AGAオリジナル治療薬の利益を優先した実態と医療機関も懸念を示すジェネリック薬の安全と信憑性の問題

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して7月31日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

AGAオリジナル治療薬という言葉を耳にする機会が増えていますがけして育毛医療の研究が進んだ訳ではなく、医療機関側の都合が大きく影響しています。

 

ミノキシジルタブレットを推奨度Dと日本皮膚科学会が発表して以降、オリジナルAGA治療薬という名称を用いる医療機関が急増しているように思います。

 

「agaオリジナル治療薬」と検索をすると、その上位に海外医薬品卸の会社がオリジナルAGA治療薬のカスタマイズを請け負う会社のブログが目を引きます。

 

その中で気になる点が2つありました。

 

1.他院との差別化を図れるという内容よりも最小の投資で、最大の利益を生み出せるという内容です。

 

ある医療機関のHPでは「大都市で展開するED・AGA治療をメインにしている男性専門クリニックにて厚労省未認可の【非正規品】のAGA治療薬をオリジナルと称してボトルに入れて処方しているとのこと。この【非正規品】を国内で仕入れるには偽物の多い個人輸入しか方法がないので非常に危険です。」と紹介されています。

 

正規品のプロペシアを処方している場合、日本MSDから感謝状が届くのでそれを提示している、医療機関への通院を促すよう書かれています。

 

医師から見ても、偽薬などを処方している可能性がある医療機関が存在することを明示しています。

 

特にプロペシアの薬価が2018年5月に値上がりしたようで、価格競争が激化している育毛専門病院が非正規品に移行する懸念が増加すると思います。

 

医療機関が海外から医薬品を輸入すること自体は違法ではありません。

ですが生活改善薬である薄毛治療やED治療などは偽薬のリスクが高いだけではなく、利益が優先される可能性が高いので問題の発生率が高いです。

 

育毛専門病院などのAGA治療薬の入手経路について書いた過去に紹介をしたブログです。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12352144385.html

 

2.この会社の場合は薬の製造元がジェネリック大国のインドのようですが、経済発展が著しい、インド発のジェネリック薬について、ジェネリック薬による、治療というシステムを構築したアメリカの米国食品医薬局(FDA)が品質の問題から複数のインド大手のジェネリック製造会社に対し、アメリカへの輸入を禁止した措置が取られています。


インドだけではなく、タイや東南アジア諸国などで製造されたジェネリック薬が個人輸入代行会社を通じて、日本に多く流入しています。

 

医薬品として加工された国と、その原料を製造している国も必ず同一ではありません。

 

世界でも著名なニューズウィークがインド発のジェネリック薬の製造工程の衛生面の問題から、FDAが輸入禁止措置を報じたり、週刊文春が中国や韓国で製造されたジェネリックの医薬品原料の劣悪な品質や製造工場の実態を記事で報道しています。

 

読売テレビの「ウェイクアッププラス」が個人輸入薬を独自に入手し、国内の研究機関に検証を依頼したところ、主成分が無配合であったり、日本では禁止成分となっている物質が配合されていたと放送しました。

 

ジェネリック薬関連の過去の報道について紹介したブログを以下でまとめています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10106404423.html

 

オリジナルAGA治療薬を処方している医療機関やドクターもけして意図して、偽薬や安全に疑問のある薬を処方することはありません。

ですが医薬品を製造、販売または輸入する企業などに対し、性善説を持ったまま、取扱いをして良いほど安全ではありません。

 

個人輸入薬だけではなく、流入する輸入ジェネリック薬は医師免許を持っていれば検査など一切なく、病院に届き、そのまま患者の手に渡ります。また、その薬を輸入した医師や医療機関はウェィクアッププラスのような番組のように、専門機関などに持ちこみ成分解析をすることもありません。

 

オリジナルAGA治療薬と聞くと、従来のプロペシアミノキシジルタブレットと、違う薬かとお考えになるかもしれませんが、様々な医療機関の説明分を読んでいると、内容が曖昧となり、入手元が不明な育毛治療薬が増えているので注意が必要です。

 

都内のあるクリニックが日本皮膚科学会ミノキシジルタブレットが推奨度Dと判定した理由はミノキシジルタブレットの副作用の危険性が検証が不十分である」ことが原因であり、育毛効果を疑ったからではないと記載していることです。

 

唯一、ミノキシジルタブレットの問題を学会発表前から呈していた医師がかかれた記事には心臓へのリスクや本来の血圧降圧剤の利用について「米国では、数種類の血圧を下げる薬を使用しても、血圧がコントロールできない場合に限り、処方される薬である」。

 

「 FDA(米国食品医薬局)はミノキシジルの心臓に対する副作用を処方せん薬の添付文書記載の中では最も重い警告である「黒枠警告(Black Box Warning)に指定しています」と説明をされています。

 

ブラックボックス警告

処方箋医薬品のリスクの可能性についてラベルに記載される警告文の1つで,医学的に深刻な,時には生命に関わる副作用を引き起こすリスクを伴うことを示すもの.警告の文面が黒枠で囲まれることからこうよばれる.FDAによるラベル変更要請の中で,最も強い警告にあたる.

