他の低出力レーザ―器からCapillusへ買い替えの中止または下取りや値引額の減額について 10月31日まで

 

Capillus社の好意により、長きに渡り、実施してきましたCapillusへの買い替えいただく際のTheradomeや他社の低出力レーザ―の下取りキャンペーンですが、他のメーカーの低出力レーザ―器の100%の下取りや値引などを大幅に減額させていただくか、下取りキャンペーン自体を10月31日をもって一旦中断する予定です。

 

また、下取り額の減額や中止した後、これまでご提供していたようなキャンペーン価格に戻す予定は現在ありません。

 

新規購入の値引キャンペーンも今後、中止または値引額の減額を予定しています。改めて新規購入者様への値引キャンペーン中止する際はお知らせいたします。

 

これまで提供して参りました下取りキャンペーン内容は以下の通りです。

 

現在ご提供している下取りキャンペーンについては今月末までとなりますので買い替えをご希望の方はぜひ早期にご検討ください。

 

キャンペーンでは新規購入・下取り、共に大幅値引ともに、以前購入いただいたTHERADOME/HAIRMAXは購入当時の100%の価格で下取りさせていただきます。

 

同等機種で最多個数のレーザーを搭載し、照射時間も最短となりました。

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272を通常よりもお値引させていただておりますが第2弾として下取りをよりお得な価格でご提供いたします。

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して,10月31日までで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

2018年、育毛治療に携わる学会や医師向けだけではなく、一般的な疾患の治療を行う皮膚科医に対し、日本皮膚科学会に続き、欧州皮膚科学会でも正式に男性型・女性型脱毛症に低出力レーザ―を治療として推奨すると発表されました。

 

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいて内容をご紹介した記事。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

低出力レーザ―についてご存知ない方の為に

CapillusやTheradomeなどの低出力レーザ―の効果はAGAへの有効性は最強の科学的根拠とされているメタアナリスで証明されています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12390429678.html 

 

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種のほうが照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

血行不良によりゴースト化した血管と良好な血流の頭皮の違いの画像と動画を掲載したブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html 

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

それと同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

HairmaxのHPや誘導目的のランディングページを拝見しているとHairmax以外の低出力レーザ―育毛器は照射部分がクシ状ではない為、現存する髪が分けとることが出来ず、頭皮にレーザーが照射されない為、効果が期待できないことを最大のポイントであると掲載しています。

 

それではCapillusに限らず、業務用や他のメーカーが設計している低出力レーザ―器は頭皮全体に照射される全頭型のデザインが支流なのでしょうか?

 

 

このような説明には大きな疑問を感じます。

 

以下はCapillus202を透明の頭部型のマネキンと実際に人体が被った状態に加え、クシ型ではないCapillusが現存する毛髪があっても頭皮まで届いている模様を撮影しました。

 

Capillus202のようなスタンダードモデルでもどれほど光が頭皮に当たっているか、マネキンの内部をご欄いただいても分かります。

また人体のほうではCapillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

さらに現存している髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

ご欄いただいてもわかるように、髪がどれだけあっても、拡大した頭皮画像では広範囲に渡り、レーザーが照射されています。

 

 

Hairmaxはクシ状でなくては光が通過していないような画像を掲載していますがどれだけ、クシで分けとっても髪が重なっている部分をレーザーが通らない程度の出力やレーザーの数では照射がムラができることになってしまいます。

 

以下はクシ状のHairmaxのレーザーが髪の束の間をすり抜け光っている模様の画像です。

 

それでは髪の束になっている部分の下にある頭皮や毛根にレーザーは届かないと同じではないでしょうか?

 

バンド型ではなく、ブラシ型のHairmaxであれば小刻みに本体を動かしたり、繰り返し本体を移動させるので髪の束で照射されなかった頭皮にもレーザーが照射される可能性はあります。

 

ところがバンド型の場合、限られた面積に82個のレーザーを一斉に照射しても、クシで髪が束になってしまうことから逆に髪の間に隙間がなくなり、照射具合にムラが生じる原因となり、レーザーが頭皮や毛根に届いていないことを上記のHairmaxの画像は示しています。

 

全頭型のCapillusのように、より多い数のレーザーをそのまま頭皮全体に照射すれば薄毛の箇所または髪が多く現存している箇所に関係なく,必ず髪と髪の間に隙間は存在しレーザ―が通り抜けることができます。

 

Capillus202でどれほどのレーザーが頭皮や毛根に到達しているか、画像だけではなく、動画でよりわかりやすく示せるよう、アップしました。

 

 

 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

 

根拠のない、女性の薄毛治療の実情 内服ミノキシジル パンドガール スピロノラクトン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12351457350.html

 

Capillus272(カピラス)米国の施設内で週3回使用した回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

さらに最近になり、円形脱毛症に対してのCapillusの効果などに対するお問い合わせをいただきますが以下のような回復例の画像も掲載されています。

 

