、血行促進効果の1台2役

CapillusはATPの増加に加えて、血行促進効果にさらに皮脂の抑制と1台3役の効果があります。

 

レーザーの照射個数に加えて、照射時間が短すぎては以下で紹介する血行促進効果を得ることはできません。

 

 

上記のイラストで説明を記載していますが血流が改善された頭皮表面には毛細血管がしっかりと浮き上がっています。各毛根に血液を供給する毛細血管は髪の主成分となるたんぱく質を毛乳頭だけではなく、皮膚表面の表皮に栄養や酸素を供給しています。

 

皮膚に並行して存在する毛細血管と縦に伸びる毛細血管は枝分かれするように頭皮に広がっています。

 

頭皮の血流が改善されているかを目視や一般的な頭皮を検証する倍率のカメラでは確認できませんが高倍率のカメラで頭皮を拡大すると末端部分の頭皮の皮膚の表面部分まで血液がしっかりと流れていることが確認できます。

 

左側三枚の画像ではイラストの赤の矢印で示した丸くなった毛細血管の末端を一切確認できません。

その反面、右側の三枚の画像は血液が良好に流れ、赤くなった毛細血管がはっきりと確認できます。

 

 

ミノキシジルタブレットを服用しても、患部である、頭皮全体で上記のような毛細血管を確認することは到底できません。

ATPの増加だけであればHairmaxの照射時間でも効果は期待できますが血流までも同時に改善するとなるとレーザーの照射時間や照射個数が増えることで、照射ムラがなくなるだけではなく、血行促進にも頭皮全体で均等に改善します。

 

Capillusでもレーザーが照射個数の増加に比例して効果が高まるもう一つの要因はこの血流の改善が大きく影響しています。

Capillusが他メーカーよりもレーザー個数の増加を最優先課題にした最大の理由がATPの増加だけではなく、血流も改善するのが目的です。

 

後発で発売されたCapillusやTheradomeはATPの増加だけではなく、血流の改善が不可欠であることに着目し、設計や照射時間を見直したのはそのためです。

 

全頭型であれば一斉にレーザーが照射されるの頭皮全体に対し、同じ程度のレーザーを同じ時間照射することで均等な効果を得られる点もバンド型Hairmaxとは異なります。

 

またTheradomeで効果が得られなかった方の多くがCapillus202,272,312 RXに変更されたことで改善に至っているのは頭皮全体のATPの増加と照射個数が増加することでより隙間なく血流が改善されたからです。

 

HairmaxとCapillusやTheradomeの違い 2

 

バンド型低出力レーザ―器のHPや誘導目的のランディングページを拝見しているとブラシ型またはバンド型の低出力レーザ―育毛器は照射部分がクシ状ではない為、現存する髪が分けとることが出来ず、頭皮にレーザーが照射されない為、効果が期待できないことを最大のポイントであると掲載しています。

 

以下はCapillus202を透明の頭部型のマネキンと実際に人体が被った状態に加え、クシ型ではないCapillusが現存する毛髪があっても頭皮まで届いている模様を撮影しました。

 

Capillus202のようなスタンダードモデルでもどれほど光が頭皮に当たっているか、マネキンの内部をご欄いただいても分かります。

また人体のほうではCapillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

さらに現存している髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

ご欄いただいてもわかるように、髪がどれだけあっても、拡大した頭皮画像では広範囲に渡り、レーザーが照射されています。

 

さらに、照射個数が多くなればなるほど、よりムラなくレーザーを頭皮表面だけではなく、無数存在する毛根内部まで光を到達させることが可能です。

 

 

 

 

全頭型のCapillusのように、より多い数のレーザーをそのまま頭皮全体に照射すれば薄毛の箇所または髪が多く現存している箇所に関係なく,必ず髪と髪の間に隙間は存在しレーザ―が通り抜けることができます。

 

Capillus202でどれほどのレーザーが頭皮や毛根に到達しているか、画像だけではなく、動画でよりわかりやすく示せるよう、アップしました。

 

 

直進性が高いからこそ、隙間なくレーザーが頭皮全体に行き渡る為には搭載しているレーザーの照射個数が重要です。

 

それに加えて、1回のご利用で照射時間がわずか数十秒程度の機械と1回の照射時間が6分のCapillusでは、同じ回数や期間(3か月・6か月・一年)でトータルのレーザーの照射時間が大きく異なります。

 

同様の最先端の機器が全頭に一斉照射型のデザインである理由はご自分で本体を移動させたりする手間を省くためだけではなく、1回の照射で最大限の効果を頭皮全体に均等に与えるのが最大の理由です。