 

https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/504.html

 

血圧降圧剤として、承認しているアメリカですら、副作用の懸念がもっとも高く、ブラックボックス警告を添付し、さらに製造する製薬会社も、育毛薬として禁忌としているミノキシジルタブレット

 

今回の日本皮膚科学会が男性型・女性型脱毛症の治療ガイドラインミノキシジルタブレットが推奨Dとしたのは同薬の副作用の危険性の検証が不十分だとして、推奨度がDと判定されたと説明するクリニック。

 

ミノキシジルタブレットが開発し、血圧降圧剤として承認している国が管轄する保健省が何年も前から警告でももっとも重い、Black Box Warningを添付文書に記載しているにも関わらず、「副作用の危険性の検証が不十分だから育毛薬として承認されなかった」と説明している理由がわかりません。

 

ミノキシジルタブレットの副作用が高いことは既に明白です。

 

ミノキシジルタブレットによる、副作用は血液検査だけで回避できるほど簡単にコントロールできる薬では到底ありません。

それほど、容易であれば副作用がもっとも強い、医薬品に対して適用するBlack Box Warning をFDAが添付文書の記載を義務付けることはありません。

 

10年以上前に、アメリカでは2年かけて行った、ミノキシジルタブレットの育毛薬としての治験を却下しました。

 

アメリカや日本皮膚科学会だけではなく、欧州皮膚科学会でもミノキシジルタブレットを育毛薬として承認していません。

それと同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

過去にミノキシジルタブレットについて書いたいくつかの記事をまとめてご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

 

根拠のない、女性の薄毛治療の実情 内服ミノキシジル パンドガール スピロノラクトン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12351457350.html

 

Capillusなどの低出力レーザ―育毛器のように、光を当てるだけで髪が生えるということに疑念をお持ちの方も多いかもしれませんが少なくとも、ミノキシジルタブレットと比べれば圧倒的な数の臨床試験が行われ、世界中の皮膚科学会や毛髪学の専門の学会でも低出力レーザ―育毛法は認められています。

 

血圧抑制剤としてミノキシジルタブレットを服用する際、今回のガイドラインに示された副作用を軽減する為に、必須とされている併用薬があります。ミノキシジルタブレットの服用を継続したいがあまり、この併用薬を独自で入手して服用される方が出てくるといけませんので開示いたしません。

 

もし、育毛病院でミノキシジルの内服を続ける為に、この薬を併用すれば大丈夫と言われても決して信じないでください。

 

海外で2年かけて行った、ミノキシジルタブレットを育毛薬としての治験ではこの併用薬も当然使用していました。それに加え、1か月に1回の心臓の健診なども行った上で、得られる効果に対し、体への負担やリスクがあまりにも高いという理由で育毛薬しての臨床試験を通りませんでした。

 

残念ながら、一部で患者の健康よりも利益などを優先し、事実を湾曲しても治療を継続させようとする医療機関が存在します。併用薬を一緒にすれば日本皮膚科学会ガイドラインに示された心血管系障害や浮腫み、動悸、息切れ、胸痛は軽減または解消される場合があります。

 

ですがミノキシジルタブレットは服用続けないと薄毛が再発するとの情報が流布されており、何がなんでも服用を継続する為の手段を模索しても命にかかわるリスクはより高まるだけです。この薬は一時的に血圧を抑制する為に、服用する為に開発された薬であり、育毛薬のように生涯に渡って服用できる薬ではなく、育毛薬としてアメリカで却下された理由にはそのようなことも関係しています。

 

 

 

2018年5月Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

Capillus DIME・わかさ 2018年5月号に掲載していただきました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360415395.html 

 

日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン2017版で低出力レーザーの効果が認められました

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html

 

日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン2017 LEDと低出力レーザ―の違いとLED育毛器までが承認された矛盾 

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350035223.html

 

 

 

 

 

他のメーカーの低出力レーザ―器とは違い、Capillusが82個、202個、272個、312個の4種類のレーザー個数を設けているのはレーザーの数が多いほど、全体にムラなく655nmの光を皮膚の奥底の毛根内部まで到達させるためです。

 

以下は同じ面積に対し、Capillus 4機種のレーザーの数によってどれほどのレーザーが照射され、隙間の違いを示した図です。

 

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種のほうが照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

Capillusが全米の55%の育毛病院で導入された理由が同等機種の中でも最多のレーザー照射個数で尚且つ、最短の時間で頭皮全体を一度に照射できるからです。

 

新モデルのCapillus82/Capillus202/Capillus272の全4モデルの照射時間が6分に短縮されましたがCapillus312 RXのみは6分で週に3~4回のみのご利用ですが他の3モデルは毎日のご利用が必要である点が異なります。

 