 

一般的な加齢などによる男性・女性の脱毛症だけではなく、産後の脱毛や円形脱毛・多発性脱毛などにも低出力レーザ―のCapillusは効果などが期待できます。

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表されました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101  

 

メタアナリスとは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

ザガーロに関しては十分な臨床試験のデータが確認出来ないという理由でAGA型脱毛のメタアナリスでの検証から除外されました。

ミノキシジルタブレットに関しては育毛薬として処方をしているのは世界でも日本だけであることから当然、除外されています。

 

もし日本国内で行われているミノキシジルタブレットやザガーロを使用した治療が育毛医療機関がそれほどまでに有効であると考えるのであればISHRSやWCHRで論文やポスター展示を行うべきですが残念ながらそのような発表を目にすることはありません。

 

Theradomeと比較して2.5倍または3.3倍のレーザーの照射個数によって、より隙間なく頭皮全体にレーザーが照射されるだけではなく、Hairmaxのようなブラシ型のように使い方で照射ムラが生じることもなく、ご利用いただく手間が省けます。

 

Capillusはレーザーの数の増加や手間が省けるだけではなく、他の低出力レーザー器では得られない効果があることが育毛医療機関による2年間の検証により、確認されました。

 

効果においてもHairmaxは低出力レーザーの効果によるATPの増加のみです。

TheradomeはATPの増加に加え、血行促進効果の2つの効果効能を得られる機器です。

CapillusはATPの増加、血行促進に加え、皮脂の分泌の抑制という3つの効果が一度に得られます。

 

下取りをさせていただいてもご注文の場合、メールまたはお電話で事前にお知らせください。

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

下取りでのご注文の場合の手順

 

1.ご注文の商品をお選びいただきます

 

2.機種に応じて、上記の値引後の商品代金のお支払方法ををクレジットカード、銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)の中からお選びいただきます。

 

3.クレジットカードまたは銀行振込の場合 お支払確認後、ご注文の品をお送りします。代金引換の場合はご注文の品をお受取り時にお支払ください。

 

4.ご注文の品をお受取り後、同封させていただく着払い用伝票をご利用いただき、下取り品を弊社にご返送ください。

 

Capillus(カピラス)の効果はWCHR(国際毛髪科学研究会)やISHRS(国際毛髪外科学会)での展示だけではなく米国皮膚科学の専門誌でも論文が発表されています。

 

CapillusのAGAへの有効性を米国皮膚科学での論文発表

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

男性の場合にはプロペシアやザガーロといった育毛治療に変わる育毛法を求めておられ、女性の場合には男性と比較すると世界的に育毛治療法が確立されていないことから双方で高い関心を得ています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

 

以前Capillus272ミノキシジル5%で2年半で劇的な回復を遂げたCapillusの上級役員も来日していました。

Capillusの役員での効果検証

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12311181930.html

 

今回WCHRの為、来日した2017年11月の写真ですが4年経過した今も回復した状態を維持しています。

 

 

今回のWCHRで注目を浴びたのはCapillus272よりも40個のレーザーが増え、使用時間が短縮された、プロ仕様の最新のCapillus 312 RXをはじめて展示したことです。

 

 

  

Capillus 272312RXは弊社だけの取扱いとなります。

 

 https://www.capillusjapan.com

 

 

週に3から4回のご利用をされたい場合は1回の照射を倍の12分にしていただくことで毎日の6分と同じ効果が得られます。

 

WCHRに参加された専門家の方の多くがその場で購入もされていきました。

 

他にも既に2誌の全国紙からも取材をいただいており、近日中にご紹介できるかと思います。

 

Capillus 202・272・312RX 2機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

2回払いをご希望のお客様はサイトに掲載しています。2回払いについての説明や注意事項は販売規約をご覧ください。

https://www.capillusjapan.com/installpayment 

 

過去のCapillusについてのブログ

 

最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html

 

Capillus 3機種の比較とTheradomeや他メーカーとの違い 下取りキャンペーン

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html  

 

Capillus(カピラス)の2年の実証実験の理由とアマゾンの販売開始

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12286174103.html

 

 

製品サイズは以下の2種類です。

Lサイズ 内径 60.5

XLサイズ 内径 63.5cm

ご自身の頭の大きさに合わせお選びください。頭のサイズより大きければ特にサイズによって効果が損なうことはありません。

 

 

ご自宅でもHARG療法と同等の育毛ケアが行えるハイグレードモデルのエレクトロポレーション器を

138000円~175000円お得に提供(値引・プレゼント 合算)

 

ご自宅で育毛メソセラピーを期間を設けず、お値打ちに施すことが可能でCapillusやTheradomeと併用いただくことで効果はより高まります。

 

イーポレーションスカルプ キャンペーンについて

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12057674464.html 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP  https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com 

