低出力レーザ―育毛をはじめとした世界最先端のAGA 男性型脱毛症 女性型脱毛症の対策を紹介

低出力レーザー育毛器の効果効能や世界最先端の育毛法を紹介しています。プロペシア・ミノキシジルといった従来の育毛法の日本では知られざる問題も紹介

より効果の向上を目指した最新のCapillus MD 320と従来の個人用モデルの違い

無断転載禁止

 

 

新しく発売されたCapillus MD 320は、同じ頻度でご利用いただいても、Capillus RXに比べて効果が高まるように設計されています。

 

Capillus MD 320は、側頭部と後頭部にレーザーが照射され、毛髪の素となる血液中のたんぱく質の毛根への供給量を増加させることで、血行促進効果を更に促進するように改良されました。

 

 

添付の画像でご確認いただける通り、Capillus MD 320は従来のモデルよりも側頭部や後頭部をカバーする形状になりました。

 

イメージとしては、高齢の男性で、年を重ねて、薄毛が進行しても、側頭部や後頭部の髪が薄くなることはありません。

 

この周辺は血管が太く、毛根に供給される血液量が多いことが影響しています。

 

浅側頭部動脈は前頭部や頭頂部へ血液を供給する太い血管の重要な末端の分岐点で、後頭部動脈も、頭頂部に繋がる太い末端の血管です。

 

今回のデザイン変更で、これらの箇所に、低出力レーザーが直接照射されるため、血行促進がより効果的に行われ、毛髪の回復率が向上します。

 

特に、多発性円形脱毛症や全頭脱毛症には大変に有効です。

 

同じ頻度でご利用いただいても、Capillus RX 312とCapillus MD 320を比較すると、MD 320の方がより高い効果が期待されます。

 

 

 

 

 

日本でも、究極の若返りを追求する人物は多々存在しますが、体に害が及ぶような美容医療や投薬を一切行わず、自身をモデルとして、「生物学的な加齢を止めることが可能かどうかを調べる、社会的な科学実験」として年間約3億円の費用と30人以上の医療関係者からなるチームのサポートを受けつつ、老化を遅らせる「ブループリント」というプロジェクトを続けている米国のIT長者がブライアン ジョンソン氏です。

 

ジョンソン氏の加齢のスピードは現在、10歳児の平均以下とのこと。1日の摂取量をカロリーやサプリメント、検査、そして運動を日々のルーティーンの続けています。

 

この生活スタイルを2年前から続け、毎日欠かさず呼吸を観察し、内臓と血液、皮膚ダメージの測定などの検査を受け、登録者数が26万人の自身のYouTubeチャンネルで結果を公開しています。

 

https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/trend-news/a44024736/bryanjohnson-blueprint-project-230529-hns/ 

 

以前のジョンソン氏

 

 

20代から薄毛や白髪に悩みを抱えていたジョンソン氏は、その巨万の富を持ってすれば、自毛植毛のほうが、遥かに手間や苦労を無いはずにも関わらず、老化の原因や体に害のない育毛ケアを追求。

 

そこで達した結論として、Capillusを日々の育毛ケアで利用していることを自身のサイトで紹介しています。

 

ジョンソン氏が行っている育毛ケアは以下の通りで、プロジェクトのルールとして、自身が行っているケア内容を自身のサイトでも効果しています。

 

①    13~15mlのPRPとデュタステリド製剤 0.3mlの60~90日に一度の頭皮への直接投与

②    Capillus Pro S1 304を毎日6分使用

③    外用ミノキシジルの塗布

 

https://protocol.bryanjohnson.com/#hair-health 

 

上記でもわかる通り、経口薬としてフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル経口薬などを日々の育毛ケアに一切取り入れていません。

 

それにも関わらず、僅か2年で、以下の写真のような状態まで、髪が回復しています。

 

現在のジョンソン氏

 

 

 

ライアン・ジョンソン氏は企業向け決済代行システムの「ブレインツリー(Braintree)」を2007年に設立後、2012年には個人間送金アプリの「ベンモ(Venmo)」を買収。2023年には、「ブレインツリー」を8億ドル(約1124億円)でオンライン決済サービスの「ペイパル(PayPal)」に売却するなど、巨額の企業売買を成功させてきた起業家として、輝かしい経歴を誇る人物です。

 

ジョンソン氏のyoutubeチャンネルでもCapillusをご利用いただいています。

https://www.youtube.com/watch?v=OJZ4pjzwDLU 

 

イギリスの最大手メディアのデイリーメールでもジョンソン氏を紹介

https://www.dailymail.co.uk/femail/article-12612013/Biohacker-Bryan-Johnson-morning-routine-anti-aging.html 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年2月28日まで最新のS1モデルが10%オフ 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

S1 モデル 専用アプリ 

iPhone 10 (iOS 13.0以降)でApp Store ダウンロード可能

Android 11以上でGoogle Playよりダウンロード可能 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

Capillus S1 モデルが新登場!

 

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください

 

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

Capillus RX S1 312 新登場!

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

 

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus Pro S1 304,Capillus Plus S1 214,Capillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の6タイプをご用意しています。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

 

 

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

 

以前にも紹介しましたが、品質を確認する為に入手したH社 272 レーザー器は開封直後に赤い矢印の部分のシーリング材が剥がれ落ちていました。使用に支障はなくても品質や耐久性に疑問を感じました。

 

以下はCapillusを模して販売されているH社の新品で送られてきた商品の一例です。左 Capillus 右 H社の272個の機器

 

その後、米国Amazonに掲載されている購入者のレビューを見ていると驚くような書き込みがされています。

 

耐久性以前の問題として返品された製品をそのまま、新品として再販していたり、保証期間中でも、修理の対応がされていない事例もあるようです。またバッテリーの不具合についても、不満を述べる方が多いようです。

 

以下のサイトでもCapillusの詳細や他社製品と違いを紹介しています。

https://www.aga-ikumoukouka.com/

H社の米国アマゾンのレビューの評価

 

下記のH社の米国アマゾンの購入者のレビューには、品質や耐久性、以前の問題として、製品に満足しなかったお客様から返品保証で返却された製品を新品としてそのまま転売している可能性もあるようです。

​返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 1・2

 

1.

1.0 out of 5 stars Defective

Reviewed in the United States on September 21, 2021 

レビュー日 2021年9月21日

 

Verified Purchase

購入確認済み

The product looked used and stop working after few times !