 

レーザーは直進性の高い光であることから頭皮表面ではなく、より数多くの毛根の奥底までレーザーの光が最大限到達するよう、各レーザー照射個数の間に隙間のないCapillus272やCapillu312のほうが高い育毛効果を得ることができます。

 

 

日本皮膚科学会についで、54か国の医師や医療機関が所属する欧州皮膚科学会でも低出力レーザ―の男性・女性型脱毛症の治療ガイドラインで推奨いただいたことでアメリカやEU、日本などの医療先進国の大半が低出力レーザ―の効果を認めただけではなく、治療法の一つとして推奨したことは大変大きなことです。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html

 

育毛治療を専門とする医師や医療機関だけではなく、日本やEUの54か国、アメリカやカナダなどに属する米国皮膚科学会に属する、皮膚科医全般の統一認識として低出力レーザ―がAGA型脱毛に有効であることが実証され、治療に用いる価値があると認められました。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

 

 

Capillus DIME・わかさ 2018年5月号に掲載していただきました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360415395.html

 

 

新モデルのCapillus82/Capillus202/Capillus272の全4モデルの照射時間が6分に短縮されましたがCapillus312 RXのみは6分で週に3~4回のみのご利用ですが他の3モデルは毎日のご利用が必要である点が異なります。

 

最上級のCapillus 312 RX 6分モデルに関しては最上級モデルということもあり、他の6分モデルよりも特別大幅値引をご用意いたしましたのでご興味のある方は「ブログを見た」とお電話またはメールでお伝えいただき、お問い合わせください。

 

2018年5月からの6分モデルの販売開始に伴い、新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

Capillusの回復例


 

一般的な加齢などによる男性・女性の脱毛症だけではなく、産後の脱毛や円形脱毛・多発性脱毛などにも低出力レーザ―のCapillusは効果などが期待できます。

 

これまでCapillus'カピラス)が紹介された各種メディア

 

 

 

Theradomeと比較して2.5倍または3.3倍のレーザーの照射個数によって、より隙間なく頭皮全体にレーザーが照射されるだけではなく、Hairmaxのようなブラシ型のように使い方で照射ムラが生じることもなく、ご利用いただく手間が省けます。

 

Capillusはレーザーの数の増加や手間が省けるだけではなく、他の低出力レーザー器では得られない効果があることが育毛医療機関による2年間の検証により、確認されました。

 

効果においてもHairmaxは低出力レーザーの効果によるATPの増加のみです。

TheradomeはATPの増加に加え、血行促進効果の2つの効果効能を得られる機器です。

CapillusはATPの増加、血行促進に加え、皮脂の分泌の抑制という3つの効果が一度に得られます。

 

下取りをさせていただいてもご注文の場合、メールまたはお電話で事前にお知らせください。

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

 

男性の場合にはプロペシアやザガーロといった育毛治療に変わる育毛法を求めておられ、女性の場合には男性と比較すると世界的に育毛治療法が確立されていないことから双方で高い関心を得ています。

  

現在知られている服用や病院内での治療は高額であるにも関わらず、副作用のリスクや通院といった手間もかかります。ネットで紹介されている自宅での育毛法などは手間がかかり長続きしない点が問題です。

 

実際弊社でCapillusの効果の検証にご協力をいただいた方も育毛剤Capillus(カピラス)の併用でわずか10か月で大幅な改善が見られました。

 

Capillus272育毛剤併用での国内の回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

 

 

Capillus 272312RXは弊社だけの取扱いとなります。

 

 https://www.capillusjapan.com

 

過去のCapillusについてのブログ

 

Capillus 4機種の比較とTheradomeや他メーカーとの違い 下取りキャンペーン

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html  

 

Capillus(カピラス)の2年の実証実験の理由とアマゾンの販売開始

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12286174103.html

 

 

製品サイズは以下の2種類です。

Lサイズ 内径 60.5

XLサイズ 内径 63.5cm

ご自身の頭の大きさに合わせお選びください。頭のサイズより大きければ特にサイズによって効果が損なうことはありません。

 

ご自宅でもHARG療法と同等の育毛ケアが行えるハイグレードモデルのエレクトロポレーション器を

138000円~175000円お得に提供(値引・プレゼント 合算)

 

ご自宅で育毛メソセラピーを期間を設けず、お値打ちに施すことが可能でCapillusやTheradomeと併用いただくことで効果はより高まります。

 

イーポレーションスカルプ キャンペーンについて

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12057674464.html 

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP  https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com