Capillus RXを世界トップクラスの米国植毛専門病院が男性・女性に使用しての回復例

米国で6軒の植毛病院を展開し、先進的な植毛手術法を提供するレオナルドヘアトランスプラントアソシエツが自院のHPの回復例にCapillusRXを使用した回復例をご紹介しています。

 

 

同医院の院長、ロバートレオナルド医師は30年に渡り、植毛手術の第一線に立ち、様々な最新の手術法を導入している医師です。

 

 

一般的な植毛だけではなく、日本でも話題の植毛ロボットのアルタスやネオグラフトに加え、トランスジェンダーの方の植毛手術やもみあげ、眉毛、髭といった日本ではほとんど耳にしない頭髪以外の最先端の植毛手術も導入している医療機関です。

 

高い植毛技術と共に、内服治療で唯一導入して治療は塗布用ミノキシジルプロペシアだけで、ミノキシジルタブレットやザガーロは推奨されていません。

 

唯一、植毛手術以外に同医院が推奨している育毛治療が低出力レーザ―の中でもCapillusで、その効果のほどをクリニックのHP上で男性と女性の回復例を紹介しています。

 

以下はレオナルド医師がCapillusを推奨している動画をご欄いただけます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=BDUE4sxitaU

 

植毛手術を行う、世界中の医師の中でもトップクラスのドクターがCapillusや低出力レーザ―を自院の治療に導入してます。

 

先日紹介をした、タイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士(Dr. Ratchathorn Panchaprateep)が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)のポスター展示で低出力レーザ―の育毛効果について発表した論文が最優秀賞を受賞しました。

 

2017年のISHRSでCapillusの最上級機種のCapillusRX(レーザー 312個)の発表を行ったことをきっかけに、最優秀賞受賞以降、パチュランティープ博士は現在行っている低出力レーザ―の育毛効果の研究や臨床を現在はCapillus RXをご利用いただくようになりました。

 

 

パチュランティープ博士が継続の臨床試験をCapillus RXをお選びいただいた理由はCapillus RXが自宅で利用できる低出力レーザ―育毛器の中でも最多のレーザー個数を誇り、より隙間なく頭皮に満遍なくレーザーを照射できることを評価いただきました。

 

 


上記はCapillus社の上級役員であるフェルナンドとパチュパランティープ博士が2017年プラハで開催されたISHRSの学会の模様です。

 

 

 

 

2017年のISHRSでパチュランティープ博士が学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した模様。

 

今回の論文発表は低出力レーザ―の毛乳頭のたんぱく質に対し、プロテオーム解析(Proteomic analysis)を用いて、特に構造と機能を対象としたタンパク質の細胞の代謝経路の重要な構成要素の影響について検証を行いました。

 

低出力レーザーを6か月照射することで毛乳頭のタンパク質の増加具合がどれほど増加するか、治験対象者の毛乳頭の生体組織検査まで用いり行ったことです。

 

低出力レーザ―に限らず、ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果を検証する為に、患者自身の毛乳頭を採取(切り取り)顕微鏡下で解析までも行うのは大変稀です。

 

ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果の有効性の検証の為に、治験対象者の毛乳頭を生体組織検査やプロテオーム解説まで行ったという論文は過去に一度も発表されていません。

 

 

Proteomic Analysis in Dermal Papilla

 

https://www.chula.ac.th/en/news/9986/

 

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学会を含め、世界中の毛髪学の専門家が一堂に集うISHRSでも低出力レーザ―の育毛効果は科学的根拠を元に証明されていて、Capillusは評価いただきました。

Capillus 312/272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペ-ン 9日30日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

2018年の最新の低出力レーザ―のAGAへの有効性が新たに発表されたいくつかの検証結果

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

CapillusのAGAへの育毛効果の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12391224543.html

 

 

 

 

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

日本で育毛治療で紹介されているザガーロや育毛薬として1国も承認されておらず、臨床データが得られていないミノキシジルタブレットは除外されました。

 

ザガーロなどのデュタステリド0.5mgも承認されているのが日本と韓国だけであることや論文などで公表されている4件の内、2つでしか十分なデータが示されておらず、ダブルブラインドテストではないことから今回のメタアナリスからは除外されました。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 2017年の日本皮膚科学会ミノキシジルタブレットを推奨度Dと発表するまで、ミノキシジルタブレットは日本で育毛薬として認識されていました。

 

当然、皆さんは医師が薦める以上、医学的根拠を元に、処方がされているとお考えだったと思います。

 

実際に、ミノキシジルタブレットに育毛効果があるかの検証は一度もされておらず、下から2番目のCase Report (症例報告)どころか

観察報告も行われていません。

 

ミノキシジルタブレットの育毛効果はサプリメントなどと同様に、信憑性がもっとも低い、Expert Opinion(専門家の意見)の範疇です。

育毛効果の検証が行われたり、ミノキシジルを処方する医師や医療機関が論文や学会で、自身の治療実績などを発表した履歴は一度としてありません。

 