届いた商品は使用された中古のようで、数回の利用後、使えなくなった

 

返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 2


2.0 out of 5 stars Seems to be working, they sent me a previously used product however

Reviewed in the United States on September 15, 2020

レビュー日 2020年9月15日

Verified Purchase

購入確認済み


What concerns me is that I spent $2,000 on this product and it is CLEARLY used. There is scratching on the unit especially near the charging port that shows a long history of use, leading me to assume this was refurbished.

 

$2000を支払ったの製品なのに、明らかに中古の製品が届いた。本体に傷があったり、充電用差し込み口は、長期に利用された形跡がある為、リビルト(修繕品)だと思う。

Now I personally don't have an issue with owning a refurbished product, but that is not what was advertised or what I paid for. A refurbished product deserves a refurbished price.

個人的に修繕品ではあることは気にしないが、購入時の製品説明には修繕品である記載はなかった。

修繕品であるならば、それに妥当な金額で販売されるべきだ。

H社の商品を購入後、すぐに故障したと訴える米国アマゾンのレビュー

1. Broken within 4 months They will not fix it-cost me $1,800. I used it 5 before it broke.

購入して4か月間で5回使用後に故障。修理をしてもらえなかった。

 

ブログで低出力レーザーについて過去にまとめた記事の一覧です。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html

 

 

 

 

加えて、LEDやLD製品は使用される環境によっても製品寿命が著しく短くなります。

 

上記は一般的なLEDが40,000時間程度であるところ、40℃を超えた環境では急激に製品寿命が短くなっています。

特殊なLED照明で60,000時間、利用できても、80℃近い環境下では5,300~10,000時間で切れてしまった事例です。

 

レーザーを照射している時も基盤は高い熱を持ちますが、製品が使用や保管されている環境の温度によっても寿命を左右します。

 

 

こちらはあるLED照明の使用上注意ですが50℃以上の環境では部品の劣化が急激に進むことが記載されています。

 

低出力レーザー育毛器の耐久性を大きく左右するのが電子基板の品質や優れた耐熱性や放熱性です。

特に日本のような高温多湿で、自宅の不在の際は40℃を簡単に超える環境は、低出力レーザーには大きな負担となります。

 

Capillusがレーザーや電気基盤の耐久試験を20℃~70℃、平均気温が50℃で行っています。

環境温度だけでなく、レーザーの照射時に電気基盤が高温になっても、どれだけの耐久性を保つことができるかを想定し試験を行っています。

 

特に、低出力レーザーの数が多い製品でレーザーを照射する場合は、電子基板はより熱を持つので、過酷な温度の中でも、基盤が正常に作動し、熱に耐えらえるかの検証は、製品の耐久性に直結するので重要です。

 

 


それに比べ、Capillusの同型の全頭照射型の低出力レーザー器を販売する、H社の製品説明書によると、レーザーの耐久試験は、5~35℃で、平均温度が25℃しか耐久性の検証が行われていません。

 

夏場の高温多湿の日本では、不在時の室内温度は簡単に35℃を超え、レーザーの照射時の電気版の温度も高いことを考えると、25℃という平均温度で行われた電子基板の試験結果では、電子基板の耐久性や劣化の進み具合がわかりません。

 

H社の従来のバンド型のように使用時間が90秒程度で搭載するレーザーや80個程度であれば、負荷も限定的です。

それが270個を超える、低出力レーザーをH社の製品は点灯で15分。点滅で30分間も照射した場合1回の照射が6分のCapillusとでは、基盤に加わる熱の負荷に大きな違いができます。

 

似た形状で同じ数のレーザーを搭載していても、H社の全頭型低出力レーザーより、Capillusが優れているのは全低出力レーザー育毛器メーカーの中で、唯一、業務用と家庭用器を製造しているからです。

 

業務用器ともなれば、3毎日、連続使用され、352個のレーザーの一斉照射に耐える、電子基板の放熱性や耐久性に優れた製品でなくてはなりません。

 

Capillusの長年の実績と品質がなせる長期保証

 

近年、国内のLED照明の保証期間は特に長くなり、5年が基準となっています。

低出力レーザーの場合、LEDより電力を要し、出力が強いレーザーダイオードを利用していますが、それでもCapillusは他社よりも圧倒的な長期保証を提供しています。

 

各低出力レーザー育毛器の保証期間は最大で5倍の開きが存在します。

 

レーザー、及び、電子基板の耐久年数は、メーカーによって最大で3倍近くの差があり、5年程度の耐久性で寿命を迎えてしまう製品があります。

 

Capillusは使用方法にもよりますが通常使用で10~15年以上、ご利用いただけます。

 

H社の272個の低出力レーザー器や中国で製造された低出力レーザー器の保証期間は1年また2年保証です。

 

低出力レーザー器のH社は、米国に限定し、先行して30分点滅タイプの272個の低出力レーザー器を2年程前から、試験販売していました。

 

子会社に限定しての発売だったので、日本では知られていませんでしたが、その後、親会社のH社が、15分 点灯 30分 点滅と、照射方法を選べるモデルとして、販売しています。

 

 

 

当時の説明書には黄色でハイライトした部分にはDevice Failure Mode (耐久年数)Expected Life of your Device(製品寿命)についての説明が書かれていますが、赤線を引いた部分に、製品の耐久年数や寿命が5年と書かれています

 

Device Failure Modeに記載されている文書

 

「Your device is designed to last for 5 years of regular use. The laser light does not fade or diminish over time. At the end of the laser’s life or if it fails for any other reason, the red laser light will no longer shine out of the device.」と書かれています。

 

これは「本製品は通常使用(週 3回)で、5年間の耐久期間で設計されています。レーザーが寿命または故障の場合、レーザーは徐々に光が暗くなるのではなく、点灯をしなくなります」と記載されています。

 

Expected Life of your Deviceには

「Based on that rating and durability of the components being used, the expected life of your Regrow MD is 5 years」
 

「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品の寿命は5年です。」と記載されています。

 

2枚目は同じ製品をH社が発売を開始した製品の説明書の内容です。

 

 

 

Device Failure Mode書かれていた、5年の耐久年数で設計されている内容や、Expected Life of Your Deviceについても、

 

「Based on that rating and the durability of the components being used, your HairMax Laser Device is designed to last many years of regular use」.と、記載内容が変更となり、「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品は長期にもちます」と記載されています。

 

説明書に記載されている「レーザーの仕様」は両方とも同じですが、「5年」から「長期」に変更される根拠は示されていません。

「5年の耐久年数の設計」で製造されていた製品が、照射方法が変わるだけで、「長期に持つ」 説明を変えるのは、不自然です。

 

重要ポイント

このような説明書の記載内容の変更を、一般の消費者が知ることは難しく、知らないまま、購入してしまっても仕方がありません。

 