 

これまででもっとも、大幅なお値引を実施。新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

2017年 男性型・女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

今回、日本皮膚科学会が男性・女性型脱毛症診療のガイドラインの改定に至った経緯として以下のような理由が挙げられています。

 

「2010年と比べ、新しい治療や治療手段がし登場したこと、女性の男性型脱毛症に対する概念の変化があったことなどにより、今回ガイドラインの改定に至った、また未承認の毛髪再生医療に関連する社会的話題も多く、これについても言及することとなった」

 

今回のガイドラインの作成に当たり、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会(SHRS・WCHRに参加する日本の研究会)の共同事業として発足。

複数回の会合で意見の集約を図り、統一見解をまとめたものです。

 

日本で開催された国際毛髪学会(WCHR)でCapillusが紹介された模様。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12327745333.html

 

 

ネット上で様々な育毛剤などが紹介される中、男性の自毛植毛を除き、B判定を受けたのは性別を問わず、低出力レーザ―のみであり、他でB判定を受けた育毛剤もありません。

 

男性・女性型脱毛症の治療として唯一、低出力レーザーが医薬品を除いて高い推奨度を得ました。 

 

育毛薬として未承認治療が横行する中、日本皮膚科学会という国内で最大の学会で低出力レーザーが評価されたことは大変喜ばしいことです。

 

 

これまで30分だったCapillusが照射時間を80%削減したNEW 6分の照射モデルを2018年2月より発売を開始しました。 

大幅な照射時間の短縮した動画を以下のブログでご紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354583722.html

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。(2018年4月号 GET NAVIで6分照射モデルが掲載されました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

現在ザガーロまたはプロペシアで育毛対策を行っている方はぜひ以下をお読みください。

 

ザガーロの臨床試験から見える副作用の発症リスクとプロペシアの副作用の国内報道

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12337470140.html

 

先日紹介したブログでも海外の毛髪学の専門家での間では低出力レーザーによる育毛法は既に常識となりつつあり、ランニングコストがかからず、手間がかからないCapillusは大変な注目を浴びていました。

 

CapillusのAGAへの有効性を米国皮膚科学での論文発表

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

 

Capillus272(カピラス)米国の施設内で週3回使用した回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

Capillusの回復例


 

 

以前Capillus272とミノキシジル5%で2年半で劇的な回復を遂げたCapillusの上級役員も来日していました。

Capillusの役員での効果検証

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12311181930.html

 

 

今回WCHRの為、来日した2017年11月の写真ですが4年経過した今も回復した状態を維持しています。

 

 

Capillus272と育毛剤併用での国内の回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

Capillus 202・272・312RX 2機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

2回払いをご希望のお客様はサイトに掲載しています。2回払いについての説明や注意事項は販売規約をご覧ください。

https://www.capillusjapan.com/installpayment 

 

過去のCapillusについてのブログ

 

世界でもトップクラスの育毛専門医がCapillusをテレビ番組内で紹介している模様

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12287071967.html 

 

最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html

 

Capillus 3機種の比較とTheradomeや他メーカーとの違い 下取りキャンペーン

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html  

 

Capillus(カピラス)の2年の実証実験の理由とアマゾンの販売開始

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12286174103.html

 

 

製品サイズは以下の2種類です。

Lサイズ 内径 60.5㎝

XLサイズ 内径 63.5cm

ご自身の頭の大きさに合わせお選びください。頭のサイズより大きければ特にサイズによって効果が損なうことはありません。

 

 

CapillusAMAZONでの販売ページのリンク 

https://www.amazon.co.jp/s?marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true&me=A3C2J48IGMXYYH&merchant=A3C2J48IGMXYYH 

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン

 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

 

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

 

Capillus272をご注文いただいたお客様にはNanogen3本をプレゼントさせていただきます。

 

Capillus312RXをご注文いただいたお客様にはNanogen4本をプレゼントさせていただきます。

 

他メーカーの低出力レーザー器の下取りキャンペーンも行っておりますので下取りをご希望の場合はご注文前に一度、お電話またはメールでご連絡ください。

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目17番10号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com  

Email info@capillusjapan.com 

 

通常はTheradomeをご注文いただいたお客様にはNanogen3x 2本のプレゼントをさせていただいております。

 

本数に限りがございますので無くなり次第終了いたします。

 

日本テレビの「百聞ザワールド」で梅沢富美男さんが番組でセラドームを被っていただきました。

 

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12242205857.html 

 

2016年8月にフジテレビで放送された「ウチクル!」の番組内で以前にセラドームをご購入いただいたTheradomeをご紹介いただきました。

 

 

育毛治療薬以外にもセラドームなどの低出力レーザーの育毛効果が日本でも注目されています。

 

ご購入を検討の方は以下にご連絡ください。

 

セラドーム 国内総代理店

ヘアメディカルケアサービス

東京都港区南青山2-2-15

TEL 03-6868-0965

 

HP http://www.theradome.jp