モノマガジン7月16日号 攻めの育毛術で低出力レーザ―育毛器 Capillus カピラス を掲載

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

30代から50代中心の購読者層でガジェット系雑誌の先駆けのモノマガジン 7月2日発刊の「攻めの育毛術」という特集が掲載されます。

最新の育毛最前線のひとつとしてスカルプDやパナソニックの製品と共に家電で育毛ができる最先端育毛家電としてCapillus(カピラス)をご紹介いただきます。

 

低出力レーザ―育毛器はまだ日本ではあまり周知されていませんが、6月の雑誌 DIMEでも同様に国内の大手メーカーと肩を並べ、ご紹介いただける機会が増加しています。

 

まだ公表はできませんが近日中に、皆さんがご存知のバラエティー番組でも低出力レーザ―器が紹介される予定です。

 

今回のモノマガジンを皮切りに7月中に多くのメディアにご紹介を頂く予定です。

 

特に髪へのダメージや育毛の影響が著しい夏場を乗り切る為に、Capillus全製品の値引とTheradome LH80 Proのキャンペーンを1月延長させていただきます。

 

第一弾 ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272の特別値引き7月31日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

第二弾 Capillus 4モデルの新規購入および下取りキャンペーン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

日本皮膚科学会を始め、54か国が加盟する欧州皮膚科学会において低出力レーザ―育毛器が男性型・女性型脱毛症に対し、有効性が認められ、皮膚科学会として推奨されたことが大きいです。

 

 

日本皮膚科学会 男性・女性型脱毛症の治療ガイドライン 2017で低出力レーザーの育毛効果を男女共に推奨度Bと判定しました。詳しくは以下で説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html

 

40代をすぎて特に注意が必要なミノキシジルの内服の問題

性別を問わず、ミノキシジルタブレットを育毛目的で内服することは日本皮膚科学会が正式に推奨できないと発表したのにも関わらず、育毛専門病院の大半が処方を中止していない現状があります。

 

日本皮膚科学会が育毛目的でのミノキシジル内服を推奨度Dとして判定した経緯

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

 

日本皮膚科学会が推奨していない薬がなぜ平然と処方されているのか?

 

 

1.一番最初に問われるのは処方している医療機関や医師の倫理観です。

 

危険があったとしても自由診療に当たる育毛治療は美容整形と同じで治療を承諾した患者が責任を負うことに最初に同意を求める書面にサインを求められます。

 

注意が必要なのはプロペシアですら、副作用や後遺症に対し、医師の認識不足や製薬会社の説明や対応不足を現役の開業医が実名で告発しているほどです。

 

プロペシアにとんでもない副作用と題された週刊現代2016年4月22日号の内容について

 

2.ミノキシジルタブレットは本来の血圧抑制剤として日本では未承認であり、患者に処方されているミノキシジルタブレットはすべてが輸入薬です。

 

海外でこの薬を製造している製薬会社は日本にも支社が存在しますが日本で未承認の輸入薬を医師またはクリニックが直接入手した医薬品に関しては一切の責任を負うことはありません。

 

ミノキシジルタブレットを開発し、製造している製薬会社が添付しているミノキシジルの説明書にも「育毛目的での服用を禁忌」と記載しています。

 

ミノキシジルタブレット(ロニテン)の医薬品各条(説明書)の内容と実態 2018年改定

 

正規輸入の医薬品でない以上、製造する製薬会社が日本に存在をしても、育毛目的の処方を中止するよう促すことも行わないばかりか、問題が生じた場合の対処法を知らせることもしていません。

 

10年以上前からミノキシジルタブレットは育毛薬ではなく、検査や併用薬をなくして服用できるような薬ではないと繰り返し、ブログなどでご紹介していました。


そんなある日、関東近郊の大学の救急病院から電話があり

 

「、育毛目的でミノキシジルを内服していると患者が運び込まれ、心臓への強い痛みを訴えているがどこを探しても、どのような薬であるか?それ以前に正式名すらわからない。

 

ネットを見ていたら色々な情報を日本語で唯一掲載していたので電話をさせてもらったが知る限りの情報で良いから教えてもらえないか?」と連絡をもらったのを記憶が鮮明に残ります。

 

日本でも、横浜労災病院の神経内科が2014年に日本神経学会において「男性型脱毛症用薬フィナステリド服用中に若年性脳卒中を発症した2症例」が発表されていて他にも14件の血栓症発症例が医薬品医療機器総合機構に14例報告されています。

 

「要旨: 症例 1 は 35 歳男性である.6 ヵ月前より禿頭予防にフィナステリド 1 mg/日を内服していた頭痛と 痙攣発作を発症し,右前頭葉に出血をともなう低吸収域をみとめ,CT venography(CTV)で脳静脈洞血栓症と診 断した.