過去にミノキシジルタブレットについて、日本皮膚科学会が推奨度Dとした理由や海外などでどのように取り扱っているかをまとめてご紹介しています。

 

ミノキシジルタブレット関連記事

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

 

ザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

医薬品である以上、第II/III相国際共同試験は行われています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

まず、3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

ステマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

残念ながら、同じOlsen博士の論文を元に日本皮膚科学会と欧州皮膚科学会では全く異なる見解です。

日本ではOlsen博士の論文をメタアナリスとして評価。

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

 

ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272を通常よりもお値引させていただておりますが7月のキャンペーンの第2弾として下取りをよりお得な価格でご提供いたします。

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して9月30日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

2018年7月Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

 

これまででもっとも、大幅なお値引を2018年8月限定で実施。新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus 202272/312の3機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

  

過去のCapillusについてのブログ

 

 最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html  

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

Capillus RXを国際毛髪学会(ISHRS)を受賞した博士が最新の臨床試験で使用

前回、タイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士(Dr. Ratchathorn Panchaprateep)が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)のポスター展示で発表した論文が最優秀賞を受賞したことをお知らせしましたがさらに追加でお伝えし忘れていた情報があります。

 

Proteomic Analysis in Dermal Papilla from Male Androgenetic Alopecia after Treatment with Low Level

 

2017年のISHRSでCapillusの最上級機種のCapillusRX(レーザー 312個)の発表を行ったことをきっかけに、最優秀賞受賞以降、パチュランティープ博士は現在行っている低出力レーザ―の育毛効果の研究や臨床を現在はCapillus RXをご利用いただくようになりました。

 

パチュランティープ博士が継続の臨床試験をCapillus RXをお選びいただいた理由はCapillus RXが自宅で利用できる低出力レーザ―育毛器の中でも最多のレーザー個数を誇り、より隙間なく頭皮に満遍なくレーザーを照射できることを評価いただきました。

 

それまで、パチュランティープ博士は40個程度のレーザーが搭載されていない、低出力レーザ―育毛器をご利用だったようですが、レーザーが約8倍になるCapillusRX 312であれば、より照射ムラが極端に少なくなり、より高い結果を得られるであろうと喜んでおられたそうです。

 

毛髪を専門とする世界最大の国際毛髪学会で最優秀賞を受賞した研究者の方にもCapillusは高い評価をいただいています。

 

 


上記はCapillus社の上級役員であるフェルナンドとパチュパランティープ博士が2017年プラハで開催されたISHRSの学会の模様です。

 

 

 

 

2017年のISHRSでパチュランティープ博士が学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した模様。

 

今回の論文発表は低出力レーザ―の毛乳頭のたんぱく質に対し、プロテオーム解析(Proteomic analysis)を用いて、特に構造と機能を対象としたタンパク質の細胞の代謝経路の重要な構成要素の影響について検証を2段階に分けて行いました。

 

フェイズ1とフェイズ2に分けたのはより正確なデータの収集を目的としていますがさらに、低出力レーザーを6か月照射することで毛乳頭のタンパク質の増加具合がどれほど増加するか、治験対象者の毛乳頭の生体組織検査まで用いり行ったことです。

 

低出力レーザ―に限らず、ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果を検証する為に、患者自身の毛乳頭を採取(切り取り)顕微鏡下で解析までも行うのは大変稀です。

 

ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果の有効性の検証の為に、治験対象者の毛乳頭を生体組織検査やプロテオーム解説まで行ったという論文は過去に一度も発表されていません。

 

 

Proteomic Analysis in Dermal Papilla

 

https://www.chula.ac.th/en/news/9986/

 

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学会を含め、世界中の毛髪学の専門家が一堂に集うISHRSでも低出力レーザ―の育毛効果は科学的根拠を元に証明されていて、最優秀賞を受賞した博士からもCapillusは評価いただき、新たな臨床試験にもCapillus RXをご利用いただけるほど評価をいただきました。

 

Capillus 312/272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペ-ン 9日30日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

2018年の最新の低出力レーザ―のAGAへの有効性が新たに発表されたいくつかの検証結果

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

CapillusのAGAへの育毛効果の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12391224543.html

 

 

 

 

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

日本で育毛治療で紹介されているザガーロや育毛薬として1国も承認されておらず、臨床データが得られていないミノキシジルタブレットは除外されました。

 

ザガーロなどのデュタステリド0.5mgも承認されているのが日本と韓国だけであることや論文などで公表されている4件の内、2つでしか十分なデータが示されておらず、ダブルブラインドテストではないことから今回のメタアナリスからは除外されました。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 2017年の日本皮膚科学会ミノキシジルタブレットを推奨度Dと発表するまで、ミノキシジルタブレットは日本で育毛薬として認識されていました。