30分の点滅から15分の点灯になり、使用時間が半分になるとしても、レーザーが連続しての点灯照射の方が大量の電力が継続的に通電し、レーザーだけではなく、電子基板に大きな負担がかかり、熱の影響も考えられます

 

照射方法の変更で耐久年数が減ることはあっても、延びることは決してありません。

 

Capillusと他社製品の違い


1.H社のような、5年の耐久年数を想定し設計された製品と比べCapillusは3倍の15年以上の耐久年数を想定し、製造されていています。

 

使用頻度の高い専門機関で業務用としての利用も念頭にある為、一般的な使用回数超えた頻度で使用を続けても、どのモデルも5年で寿命を迎えることはありません。

 

 

2.将来的に一部のレーザーが寿命や不具合を起こしても, 搭載するがすべて消えることはなく、問題があるレーザーのみが点灯しなくなる設計です。

 

H社のレーザーは説明に記載されている通り、5年経過すると、寿命を迎え、すべてが点灯しなくなります。

 

以下で紹介させていただいているのはCapillus単体での回復例です。

薄毛の重症度の高い方。高齢者。わずか半年の利用で回復に至った方。

前頭部・頭頂部共に効果が期待できることを以下の画像からご覧いただけます。

 

薄毛治療方法に限りがある女性でも効果が期待できます。

 

 

2023年12月の週刊現代に厚労省が改定したプロペシアの自殺衝動のリスクを掲載

無断転載禁止

 

 

 

その際、日本の医療関係者はフィナステリドに関する否定的な意見が多く見受けられました。

 

フィナステリドの副作用や後遺症の問題を日本の多くの医師は軽視して、存在しないかのような説明を続けていましたが、2023年8月29日、厚労省が「フィナステリドの重大副作用 添付文書改訂」を発表

 

このような重大な改訂がされても、医師から説明を受けるとは限りません。また、説明を求めて、真剣に取り合ってもらえない可能性すらあります。

 

 

 

原文に興味があれば、同キーワードで検索するか、添付画像をご覧ください。

 

以下の通り

「1. 「重要な基本的注意」の項に自殺関連事象に関する注意事項を追記する。

2. 「特定の背景を有する患者に関する注意」(新記載要領)又は「慎重投与」(旧記載要領)の項に「うつ病うつ状態又はその既往歴、自殺念慮又は自殺企図の既往歴を有する患者」を追記する

 

自殺関連事象について、国内症例、WHO個別症例安全性報告グローバルデータベース(VigiBase)を用いた不均衡分析結果等を評価した。専門委員の意見も聴取した結果、以下の内容を踏まえ、使用上の注意を改訂することが適切と判断した。」

 

今回の警告文の改定で、「VigiBaseの2023年5月28日時点のデータセットを用いた不均衡分析におけるIC025†が、希死念慮を有するうつ病:3.5、自殺念慮:3.3、自殺既遂:1.6、自殺行為:1.3、自傷念慮:0.5、自殺企図:0.4を示し、これらの事象に関する副作用報告数がデータベース全体から予測される値より統計学的に有意に高かったこと」

 

フランスでは、同様の問題を予防するために、QRコードを用いた情報提供を強化しました。その結果、フィナステリドの製薬会社は売上減少や将来的な問題を避けるため、今年の7月から販売を中止し、市場から撤退しました。

 

フィナの精神的副反応を認定したことは高く評価できますが、アフリカや中東を除き、欧米を始めとする大半の国々やデュタステリドを承認する韓国でも「鬱や自殺衝動」をフィナの警告文を義務化していましたが、先進国で日本が最後の国でした。

 

厚労省の対応の遅さが無ければ、フィナの副反応に苦しむ方はもっと少なかったはずです。

 

対面診療を行う、AGA病院が特に、AGA治療の副作用を認めるような広告を出していますが、AGA治療の副作用のリスクは海外では当たり前のことで、日本の医療関係者だけが強く否定していただけです。

 

「AGA治療には副作用はない」と主張したはずが、手の平を返すような内容です。

 

クリニック(A) AGA治療薬と共に、ED治療薬を同時処方

クリニック (B)  開始時には、薬の用量を徐々に上げ、体への負担を軽減し、適切な用量まで上げて維持。万が一副作用が出た場合は減量する。

 

 

残念ながら、ED薬では、フィナステリド(フィナ)副作用の回避や後遺症の改善が見込めないことや、適量を調整することが困難であると、世界のPFS(ポストフィナステリドシンドローム)を研究者が既に確認済みです。

 

副作用の回避に、服用前後の徹底した血液検査の方法も模索されましたが、上手くいかず、PFSの治療法どころか、原因すら解明されていません。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)のEDや性的障害は治療法が無いからこそ、海外では深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があるとの研究結果も発表されています。

 

その結果、海外ではフィナを処方する際、ED治療薬を利用すると、かえって事前兆候の症状が分かりにくくなり、より状況を悪化させる恐れから、同時処方を避けています。

 

一部の対面診療の病院が主張を覆した理由は、患者の安全を担保する為ではなく、オンライン診療(OL)から患者を取り戻す為です。

 

対面であれば、より丁寧に診察が行え、副作用を回避できると説明をしていますがこれまでと正反対の方針転換をしたこれらの病院は、副作用に関する知識を持ち合わせておらず、医学的根拠がない、都合良い、説明をしています。

 

OL診療の解禁で、薬の処方だけで、利益性の高く、訴訟リスクも無いという理由で、AGA病院が近年急増。

 

AGA病院の医師の求人では、「専門外でも気軽に始められる」、「他の病院に勤めながら勤務可能」、「訴訟の心配も無い」など、専門医としての知識や経験が不問のような条件です。

 

海外では10年以上前から、懸念や周知されていたPFSのリスクを無視して、「AGA治療薬には副作用はない」と誤った説明を続け「数百万の治療実績」と宣伝する一方、もっと早くに事実を認め、正しい説明をしていれば、日本での被害は抑えられたはずです。

 

最近、SNS上でAGA薬とED治療薬の同時処方を宣伝する医療機関が増えていますが、AGAとED治療薬の同時処方が増加している背景には、性的障害を訴える患者が増加していることが影響している可能性も考えられます。

 

フィナステリド(フィナ)の服用中にEDが発症した場合、中止すれば改善することが望ましいですが、問題は中止してもEDや性的障害が改善しない可能性があることです。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)の摂取がEDや性的障害を引き起こした場合、それらの症状はED治療薬で改善されないことが一般的です。そのため、海外ではこの問題が深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、PFSの原因として脳内ステロイドの減少やmRNAへの損傷が指摘されています。フィナの中止後も性的問題が改善しない可能性が高いことを示唆しています。

