一部医療機関が提唱するフィナステリドの耐性や効果の減少に伴う内服増量の問題

プロペシアまたはフィナステリドに関わらず、育毛目的で最大服用濃度は1mgです。

 

フィナステリドは前立腺肥大薬として開発された際の治験において、薄毛の改善がみられたことからフィナステリド濃度を下げた薬を用いり、再度治験が行われ、アメリカでは1997年に育毛薬のプロペシアとして処方されるようになりました。

 

それとは別に、フィナステリドが5mgをプロスカーという名称で前立腺肥大薬が処方されています。

 

継続的に服用することで薬への耐性がついてしまい、効果が減退したと感じる方たちが薬の増量を検討されるケースがあります。

 

ですが厚生労働省プロペシアやフィナステリドのジェネリックを製造する製薬会社が発行している添付文書(薬の説明書)を見ても育毛目的での1日の最大摂取量は1mgとしています。

 

安全性への担保もありますが世界中で育毛に携わる様々な専門家や研究機関が治験を行う中で暗にフィナステリドを増量することで育毛効果が増すという結果が22年間の間で確認されていないからです。

 

それが前立腺肥大薬として海外で使用されているプロスカー(フィナステリド5mg)が存在することから1日の最大摂取量を5mgと勘違いした情報が広がっています。

 

フィナステリド5mgの内服が誰にでも安全という訳ではなく、利用目的によって上限摂取量は決められており、育毛目的でも5mgも内服することが可能な訳ではありません。

 

ネットなどの個人の書き込みや医薬品の個人通販サイトでプロスカーを育毛薬が数年前から広がり、一部では医師や医療機関でもフィナステリド1mg以上の摂取を薦める始末です。

 

医師から受けた説明内容としてフィナステリドの最大血中濃度は服用後、3時間程度で半減する為、12時間おきに内服しているケースもある。

 

それほど定期的に内服することに躊躇があれば1錠当たり、3.5mgのフィナステリド錠剤を内服を薦められたというケースを見ました。

 

どちらにしてもフィナステリドを服用しているのにも関わらず、薄毛が進行しているようであればDHTが増加している可能性があるので増量をするほうが良いと医師から言われ、内服しているという内容でした。

 

大前提として1錠で3.5mgという中途半端な容量のフィナステリド製剤を製造している製薬会社はありません。

 

東南アジアなどに存在する小規模な製薬会社に独自で依頼しない限り、0.2mg,1mg,5mg以外のフィナステリドを製造する大手製薬会社は存在しません。

 

それをフィナステリドを増量することで育毛効果が増すという臨床試験や安全性のデータが全くないなか、入手先も定かになっていないフィナステリドを安易に推奨している点です。

 

別のケースでは医師が開設するブログに「5%の外用ミノキシジルとフィナステリド1mgを使用。効果がなくなったのでどうすれば良いか?」という質問に対し、副作用がないことを前提に「ミノキシジルの外用を内服に変える。それかフィナステリドを増量する。半年してダメならフィナステリドをザガーロにする」という回答をしていました。

 

そこで質問者の方は「フィナステリドの増量で成果をあげた方がいるか?」と再度質問をしたところ、「以前はフィナステリドの増量に反対だったが、海外で有名な植毛医のブログでフィナステリドの増量で効果があったのを見かけ、それも手段の一つ。」という内容でした。

 

第一の選択肢が外用ミノキシジルを内服に変更。その次の手段が学会や製薬会社が新たに発表した臨床試験ではなく、海外の医師のブログで見かけた書き込みを元に治療方針や考えを変えている点です。

 

保険診療などを行う、一般的な疾患の治療を行う医師や医療機関の場合、処方した薬で効果が見られないから、厚労省や製薬会社が定める指針を超える成分濃度の薬を自院で開発したり、処方する薬の量をを増やし、摂取を薦めることはしません。

 

医師としての倫理観だけではなく、増量する根拠が定かではない治療法は薦められないのが医師の通常あるべき考え方です。

 

個人輸入で服用している場合、増量に歯止めが効かない場合があると思いますがフィナステリドの増量は医師から薦められても行うべきではありませんし、育毛効果が停滞している状態を打開する方法としての根拠は正式に一つも示されていません。

 

プロペシアを服用してのフィナステリド症候群と脳の海馬への影響

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12415205358.html

 

プロペシアの副作用の最新事情2018

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12398653667.html

 

フィナステリドの副作用を提唱している30人の泌尿器学の専門家の1人は「薄毛治療の為にプロペシアを服用するのは燕を打ち落とす為に大砲を使うよなものだ」

特定した男性ホルモンだけではなくあまりにも多くのホルモンに過剰な作用をし過ぎて、内服を中止すれば回復するはずのものが再生しないような状況が起こっている。

 

別の専門家意見として以下のようなものがあります。

 

「薄毛治療薬としての承認されるべきではなかったし、すぐにでも承認を取り消すべきだ」。

「育毛薬として行われた当時の安全性や有害性の臨床試験データが不十分だ」

「皮膚科学の学会はすぐにでもフィナステリドをAGA治療薬のガイドラインから排除し、使用を中止するべき」

「若い方は特に服用するべきではない。服用期間が長期化すればするほど、取り返しのつかない状況になる」

 

https://www.pfsfoundation.org/what-doctors-scientists-are-saying/

 