 

当然、皆さんは医師が薦める以上、医学的根拠を元に、処方がされているとお考えだったと思います。

 

実際に、ミノキシジルタブレットに育毛効果があるかの検証は一度もされておらず、下から2番目のCase Report (症例報告)どころか

観察報告も行われていません。

 

ミノキシジルタブレットの育毛効果はサプリメントなどと同様に、信憑性がもっとも低い、Expert Opinion(専門家の意見)の範疇です。

育毛効果の検証が行われたり、ミノキシジルを処方する医師や医療機関が論文や学会で、自身の治療実績などを発表した履歴は一度としてありません。

 

国際毛髪科学会(WCHR)が日本で開催され、世界中の毛髪学の医師が一堂に会していました。

 

ミノキシジルタブレットを育毛薬としてこれほど、多く処方している唯一の国として、医師または研究者の1人でも論文の一つ、または講演でミノキシジルタブレットの有効性を発表されているかと思いました。

 

残念ながらミノキシジルタブレットについての発表は一つもなされていないどころか、国内の有名育毛病院の関係者で学会に参加していたのは700人中、100人にも満たない状態でした。

 

過去にミノキシジルタブレットについて、日本皮膚科学会が推奨度Dとした理由や海外などでどのように取り扱っているかをまとめてご紹介しています。

 

ミノキシジルタブレット関連記事

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

 

ザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

医薬品である以上、第II/III相国際共同試験は行われています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

まず、3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

ステマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

残念ながら、同じOlsen博士の論文を元に日本皮膚科学会と欧州皮膚科学会では全く異なる見解です。

日本ではOlsen博士の論文をメタアナリスとして評価。

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

 

ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272を通常よりもお値引させていただておりますが7月のキャンペーンの第2弾として下取りをよりお得な価格でご提供いたします。

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して9月30日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

2018年7月Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

 

これまででもっとも、大幅なお値引を2018年8月限定で実施。新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus 202272/312の3機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

  

過去のCapillusについてのブログ

 

 最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html  

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

2018年の低出力レーザ―のAGAへの有効性が新たに発表された検証結果

ザガーロやミノキシジルタブレットが世界的に育毛薬や治療法として承認されていないばかりか、その効果を学術的に証明するような研究結果も発表されていません。

 

その反面、低出力レーザ―の育毛効果を証明する論文などは次々と発表されています。

 

日本皮膚科学会並びに欧州皮膚科学会で低出力レーザ―の育毛効果の有効性が2017年に発表されて以降、世界中に新たに多くの有効性についての発表が増えています。

 

2018年6月~9月の僅か3が月の間にも、低出力レーザ―の育毛効果が性別を問わず効果があるとの検証結果が以下のように発表されました。

 

 

直近でもっとも注目されたのがタイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士(Dr. Ratchathorn Panchaprateep)が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)のポスター展示で発表した論文が最優秀賞を受賞したことです。

 

今回の論文発表は低出力レーザ―の毛乳頭のたんぱく質に対し、プロテオーム解析(Proteomic analysis)を用いて、特に構造と機能を対象としたタンパク質の細胞の代謝経路の重要な構成要素の影響について検証を2段階に分けて行いました。

 

フェイズ1とフェイズ2に分けたのはより正確なデータの収集を目的としていますがさらに、低出力レーザーを6か月照射することで毛乳頭のタンパク質の増加具合がどれほど増加するか、治験対象者の毛乳頭の生体組織検査まで用いり行ったことです。

 

低出力レーザ―に限らず、ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果を検証する為に、患者自身の毛乳頭を採取(切り取り)顕微鏡下で解析までも行うのは大変稀です。

 

ミノキシジルプロペシア、ザガーロにしても育毛効果の有効性の検証の為に、治験対象者の毛乳頭を生体組織検査やプロテオーム解説まで行ったという論文は過去に一度も発表されていません。

 

 

そのような高度な検証によって、男性・女性共に、低出力レーザ―の有効性を初めて証明した論文として2017年の国際毛髪学会の最優秀ポスター論文をパチュパランティーブ博士が受賞しました。

 

Proteomic Analysis in Dermal Papilla

 

https://www.chula.ac.th/en/news/9986/

 

他にもイランのテヘラン大学が発表した論文では以前にもご紹介をした、低出力レーザ―に塗布用の5%ミノキシジルを追加することで育毛効果の有効性の増加を3,6,9、12か月の4段階で検証し、効果の向上が証明されました。

 

毛髪の本数だけではなく、密度や太さなどが5%ミノキシジル単体を利用するよりも、低出力レーザーを追加したこで向上したと結論つけています。

 

The effectiveness of adding low-level light therapy to minoxidil 5% solution in the treatment of patients with adrogenic alopecia.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30027912

 