 

 

2023年8月に発表されたミラノ大学の神経内分泌学のメルカンジ博士の実験では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があると報告されました。

 

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/andr.13515

 

AGA治療中に低下した性機能を一時的にED治療薬で改善しても、それが起こっている兆候がある場合、即座に服用を中止するべきです。異常な症状が現れているからこそ、判断を下すことができます。

 

AGA薬とED薬を同時に摂取すると、この判断のチャンスを逃してしまい、PFSを発症するリスクが高まるだけです。

 

そのため、海外ではフィナステリド(フィナ)を処方する際、極力ED治療薬との同時処方を避ける傾向があります。

 

このブログでは2010年に初めて、フィナステリド製剤の副作用の懸念やポストフィナステリドシンドロームについて、紹介を続けてきました。

 

 

AGA阻害薬の服用をお考えの方や、少しでも体に異常を感じたりすることがあれば、改めて、よく考え直してください。

 

異常が起きると服用を中止しても、回復しない可能性もあり、原因や治療法もまだ発見されていません。

 

AGAの治療法は内服薬ばかりではなく、Capillus(低出力レーザー)も有効の手法の一つです。

 

 

プロペシアの副作用や後遺症など詳しくは以下もご覧ください。

 

 

 
ザガーロがなぜ、世界的に育毛薬として承認されていないかの記事を臨床試験や論文を元に複数の記事で以下で紹介しています

 

 

患者の利益ではなく、医療機関が収益を上げることが優先され、効果や安全性が確認されていない治療を、医療機関が推奨しているのが実情です。

 

同様の問題が、「AGA阻害薬を処方しないことで、副作用のリスク回避」や「AGAの副作用が心配な方におすすめ」という宣伝をする医療機関でも起きています。

 

医師が推奨していれば、裏付けがあると一般の方は誤解してしまいます。そのような心理を突いたAGA医療が特に増えています。

 

別の東京の育毛病院で、毛髪治療の第一人者と言われる医師にインタビューを申し込んだところ、エビデンスと経験で導き出した、現時点における最強の処方は、フィナステリド内服薬 3.5mg/日とミノキシジル内服薬 5mg/日の併用療法」ネットのインタビューで回答した医師もいます。

 

同医師は、フィナステリドの日本での承認に深く携わったドクターで、日本皮膚科学会が2017年に改定した男性・女性型脱毛症のガイドラインに作成員会の委員の一人です

 

このガイドラインではミノキシジル内服薬 を推奨度D。「行うべきではない」治療と評価しています。それにも関わらず、治療現場ではミノキシジル内服薬を処方されています。

 

 

記事は、トロント大学が発表した、AGA脱毛の有効ランキングを基に、インタビューがおこなわれました。「一位のデュタステリドにして子作りしたい人への懸念や、デュタステリドが治療のベストチョイスとなるが、実際はそう単純ではない」と回答しています。

 

「AGAの治療効果は数年レベルの長い期間で判断するものであり、24週間というのは初速の話。「治療現場の感覚でいえば、長期で使うとデュタステリドとフィナステリドの効果に差はあまりない」「もう一つは副作用の面。デュタステリドは性欲減退や勃起不全、射精障害といった性機能の低下がフィナステリドよりも起こりやすい。子づくりしたい人には懸念となる。薬成分の血中濃度が半減するまでの時間(血中濃度半減期)がフィナステリドよりも長いため、副作用が出たときに長引くことにもなる。」

 

と書かれています。

 

消極的だったミノキシジル内服薬を積極処方に転じた理由として以下のように回答されています。

 

ミノキシジル内服薬 5mgは有効性ランキングで11位とトップ10圏外。一方で治療開始24週間後の硬毛(太くしっかりとした毛)数の変化で見ると、フィナステリド1mgやミノキシジル外用薬 2%や 5%配合、ミノキシジル内服薬 0.25mgと比較して、最も有効だった。」

 

「2017年当時のガイドライン作成時点ではミノキシジル内服薬の副作用のデータなどが不足していたことにある。この時点でもミノキシジル内服薬を処方する医師はいたが、安全性を担保できないとして処方を避けてきた。その後、3年前から積極的に他の薬との併用で処方するようになった。ガイドライン作成後に安全性のエビデンスが集まってきたからである」

 

フィナステリド、デュタステリド、フィナステリド外用は国内で承認されているのに対し、ミノキシジル内服薬は男性型脱毛症治療薬としては日本を含め世界で未承認。それもあってインフォームドコンセントをしっかり行うことが大前提だが、「フィナステリド内服3.5mg」と「ミノキシジル内服5mg」の併用が“最強”」と回答されています。

 

進行度が低く、初期の場合はフィナステリド内服薬 1mgのような低用量を無理なく続けるのが基本で改善が期待できる。

 

「進行度が高い場合にフィナステリド内服薬 3.5mgとミノキシジル内服薬 5mgの併用を推奨。フィナステリド3.5mgは日本人の体で過剰にならない高用量。ミノキシジル内服薬は単剤だと、効果は限定的だが、5α還元酵素阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドと組み合わせることで「最強の処方になる」」

 

「2017年版のガイドラインミノキシジル内服薬はエビデンスが集まっていなかったために推奨度Dになったのに対し、同じミノキシジルでも外用薬は推奨度A。製薬会社が商業化したことで、こちらはエビデンスが集まった。患者が求める真の効果と安全性の情報をわれわれ治療の現場は出していくべき」と回答されたようです。

 

記事では「製薬会社による商業化の網にかからずともミノキシジル内服薬の価値を見いだした医師たちは、エビデンス集めに取り組んでいる。そこには患者主体で“本当に効く薬”を追求する意思がある。」と締めくくっています。

 

今回の記事に回答をした脱毛症ガイドラインの作成委員の見解に対する疑問

 

この記事の中で、特に赤文字や下線を引いた部分について指摘したい内容がありました。

 

1.薬成分の半減期がフィナステリドより、デュタステリドのほうが高い為、副作用が発生するリスクが高い。その為、3.5㎎のフィナステリドを推奨する。

 

第一に、デュタステリドのほうが薬効が強く、血中の半減期も長いこと知られています。フィナステリドよりも、副作用のリスクが高いのは当然です。

 

24週間での臨床試験ではデュタステリド0.5mgがもっとも効果的だとのデータが得られながらも、日本と韓国以外の国々がデュタステリドを現在でも、育毛薬として承認していないのは、効果よりも、リスクが高いことを懸念しているからです。

 

この2国で承認され、6年経過し、それなりの臨床データが存在しながらも、その有効性や安全性のデータを他国は十分だと判断していない為、育毛薬としての承認をしていません。

 

更に承認された容量よりも多い、3.5mgでフィナステリドを処方するのであれば、その根拠となる、安全性や有用性を示すデータを開示し、デュタステリドのリスク説明を、すべての医師に義務付けるのが、ガイドライン作成委員としての義務ではないでしょうか?