プロペシアでもこれほどの注意喚起を声高く上げている海外の専門家たちがいる中、ザガーロが承認されている日本と韓国で行われた557人を対象に行った臨床試験結果では成分濃度にもよりますが14%から最大で21%の方に副作用が確認されました。

 

これはプロペシアの製造を行う製薬会社が発表している副作用の発症率の4%の3.5倍~5倍の確立です。

 

以前にもお話をした通り、フィナステリドよりもデュタステリドが優位な育毛効果を確実に得る為には現在AGA治療薬として処方されているザガーロの最大成分濃度の0.5mgの5倍の2.5mgは必要だと2006年にOlsen博士が行ったもっとも信憑性が高い臨床試験であるメタアナリシスで確認されています。

 

海外でザガーロが承認されていないのはフィナステリドですら、これほどのリスクがある中、現行の0.5mgですら5倍の21%で副作用の発症リスクがあり、プロペシアよりもザガーロが優位な育毛効果が得られる2.5mgなどは到底処方できないからです。

 

残念ながら日本皮膚科学会ミノキシジルタブレットを育毛薬として推奨できないと発表された後も大半の育毛専門病院は処方を継続しています。

 

フィナステリドの3.5倍~5倍の副作用の発症率がザガーロに確認されながらも、なぜ日本と韓国では承認されているかはわかりませんが多くの皆さんがお考えよりもフィナステリドやデュタステリドを軽視しないほうが良いと思います。

 

ザガーロに関連した過去の記事のまとめ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

 

プロペシアやザガーロのような服用薬が一番効くとお考えになるかと思いますが世界的に見ればCapillusやTheradomeのような低出力レーザ―器のほうがAGA治療に対しての有効性や安全性が実証されています。

 

Capillusをご利用いただいて3か月ほどの改善例やアメリカの医療機関でご利用いただいての回復例が以下となります。

 

アメリカを始め、EUや世界91か国以上で男性のAGA型脱毛や女性のFAGA型脱毛にも有効性が証明されており、日本でも昨年、日本皮膚科学会が男性・女性共に低出力レーザ―育毛器の有効性を発表しました。

 

ザガーロでも実証されていない、信頼度がもっとも高い科学根拠とされる、メタアナリシスによっても低出力レーザ―の有効性は証明されています。

 

 

 

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいて内容をご紹介した記事。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

2018年12月30日で放送されたテレビ朝日アメトーーク大賞の中でブラックマヨネーズの小杉様にTheradomeからレーザー照射個数が4倍になったCapillusRX 312に変更いただいたエビソードをご紹介いただきました。

 

アメトーーク大賞でCapillusをご紹介いただいた模様をブログでご紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12429406873.html

 

 

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

CapillusのAGAへの育毛効果の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12391224543.html

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html

 

低出力レーザ―についてご存知ない方は過去に書いた低出力レーザ―に関する記事をまとめていますのでぜひお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html

 

Capillusの回復例


 

 

現行の値引額および下取り対応の最後のチャンスです。全モデルの値引額を減額し、買い替えキャンペーンの下取り額も改定します。

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2019年3月21日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーンを2019年3月21日をもって値引額の減額が決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

 

最上級のCapillus 312 RX 6分モデルに関しては最上級モデルということもあり、他の6分モデルよりも特別大幅値引をご用意いたしましたのでご興味のある方は「ブログを見た」とお電話またはメールでお伝えいただき、お問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -7720円 110000円

Capillus 202 260280円 → -25280円  235000円

Capillus 272 397724円 → 52224円   345000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値       2560円

お支払価格 140000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -19504円

お支払価格 260000円 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -23780円

お支払価格 190000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -40724円

お支払価格 300000円 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。(2018年4月号 GET NAVIで6分照射モデルが掲載されました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354858299.html 

 

 

 

Capillus272(カピラス)米国の施設内で週3回使用した回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

下取りをさせていただいてもご注文の場合、メールまたはお電話で事前にお知らせください。

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

Capillus(カピラス)の効果はWCHR(国際毛髪科学研究会)やISHRS(国際毛髪外科学会)での展示だけではなく米国皮膚科学の専門誌でも論文が発表されています。

 

CapillusのAGAへの有効性を米国皮膚科学での論文発表

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

 

  

実際弊社でCapillusの効果の検証にご協力をいただいた方も育毛剤Capillus(カピラス)の併用でわずか10か月で大幅な改善が見られました。

 

Capillus272育毛剤併用での国内の回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

 

過去のCapillusについてのブログ

 

世界でもトップクラスの育毛専門医がCapillusをテレビ番組内で紹介している模様

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12287071967.html 

 

最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html

 

Capillus 3機種の比較とTheradomeや他メーカーとの違い 下取りキャンペーン

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html  

 

製品サイズは以下の2種類です。

Lサイズ 内径 60.5

XLサイズ 内径 63.5cm

ご自身の頭の大きさに合わせお選びください。頭のサイズより大きければ特にサイズによって効果が損なうことはありません。

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP  https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com