オクラホマ大学とワシントンDCのハワード大学医学部付属病院の皮膚科学会が共同で2018年の国際女性皮膚学の専門誌 International Journal of Women's Dermatologyの中でも女性に対する低出力レーザ―の育毛効果を証明する論文が発表されました。

Review of quality of life studies in women with alopecia

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5986111/ 

 

以前にも学術論文の中でも最強の科学的根拠とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果は実証する論文が2017年に発表されたことが大きな影響を与えています。

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいて内容をご紹介した記事。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

CapillusのAGAへの育毛効果の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12391224543.html

 

 

 

 

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

日本で育毛治療で紹介されているザガーロや育毛薬として1国も承認されておらず、臨床データが得られていないミノキシジルタブレットは除外されました。

 

ザガーロなどのデュタステリド0.5mgも承認されているのが日本と韓国だけであることや論文などで公表されている4件の内、2つでしか十分なデータが示されておらず、ダブルブラインドテストではないことから今回のメタアナリスからは除外されました。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 2017年の日本皮膚科学会ミノキシジルタブレットを推奨度Dと発表するまで、ミノキシジルタブレットは日本で育毛薬として認識されていました。

 

当然、皆さんは医師が薦める以上、医学的根拠を元に、処方がされているとお考えだったと思います。

 

実際に、ミノキシジルタブレットに育毛効果があるかの検証は一度もされておらず、下から2番目のCase Report (症例報告)どころか

観察報告も行われていません。

 

ミノキシジルタブレットの育毛効果はサプリメントなどと同様に、信憑性がもっとも低い、Expert Opinion(専門家の意見)の範疇です。

育毛効果の検証が行われたり、ミノキシジルを処方する医師や医療機関が論文や学会で、自身の治療実績などを発表した履歴は一度としてありません。

 

国際毛髪科学会(WCHR)が日本で開催され、世界中の毛髪学の医師が一堂に会していました。

 

ミノキシジルタブレットを育毛薬としてこれほど、多く処方している唯一の国として、医師または研究者の1人でも論文の一つ、または講演でミノキシジルタブレットの有効性を発表されているかと思いました。

 

残念ながらミノキシジルタブレットについての発表は一つもなされていないどころか、国内の有名育毛病院の関係者で学会に参加していたのは700人中、100人にも満たない状態でした。

 

過去にミノキシジルタブレットについて、日本皮膚科学会が推奨度Dとした理由や海外などでどのように取り扱っているかをまとめてご紹介しています。

 

ミノキシジルタブレット関連記事

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

 

ザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

医薬品である以上、第II/III相国際共同試験は行われています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

まず、3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

ステマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

残念ながら、同じOlsen博士の論文を元に日本皮膚科学会と欧州皮膚科学会では全く異なる見解です。

日本ではOlsen博士の論文をメタアナリスとして評価。

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

 

ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272を通常よりもお値引させていただておりますが7月のキャンペーンの第2弾として下取りをよりお得な価格でご提供いたします。

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して9月30日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

2018年7月Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

 

これまででもっとも、大幅なお値引を2018年8月限定で実施。新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus 202272/312の3機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

  

過去のCapillusについてのブログ

 

 最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html  

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

プロペシアの副作用や後遺症 2018年の最新事情

2018年に入ってからも海外ではプロペシアの副作用に対する注意喚起が世界中で新たにいくつか発表されています。

 

スイスのテレビ番組において、チューリッヒ大学医学部の泌尿器科の専門医が登場し、「すべての男性がフィナステリド製剤を服用するべきではない」と発表し、大きな反響を呼びました。

 

プロペシアの服用を一切薦められないと紹介されたスイスの番組の動画

 

スイス以外にも、スペイン、ベルギー、フランスでも注意喚起の為の報道がテレビでされています。

 

2017年にEUの31か国が加盟する、医療について総合的に管轄する、欧州医薬品庁がプロペシアに副作用の一つに「鬱」を追加しました。

 

加盟国すべてで適用され、31か国もの国々で一斉にプロペシアフィンペシア、プロスカーなどのフィナステリド製剤への注意喚起かされたと話題になりました。

 

欧州医薬品庁の発表に伴い、31か国以外にもアルゼンチン、ニュージーランド、韓国なども同様にラベル表記の変更や注意喚起を徹底をはじめました。

 

場合によっては服用を中止してから10年経過しても、改善が見られないことから副作用ではなく、後遺症として考えるようにとも発表をしました。

 

2018年に入ってからもプロペシアを取り巻く環境は海外では大きく変わっています。

 

1.ドイツ保健省では、フィナステリド製剤の製造メーカーに対し、RED HAND LETTER(医師や患者への注意喚起と説明の徹底)の発行を義務付けました。

 

鬱だけではなく、精力減退やED症状などへのリスクや製薬会社と保健省に報告を上げるよう、義務化するほどです。

 