 

2.2017年のガイドライン作成時点にはミノキシジル内服薬の副作用のデータが不足していたが、3年前から積極的に他の薬との併用で処方するようになり、ガイドライン作成後に安全性のエビデンスが集まってきたから自らも処方を始めた。

 

日本ではミノキシジル内服薬を処方する大手育毛病院で、治療実績が100万件を超えるとSNSやネットで広告をしているのを見かけると思います。一般的な医薬品の臨床試験でも100万件を超える治療実績や臨床データを収集することすら困難です。

 

この中の病院の一つでも、自院の治療実績や安全性のデータを論文として発表すれば良いのでは無いでしょうか?

 

開発したファイザー社が現在も育毛薬として禁忌とし、米国食品医薬局(FDA)が医薬品でもっとも危険度が高いブラックボックス警告に指定を続け、必須とされる検査や義務化している併用薬も処方しないまま、ミノキシジル内服薬を処方しているのが日本の現状です。

 

3.患者に対し、インフォームドコンセント(治療についての説明)を行えば、フィナステリド3.5㎎とミノキシジル5㎎の併用が「最強の処方」と考えを改め、処方を始めた。ガイドラインの作成委員として、日本国内で公表する義務があるはずだと思います。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザー育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザー育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10% 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ​​​​​​​

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください


 

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

 

Capillus RX S1 312

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418,000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

 

低出力レーザーとは

 

低出力のレーザーとは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザーです。

脱毛に使用するのは高出力レーザーで細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザーはほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザー器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザーの効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザーのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザーの最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザーが照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザー育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザー器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザーが照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザー育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザー育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザーは2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザーは認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザーを男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザーの育毛効果を認め、臨床試験の中でももっとも信頼度が高い「メタアナリシス解析」でも有効性が実証されています。

 

 

 

Capillusと他社製品と信頼性や耐久性の違いを詳しく以下で説明しています。

 

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザー育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザー育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザー器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザーに説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザーが有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザーを追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザーのATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザーよりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にはフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザー育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザーを唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

詳しくは以下のサイトでも紹介しています。

 

https://capillusjapan.com 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

巨万の富を使って究極の若返りを追求する米国IT長者が日々の育毛ケアにCapillusを選択

無断転載禁止

 

 

日本でも、究極の若返りを追求する人物は多々存在しますが、体に害が及ぶような美容医療や投薬を一切行わず、自身をモデルとして、「生物学的な加齢を止めることが可能かどうかを調べる、社会的な科学実験」として年間約3億円の費用と30人以上の医療関係者からなるチームのサポートを受けつつ、老化を遅らせる「ブループリント」というプロジェクトを続けている米国のIT長者がブライアン ジョンソン氏です。

 

ジョンソン氏の加齢のスピードは現在、10歳児の平均以下とのこと。1日の摂取量をカロリーやサプリメント、検査、そして運動を日々のルーティーンの続けています。

 

この生活スタイルを2年前から続け、毎日欠かさず呼吸を観察し、内臓と血液、皮膚ダメージの測定などの検査を受け、登録者数が26万人の自身のYouTubeチャンネルで結果を公開しています。

 

https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/trend-news/a44024736/bryanjohnson-blueprint-project-230529-hns/ 

 

以前のジョンソン氏

 

 

20代から薄毛や白髪に悩みを抱えていたジョンソン氏は、その巨万の富を持ってすれば、自毛植毛のほうが、遥かに手間や苦労を無いはずにも関わらず、老化の原因や体に害のない育毛ケアを追求。

 

そこで達した結論として、Capillusを日々の育毛ケアで利用していることを自身のサイトで紹介しています。

 

ジョンソン氏が行っている育毛ケアは以下の通りで、プロジェクトのルールとして、自身が行っているケア内容を自身のサイトでも効果しています。

 

①    13~15mlのPRPとデュタステリド製剤 0.3mlの60~90日に一度の頭皮への直接投与

②    Capillus Pro S1 304を毎日6分使用

③    外用ミノキシジルの塗布

 

https://protocol.bryanjohnson.com/#hair-health 

 

上記でもわかる通り、経口薬としてフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル経口薬などを日々の育毛ケアに一切取り入れていません。

 

それにも関わらず、僅か2年で、以下の写真のような状態まで、髪が回復しています。

 

現在のジョンソン氏

 

 

 

ライアン・ジョンソン氏は企業向け決済代行システムの「ブレインツリー(Braintree)」を2007年に設立後、2012年には個人間送金アプリの「ベンモ(Venmo)」を買収。2023年には、「ブレインツリー」を8億ドル(約1124億円)でオンライン決済サービスの「ペイパル(PayPal)」に売却するなど、巨額の企業売買を成功させてきた起業家として、輝かしい経歴を誇る人物です。

 

ジョンソン氏のyoutubeチャンネルでもCapillusをご利用いただいています。

https://www.youtube.com/watch?v=OJZ4pjzwDLU 

 

イギリスの最大手メディアのデイリーメールでもジョンソン氏を紹介

https://www.dailymail.co.uk/femail/article-12612013/Biohacker-Bryan-Johnson-morning-routine-anti-aging.html 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10%オフ 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

S1 モデル 専用アプリ 

iPhone 10 (iOS 13.0以降)でApp Store ダウンロード可能

Android 11以上でGoogle Playよりダウンロード可能 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

Capillus S1 モデルが新登場!

 

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください

 

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

Capillus RX S1 312 新登場!

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

 

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus Pro S1 304,Capillus Plus S1 214,Capillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の6タイプをご用意しています。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

 

 

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

 

以前にも紹介しましたが、品質を確認する為に入手したH社 272 レーザー器は開封直後に赤い矢印の部分のシーリング材が剥がれ落ちていました。使用に支障はなくても品質や耐久性に疑問を感じました。

 

以下はCapillusを模して販売されているH社の新品で送られてきた商品の一例です。左 Capillus 右 H社の272個の機器

 

その後、米国Amazonに掲載されている購入者のレビューを見ていると驚くような書き込みがされています。

 

耐久性以前の問題として返品された製品をそのまま、新品として再販していたり、保証期間中でも、修理の対応がされていない事例もあるようです。またバッテリーの不具合についても、不満を述べる方が多いようです。

 

以下のサイトでもCapillusの詳細や他社製品と違いを紹介しています。

https://www.aga-ikumoukouka.com/

H社の米国アマゾンのレビューの評価

 

下記のH社の米国アマゾンの購入者のレビューには、品質や耐久性、以前の問題として、製品に満足しなかったお客様から返品保証で返却された製品を新品としてそのまま転売している可能性もあるようです。

​返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 1・2

 

1.