 

症例 2 は 41 歳男性である.2 年前より禿頭のためフィナステリド 1 mg/日,ミノキシジル 6 mg/日を内 服していた.頭痛を発症し,左頭頂側頭葉に散在する脳梗塞をみとめたフィナステリド服用中の血栓症発症は, 医薬品医療機器総合機構(The Japan Pharmaceutical and Medical Devices Agency; PMDA)へは,当院例を 併せて 14 症例報告があり脳卒中 4 例,心筋梗塞 6 例,その他 4 例であった.フィナステリドによるエストロ ゲン上昇の報告があり,血栓症発症への関与が考えられた. (臨床神経 2014;54:423-428) Key words: フィナステリド,男性型脱毛症用薬,脳卒中血栓症エストロゲン

 

横浜労災病院が発表した2例以外にも医薬品などの副作用を医師が報告する医薬品医療機器総合機構にも14例が​報告される中でも脳卒中心筋梗塞などは命に関わるほどの症状です。

 

ミノキシジルを内服して、具合が悪ければ服用を中止すれば良いというレベルの問題でありません。

 

国内でもこのような学術発表がされているという事実を製薬会社が正規輸入されていない医薬品まで、各医療機関に発表していないのは仕方がないかもしれません。

 

ですが日本皮膚科学会という育毛や薄毛治療が属する専門分野の学会が新たに示した男性型・女性型脱毛症の治療ガイドラインで推奨できないとしている薬を以前として処方をしている一部の育毛病院には疑問しかありません。

 

低出力レーザ―育毛器でも、すべてメーカーの製品がATPの増加に加え、血行促進が得られる訳ではありません。

一台で二役の効果を期待できる低出力レーザ―育毛器はCapillusだけです。

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)とバンド型レーザー器の照射面積や性能の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12374353446.html

 

直接血行が改善された模様の動画です。

 

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積の頭皮を動画で撮影しました。

 

Capillusの効果に関しては以下で詳しく説明しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html 

 

 

自分でも確認ができる血行促進効果

適切な照射時間と十分な血行促進効果がある低出力レーザ―器を使用すれば画像でご欄いただくように毛細血管が頭皮表面でも確認できます。

​​

血行促進効果を宣伝する、医薬品や育毛剤が数ある中、薄毛箇所の血流の改善がご自身でも確認できるほどの改善することは育毛に大変重要です。

低出力レーザを薄毛箇所に直接照射する意義

個人差のある薄毛箇所

薄毛により、頭皮が露出している面積にも個人差があります。

範囲や面積に関わらず、均等にレーザーが照射されることが何より重要です。

ご欄いただける画像はスタンダードモデルのCapillus202を使った場合、どのように低出力レーザ―が照射されているかを示す画像です。

薬などを服用して、体全体のDHTが減少しては、思いもかけない影響が体に現れる可能性もあります。

ATPを増加させ、血行促進を図るなら、体全体で作用させるのではなく、薄毛箇所にピンポイントで作用させるほうが効率的的で効果もより高まります。

一部の低出力レーザ―器で、クシ状になっていないとレーザーが頭皮に届かないと説明されていますが、どれだけ髪が残存していても、髪の間には隙間があります。

十分な照射個数と出力があれば画像で示すように、頭皮表面だけではなく、毛根内部にもレーザーは到達します。

 

 

低出力のレーザ―とは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

 

低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

低出力レーザのメカニズム

 

低出力レーザーはどんな効果があるのか。

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

 

低出力レーザ育毛器は・日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認めたことです。

 

​特に欧州皮膚科学会のように54か国がそれぞれに医薬品や治療法に対する基準や指針を設定している中、低出力レーザ―育毛器の有効性が認められました。

 

最新の低出力レーザ育毛器 Capillusのラインアップ

 

薄毛・抜け毛の進行度合いは人それぞれによって異なります。

年齢も若く、抜け毛の増加程度で悩んでいる方から頭皮が露出してしまい、これまで試したあらゆる育毛法で効果がなかった方。

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は117,720円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は260,280円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は397,224円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は481,680円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

Capillus のラインアップの詳細はこちら

 

 

Capillus 全モデルで搭載されているレーザーの照射個数の数や密度の違いを比較がしやすいよう、4機種の照射面内部の画像です。

 

4モデルすべてを購入できるのは公式ホームページだけです。

 

 

公式ホームページではCapillusを購入出来るだけではなく、これまで掲載されたメディアやシャンプーなどのヘアケア製品の紹介。

Capillusの回復例の写真などが用意されています。

 

 

 

 

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

Capillus 公式サイト

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―が有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザ―を追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

数字の上では僅かなものではありますが副作用のリスクも報告されています。

Capillusであれば低出力レーザーをご自宅やクリニックで照射を受けるだけです。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

 

​臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

これまで行って育毛治療は無駄になることはありませんし、髪が生え出しやすい土台ができていることになります。

 

 

Capillus 低出力レーザ―育毛器をメディアも注目

 

 

Capillus ブログ特別値引き及び下取りキャンペーン

 

 

2018年5月からの6分モデルの販売開始に伴い、新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillusは2回払いでお支払も可能

 

2回払いについては詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

効果においてもHairmaxは低出力レーザーの効果によるATPの増加のみです。

TheradomeはATPの増加に加え、血行促進効果の2つの効果効能を得られる機器です。

CapillusはATPの増加、血行促進に加え、皮脂の分泌の抑制という3つの効果が一度に得られます。

 

ご自宅でもHARG療法と同等の育毛ケアが行えるハイグレードモデルのエレクトロポレーション器を

138000円 175000円お得に提供(値引・プレゼント 合算)

 

ご自宅で育毛メソセラピーを期間を設けず、お値打ちに施すことが可能でCapillusやTheradomeと併用いただくことで効果はより高まります。

 

イーポレーションスカルプ キャンペーンについて

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12057674464.html 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com