2.カナダ保健省が2018年7月、これまでの鬱やED、性欲減退とは別に筋肉関係の疾患などの副作用の報告が上がっており、フィナステリド製剤の副作用や後遺症リストに追加したこで大きな話題となりました。

 

横紋筋融解症、ミオパシー、筋肉痛、重症筋無力症、クレアチンキナーゼなど。

 

何より多くの専門家が驚いたのは、これまでに報告があまりなかった筋肉系の疾患がプロペシアフィンペシアのようなフィナステリド製剤によって引き起こされたことをカナダ保健省が世界ではじめて追加した点です。

 

大学などの研究機関が独自で発表したものではなく、一国の保健省が他国では報告されていない、副作用や後遺症を追加したことでした。

 

これにより、主要先進国の中で、プロペシアに対する副作用や後遺症の注意喚起を行っていない国は日本1国になったといっても過言ではありません。

 

製薬会社の注意喚起のレベルではなく、アメリカやEUといった世界主要先進国の保健省のように、厚生労働省が医師や薬剤師に対し、通達を出すべきです。

 

以前にも紹介しましたが日本の医師が、プロペシアの副作用や後遺症について、マスコミに実情を話しました。

 

週刊現代プロペシアの副作用を2016年4月22日号に掲載。実名で大阪の医師が週刊現代医薬品医療機器総合機構に告発しました。

 

 

当時発売された雑誌を取り寄せ、記事の内容を紹介します。

 

自らが投薬した患者が発症したプロペシアの副作用への自戒の念。

製薬会社の対応や他の医療機関が欠如しているリスクに対する危機感から実名報道を決めたそうです。

 

「安全な薬と信じていた」

「奇跡の薬としてもてはやされたプロペシアには想像以上に長引く副作用が隠されていた。軽い気持ちの投薬が患者の人生を狂わせた」

 

それまで50名ほどのAGA患者にプロペシアを処方。なんとなく性欲が落ちたと訴えた患者が2名。服用の中止をすれば元に戻ると思って処方をしていたと書かれています。

 

そのような中、その医師が処方をした仮名上山さんは服用3週間ほどで異変に気付く。上山さんはネットで情報を調べ、日本MSDにも訪ねるがマニュアル通りの対応だったそうです。

 

MSDはプロペシアをやめて、数週間から数か月で回復すると説明をするだけだったそうです。

 

上山さんはプロペシアの処方をした医師を訪ね、事情を説明するとプロペシアの副作用に対し半信半疑だった医師は製薬会社と同様の説明をしたそうです。

 

上山さんの症状は重く、性欲減退やEDを経て、うつ状態に陥り、自殺まで考えるまでに至ったと記事の中で医師は説明しています。

 

責任を感じた医師が色々調べると2011年にマイケルアーウィング医師が発表した論文報告やポストフィナステリドシンドローム(PFS)を知ることに。

 

そこで今度は医師自身が日本MSDに問い合わせを行ったところ「PFSの存在は認識しているが、それが真実であるかどうがは疑わしい」と回答したそうです。

 

その直後、製薬会社がプロペシアの添付文書を自主的に変更。「市販後において投与中止後も(副作用)が持続した報告がある」一文が加わる。

 

医師の立場から見ても追加された一文は「非常にわかりにくく、小さな表記」と印象を受ける。

 

周囲やプロペシアの処方を受けた医師にも相談しにくいような症状である為、うつ状態が悪化するともその医師は感じた。

2014年12月、厚労省の管轄である独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にプロペシアの副作用について報告をすると翌年の1月、MSDから調査依頼があったそうです。

 

「調査といっても、副作用をについて簡単な書類を記載しただけ。公的な機関へ報告されると無視できないからその場限りの形式的な対応を取った」ようにしか感じられず、製薬会社に不信感を抱いた。

 

医師でも薬の副作用について知りたい場合、製薬会社に訪ねるしか手立てがないそうです。

 

「たいていの医師は製薬会社の情報を鵜呑みにする」

「生命にかかわる重大な副作用の場合は製薬会社も積極的に情報提供をおこなうが性欲減退のような死亡に直結しない副作用は軽視されがち」と記事の中で説明しています。

 

プロペシアを皮膚科の次に処方する美容外科でPFSについて訴えても「うちでは診れないから泌尿器や精神科を紹介する」と言われるのが関の山とも書かれています。

 

自戒の意味を含め、パンフレットの内容を鵜呑みにし、安易に処方をしてきた私たち医師にも責任があるとまでその医師は記事で話ています。

 

プロペシアジェネリックが登場し、その医師の元に各社の営業担当が売り込みに訪れ、PFSについて尋ねても「知らない」という答えが返ってきただけだったそうです。

 

「根本的な対策が置き去りにされたまま、リスクが拡散されている吟醸に危惧を覚える」

「AGAに悩む患者さんが来院され、PFSのリスクを説明すると皆さん投薬を躊躇されます」と医師は週刊現代に話したそうです。

 