1.0 out of 5 stars Defective

Reviewed in the United States on September 21, 2021 

レビュー日 2021年9月21日

 

Verified Purchase

購入確認済み

The product looked used and stop working after few times !

届いた商品は使用された中古のようで、数回の利用後、使えなくなった

 

返品された製品を新品として転売している可能性 米国アマゾンのレビュー 2


2.0 out of 5 stars Seems to be working, they sent me a previously used product however

Reviewed in the United States on September 15, 2020

レビュー日 2020年9月15日

Verified Purchase

購入確認済み


What concerns me is that I spent $2,000 on this product and it is CLEARLY used. There is scratching on the unit especially near the charging port that shows a long history of use, leading me to assume this was refurbished.

 

$2000を支払ったの製品なのに、明らかに中古の製品が届いた。本体に傷があったり、充電用差し込み口は、長期に利用された形跡がある為、リビルト(修繕品)だと思う。

Now I personally don't have an issue with owning a refurbished product, but that is not what was advertised or what I paid for. A refurbished product deserves a refurbished price.

個人的に修繕品ではあることは気にしないが、購入時の製品説明には修繕品である記載はなかった。

修繕品であるならば、それに妥当な金額で販売されるべきだ。

H社の商品を購入後、すぐに故障したと訴える米国アマゾンのレビュー

1. Broken within 4 months They will not fix it-cost me $1,800. I used it 5 before it broke.

購入して4か月間で5回使用後に故障。修理をしてもらえなかった。

 

ブログで低出力レーザーについて過去にまとめた記事の一覧です。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html

 

 

 

 

加えて、LEDやLD製品は使用される環境によっても製品寿命が著しく短くなります。

 

上記は一般的なLEDが40,000時間程度であるところ、40℃を超えた環境では急激に製品寿命が短くなっています。

特殊なLED照明で60,000時間、利用できても、80℃近い環境下では5,300~10,000時間で切れてしまった事例です。

 

レーザーを照射している時も基盤は高い熱を持ちますが、製品が使用や保管されている環境の温度によっても寿命を左右します。

 

 

こちらはあるLED照明の使用上注意ですが50℃以上の環境では部品の劣化が急激に進むことが記載されています。

 

低出力レーザー育毛器の耐久性を大きく左右するのが電子基板の品質や優れた耐熱性や放熱性です。

特に日本のような高温多湿で、自宅の不在の際は40℃を簡単に超える環境は、低出力レーザーには大きな負担となります。

 

Capillusがレーザーや電気基盤の耐久試験を20℃~70℃、平均気温が50℃で行っています。

環境温度だけでなく、レーザーの照射時に電気基盤が高温になっても、どれだけの耐久性を保つことができるかを想定し試験を行っています。

 

特に、低出力レーザーの数が多い製品でレーザーを照射する場合は、電子基板はより熱を持つので、過酷な温度の中でも、基盤が正常に作動し、熱に耐えらえるかの検証は、製品の耐久性に直結するので重要です。

 

 


それに比べ、Capillusの同型の全頭照射型の低出力レーザー器を販売する、H社の製品説明書によると、レーザーの耐久試験は、5~35℃で、平均温度が25℃しか耐久性の検証が行われていません。

 

夏場の高温多湿の日本では、不在時の室内温度は簡単に35℃を超え、レーザーの照射時の電気版の温度も高いことを考えると、25℃という平均温度で行われた電子基板の試験結果では、電子基板の耐久性や劣化の進み具合がわかりません。

 

H社の従来のバンド型のように使用時間が90秒程度で搭載するレーザーや80個程度であれば、負荷も限定的です。

それが270個を超える、低出力レーザーをH社の製品は点灯で15分。点滅で30分間も照射した場合1回の照射が6分のCapillusとでは、基盤に加わる熱の負荷に大きな違いができます。

 

似た形状で同じ数のレーザーを搭載していても、H社の全頭型低出力レーザーより、Capillusが優れているのは全低出力レーザー育毛器メーカーの中で、唯一、業務用と家庭用器を製造しているからです。

 

業務用器ともなれば、3毎日、連続使用され、352個のレーザーの一斉照射に耐える、電子基板の放熱性や耐久性に優れた製品でなくてはなりません。

 

Capillusの長年の実績と品質がなせる長期保証

 

近年、国内のLED照明の保証期間は特に長くなり、5年が基準となっています。

低出力レーザーの場合、LEDより電力を要し、出力が強いレーザーダイオードを利用していますが、それでもCapillusは他社よりも圧倒的な長期保証を提供しています。

 

各低出力レーザー育毛器の保証期間は最大で5倍の開きが存在します。

 

レーザー、及び、電子基板の耐久年数は、メーカーによって最大で3倍近くの差があり、5年程度の耐久性で寿命を迎えてしまう製品があります。

 

Capillusは使用方法にもよりますが通常使用で10~15年以上、ご利用いただけます。

 

H社の272個の低出力レーザー器や中国で製造された低出力レーザー器の保証期間は1年また2年保証です。

 

低出力レーザー器のH社は、米国に限定し、先行して30分点滅タイプの272個の低出力レーザー器を2年程前から、試験販売していました。

 

子会社に限定しての発売だったので、日本では知られていませんでしたが、その後、親会社のH社が、15分 点灯 30分 点滅と、照射方法を選べるモデルとして、販売しています。

 

 

 

当時の説明書には黄色でハイライトした部分にはDevice Failure Mode (耐久年数)Expected Life of your Device(製品寿命)についての説明が書かれていますが、赤線を引いた部分に、製品の耐久年数や寿命が5年と書かれています

 

Device Failure Modeに記載されている文書

 

「Your device is designed to last for 5 years of regular use. The laser light does not fade or diminish over time. At the end of the laser’s life or if it fails for any other reason, the red laser light will no longer shine out of the device.」と書かれています。

 

これは「本製品は通常使用(週 3回)で、5年間の耐久期間で設計されています。レーザーが寿命または故障の場合、レーザーは徐々に光が暗くなるのではなく、点灯をしなくなります」と記載されています。

 

Expected Life of your Deviceには

「Based on that rating and durability of the components being used, the expected life of your Regrow MD is 5 years」
 

「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品の寿命は5年です。」と記載されています。

 

2枚目は同じ製品をH社が発売を開始した製品の説明書の内容です。

 

 

 

Device Failure Mode書かれていた、5年の耐久年数で設計されている内容や、Expected Life of Your Deviceについても、

 

「Based on that rating and the durability of the components being used, your HairMax Laser Device is designed to last many years of regular use」.と、記載内容が変更となり、「使用されている部品の各付けや耐久性からすると、本製品は長期にもちます」と記載されています。

 

説明書に記載されている「レーザーの仕様」は両方とも同じですが、「5年」から「長期」に変更される根拠は示されていません。

「5年の耐久年数の設計」で製造されていた製品が、照射方法が変わるだけで、「長期に持つ」 説明を変えるのは、不自然です。

 

重要ポイント

このような説明書の記載内容の変更を、一般の消費者が知ることは難しく、知らないまま、購入してしまっても仕方がありません。

 

30分の点滅から15分の点灯になり、使用時間が半分になるとしても、レーザーが連続しての点灯照射の方が大量の電力が継続的に通電し、レーザーだけではなく、電子基板に大きな負担がかかり、熱の影響も考えられます

 

照射方法の変更で耐久年数が減ることはあっても、延びることは決してありません。

 

Capillusと他社製品の違い


1.H社のような、5年の耐久年数を想定し設計された製品と比べCapillusは3倍の15年以上の耐久年数を想定し、製造されていています。

 

使用頻度の高い専門機関で業務用としての利用も念頭にある為、一般的な使用回数超えた頻度で使用を続けても、どのモデルも5年で寿命を迎えることはありません。

 

 

2.将来的に一部のレーザーが寿命や不具合を起こしても, 搭載するがすべて消えることはなく、問題があるレーザーのみが点灯しなくなる設計です。

 

H社のレーザーは説明に記載されている通り、5年経過すると、寿命を迎え、すべてが点灯しなくなります。

 

以下で紹介させていただいているのはCapillus単体での回復例です。

薄毛の重症度の高い方。高齢者。わずか半年の利用で回復に至った方。

前頭部・頭頂部共に効果が期待できることを以下の画像からご覧いただけます。

 

薄毛治療方法に限りがある女性でも効果が期待できます。

 

 

血管拡張作用のミノタブ・ED薬・ミノキシジル注射によるオーバードースな薄毛治療

無断転載禁止

 

 

 

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)にフィナステリド(フィナ)にバイアグラ(ED薬)に加え、ミノキジェット(ミノキ注射)を一同に投与する医療機関があること自体、驚愕すべき問題で、患者の安全を完全に無視しています。

 

消費者相談センターでもクーリングオフの対象外のAGA治療の相談が4倍に増加。

 

医療はエビデンス(医学的根拠)で効果が証明され、患者の安全が最優先されるべきです。

 

それを、ミノタブ、ミノキ注射、EDの3つの血管拡張剤を同時に投与すること自体、最近、話題の医薬品の過剰摂取のオーバードース状態で、倫理観の完全な欠如です。

 

このような危険なカクテル療法や複数の血管拡張剤の過剰投与を常識のある医師なら患者に提供することはありません。

 

薄毛箇所にミノキを注射で投与する手法を認め、行っている国は世界で一か国もありません。日本でも10年前に一時導入する医療機関がありましたが、効果も無かった為、衰退した治療です。

 

エビデンスが無い、AGAとED治療薬の同時処方が増える背景には、性障害を訴える患者の増加が影響。

 

また、オンラインで手軽に開院する病院が増え、他院との差別化の為に無謀な治療が行われると思います。

 

ミノキ注射の追加も対面治療でしか行えない為、オンラインに移行した患者を取り戻すことが目的です。

 

ミノタブは、20年以上前にファイザー(PF)が高血圧の抑制剤として開発した薬で、育毛薬としての治験すら行われず、PFは現在もミノタブの育毛薬としての使用を禁忌としています。

 

更に、日本皮膚科学会はミノタブを最低のD評価(行うべきでない)とし、国際毛髪学会(ISHRS)に加盟する全ての国がミノタブを育毛薬として認めていません。

 

米国食品医薬局(FDA)はミノタブを降圧剤としてのみ承認しており、徹底した検査や併用薬を用いても、服用に伴う、心筋梗塞や肺水腫の懸念から、医薬品で最も危険度が高いブラックボックス警告に指定。

 

ミノタブは服用自体危険で、血管拡張作用のED薬や、局所投与でも、ミノキ注射と同時処方すれば、より命に係わる問題を誘発しかねません。

 

PF社、その危険度と需要の無さから、昨年10月にミノタブの製造を終了しました。

 

2023年、日本皮膚科学会の脱毛症治療ガイドライン(GL)の作成委員の浜松医科大学の伊藤教授が、GLに基づかない「海外から輸入されたミノタブを処方する医療機関」に東京新聞の記事で危険と解説しています。

 

 

欧米では数か月前より、ミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)を開発・承認を受けた米国ファイザー社はミノタブの製造を中止したという情報や、「ファイザー社のロニテンが入手できない・売り切れで次の入荷が未定」という噂が広がっていましたが米国の75,000件の薬局の処方箋の価格や割引クーポンの情報を提供する専門サイトのGoodRxで、「該当の薬はメーカーが製造を終了」と表示しています。

 

ですが日本では元々、高額なミノタブの正規薬を処方する医療機関は全く無く、大半がインドや東南アジア製の後発薬です。

 

正規品と後発薬は、主成分の用量は同じでも、他の配合物まで先発薬と同じとは限りません。また、国内外問わず、有用性や安全性の臨床試験が不要とされています。

 

それに加え、日本では公然と、ミノタブを育毛薬のような説明をし、需要が多い為、入荷個数の安定化と薬価を下げる為に、東南アジアの小規模の医薬品工場に生産を依頼するようになりました。

 

最近、オリジナル治療薬や、メーカーのパッケージングされていない育毛薬が処方されるのは、出元をわからなくする為です。

 

また、厚労省が医療従事者に対しても、国内で承認・販売されている医薬品の海外からの輸入の規制を行うようになり、以前のように安価な海外製のAGA治療薬が仕入れられなくなってきました。

 

厚労省の規制の回避や、価格競争の為に、日本のAGA病院が取っている対策について紹介した記事です。

 

 

 

 