週刊現代がMSDに問い合わせたところ、「リビドー減退、EDや射精障害は市販後において投与中止後も持続したとの報告があると添付文書に記載し、医療機関にも注意喚起をしております」が製薬会社の回答でした。

 

日本ではほとんど周知されていないプロペシアの副作用や後遺症の問題について過去に書いたいくつかの記事を以下でまとめています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

 

ザガーロを服用するのであればそのリスクを冒してまで飲む価値があるか良く考えてください。

 

ザガーロ自体の効果に対する検証は十分されておらず、抱えている問題がいくつもあります。

 

ザガーロに関連した様々な情報をいくつかの記事を以下にまとめ紹介しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

 

プロペシアよりもリスクが高いことは国内の臨床試験でも確認されていますがその内容を本当に理解した上で処方している医師はほとんどいません。

 

 

仮に医師からリスクについて説明もなく、副作用を発症しても、保険適用外の治療による副作用は患者自身が責任を負うことになります。

また今回の週刊現代に告発した医師のような知識や倫理観をもったドクターはほとんどいません。

 

 

プロペシアやザガーロのような服用薬が一番効くとお考えになるかと思いますが世界的に見ればCapillusやTheradomeのような低出力レーザ―器のほうがAGA治療に対しての有効性や安全性が実証されています。

 

アメリカを始め、EUや世界91か国以上で男性のAGA型脱毛や女性のFAGA型脱毛にも有効性が証明されており、日本でも昨年、日本皮膚科学会が男性・女性共に低出力レーザ―育毛器の有効性を発表しました。

 

ザガーロでも実証されていない、信頼度がもっとも高い科学根拠とされる、メタアナリシスによっても低出力レーザ―の有効性は証明されています。

 

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいて内容をご紹介した記事。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

CapillusのAGAへの育毛効果の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12391224543.html

 

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html

 

低出力レーザ―についてご存知ない方は過去に書いた低出力レーザ―に関する記事をまとめていますのでぜひお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html

 

Capillusの回復例


 

 

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して8月31日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

Capillus DIME・わかさ 2018年5月号に掲載していただきました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360415395.html 

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

 

2018年 Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

 

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

 

最上級のCapillus 312 RX 6分モデルに関しては最上級モデルということもあり、他の6分モデルよりも特別大幅値引をご用意いたしましたのでご興味のある方は「ブログを見た」とお電話またはメールでお伝えいただき、お問い合わせください。

 

2018年4月からの6分モデルの販売開始に伴い、新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -20280円  240000円

Capillus 272 397224円 → -37224円  360000円

Capillus 312 RX 481680円 → 特別価格をご用意していますのでメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

ブログ限定の割引ですのでご注文いただく際に「ブログを見た」とご注文いただく際にメールまたはお電話でお知らせください。

ご注文後にブログを見たとお伝えいただいた方やAMAZONのご注文の場合は値引対象とはなりませんのでご注意ください。

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    22560円

お支払価格 120000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -39504円

お支払価格 240000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -23780円

お支払価格 190000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -40724円

お支払価格 300000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

 

Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

以下はCapillus202を透明の頭部型のマネキンと実際に人体が被った状態に加え、クシ型ではないCapillusが現存する毛髪があっても頭皮まで届いている模様を撮影しました。

 

Capillus202のようなスタンダードモデルでもどれほど光が頭皮に当たっているか、マネキンの内部をご欄いただいても分かります。

また人体のほうではCapillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

 

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。(2018年4月号 GET NAVIで6分照射モデルが掲載されました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354858299.html 

 

 

 

Capillus272(カピラス)米国の施設内で週3回使用した回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表されました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101  

 

メタアナリスとは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

 

週に3から4回のご利用をされたい場合は1回の照射を倍の12分にしていただくことで毎日の6分と同じ効果が得られます。

 

Theradomeと比較して2.5倍または3.3倍のレーザーの照射個数によって、より隙間なく頭皮全体にレーザーが照射されるだけではなく、Hairmaxのようなブラシ型のように使い方で照射ムラが生じることもなく、ご利用いただく手間が省けます。

 

下取りをさせていただいてもご注文の場合、メールまたはお電話で事前にお知らせください。

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

Capillus(カピラス)の効果はWCHR(国際毛髪科学研究会)やISHRS(国際毛髪外科学会)での展示だけではなく米国皮膚科学の専門誌でも論文が発表されています。

 

CapillusのAGAへの有効性を米国皮膚科学での論文発表

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

 

  

実際弊社でCapillusの効果の検証にご協力をいただいた方も育毛剤Capillus(カピラス)の併用でわずか10か月で大幅な改善が見られました。

 

Capillus272育毛剤併用での国内の回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

 

過去のCapillusについてのブログ

 

世界でもトップクラスの育毛専門医がCapillusをテレビ番組内で紹介している模様