この打開策として取られるようになったのが、一部のAGA病院がミノキシジルタブレットの代わりに、外用の高濃度ミノキシジル育毛剤や世界中で1国も承認していないミノキシジルとフィナの混合内服薬です。

 

これまでは、ミノキシジルタブレットが「最高の育毛医療」の紹介をしていた医療機関が、手のひらを返しように、ミノキシジルの外用薬を医療機関が薦めるようになった理由は以下などが関係しています。

 

1.ミノタブの副作用が周知され始めたこと。2.厚労省の医薬品の輸入規制の厳格化。3.ミノタブの入手が難しくなっていることが考えられます。

 

またSNSの広告などで、これまでの主張を覆すような、上記の画像のよう、日本のガイドラインでは、ミノタブでは無く、外用を推奨している事実をキャッチコピーに使うようになりました。

 

ポイント

外用ミノキであれば、内服のような副作用のリスクは無くても、「ミノキとフィナを混合した外用薬」や「5%を超えるミノキシジル外用薬」は臨床試験を経て、有効性や安全性が証明されていません。

 

臨床試験を行わず、医薬品を認可する国は世界で1国もありません!

 

 

医療機関がそのようないい加減な治療を提供する訳ないと!」とお考えになる方は多いかもしれませんが、現在のAGA病院に勤務する医師や求人を行う病院がどのような条件で人材を獲得しているか、以下をご欄いただくと、実情がお分かりになります。

 

 

 

 

 

 

過去にAGA薬に輸入経路や海外で製造されたジェネリック薬の問題点について書いた記事が以下になります。

 

 

 
ザガーロがなぜ、世界的に育毛薬として承認されていないかの記事を臨床試験や論文を元に複数の記事で以下で紹介しています

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザー育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザー育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

Capillusのメディカルアドバイザーを務める前ISHRS会長のレオナルド博士は、2020年 ISHRSにて、植毛外科医に送られる最高賞「ゴールデン賞」を受賞。

 

レオナルド博士は自院でもCapillusを導入しています。

 

国際毛髪学会が選んだ世界最高峰のドクターが2名が、Capillusを推奨しています。

 

過去に書いたロバート レオナルド博士のブログ記事

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

「2年前の国際毛髪外科学会(ISHRS)で低出力レーザー育毛の研究の論文発表で2017年の最優秀賞を受賞した、パチャパランティーブ医師が、11月13~16日にタイで開催された第27回 国際毛髪外科学会(ISHRS)の2019年The Platinum Follicle Award(プラチナム毛包賞)を受賞しました。

 

Platinum Follicle賞は、ヘアレストレーション(毛髪の回復)における、優れた、研究成果や業績に送られる、ISHRSの賞の中でもっとも権威がある賞です。

 

現在、パチャパランティーブ医師は低出力レーザーの育毛効果の研究などに、Capillusをご利用いただいています。

 

Capillus RXを国際毛髪外科学会で論文発表をしたドクターも利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザーの育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10%オフ 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ​

 

 

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

S1 モデル 専用アプリ 

iPhone 10 (iOS 13.0以降)でApp Store ダウンロード可能

Android 11以上でGoogle Playよりダウンロード可能 

 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。Android用アプリが公開されていないので、利用できない。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418,000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

 

低出力レーザーとは

 

低出力のレーザーとは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザーです。

脱毛に使用するのは高出力レーザーで細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザーはほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザー器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザーの効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザー育毛器(Capillus)とミノキシジルプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

低出力レーザーのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザーの最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザーが照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザー育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザー器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザーが照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザー育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザー育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザーは2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザーは認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザーを男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

Capillusと他社製品と信頼性や耐久性の違いを詳しく以下で説明しています。

 

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

 

Capillusの効果についてお問い合わせを頂く際、回復例が外国人ばかりだが日本人でも効くのか?

 

 

以下はCapillus RXをご利用井いただいたアメリカ人の方で1年7か月ほどです。

 

どちらの方もCapillus単体で得た回復結果です。明らかに頭皮の露出はなくなりました。

年齢や個人差もありますが、肉眼で一見すると毛が生えていなくても、目視できないような状態で産毛が残っていれば、成長効率が改善することで、容姿的には大きな変化が得られます。

 

さらに、時間はかかっても、新しい髪も生え戻り始めるので一層の回復も期待できます。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザー育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

2019年に新たに発表された低出力レーザーの育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザーの育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

 

 

最初の頃は、やせ細っていた髪が太くなり、その髪が新たな髪を生え出し、順調に伸びていったことがお分かりいただけます。

現在、頭皮の露出は一切なくなりました。

 

Capillus(カピラス)低出力レーザー育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザー器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザーに説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザーが有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザーを追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザーのATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザーよりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にはフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザー育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザーを唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

 

 

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

詳しくは以下のサイトでも紹介しています。

 

https://capillusjapan.com 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

 

育毛医療でも急増している再生医療の副作用報告の不足と患者への影響をNHKが報道

無断転載禁止

 

 

 

美容や健康維持のために利用される再生医療が、国立がん研究センターを含む研究グループによって行われた調査で注目を集めています。この調査では、再生医療における副作用報告の不足が指摘され、患者への影響が懸念されています。

 

国立がん研究センター研究支援センターの一家綱邦部長を含む研究グループは、「ステム・セル・リポーツ」誌でその結果を発表しました。再生医療は美容目的などで自由診療で行われており、その際には国の承認を得ずに行われることが一般的です。しかしこの自由診療において、副作用などの報告が正しく行われていない可能性が浮上しています。

 

2020年度において、再生医療が行われた約90の審査委員会において、報告された副作用は10件に過ぎませんでした。これは年間で約10万回実施されている再生医療の実態とはかけ離れており、副作用などの情報が正しく報告されていない可能性が高まっています。

 

一方で、国の承認を受けている再生医療製品では、使用回数に応じて1件程度の副作用報告があったとのことです。この対照的な数字から、自由診療と公認製品との間での報告の不足が浮き彫りになっています。

 

一家部長は、「正確な報告がなければ、患者は治療について正確な判断ができません。医師の性善説を信じてきましたが、新たな仕組みの必要性が問われています。」と述べ、患者の安全と適切な治療のためには報告体制の見直しが求められていると警鐘を鳴らしています。再生医療の進化と患者の安全を考えた改善策が急務となっています。

 

 

 

エビデンスが存在しない、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の内服治療に飽き足らず、多くの育毛病院や育毛商品が「幹細胞療法」や「幹細胞培養上清液」を仕切りに宣伝していますが、育毛や美容での効果だけでなく、安全性を示す、医学的根拠がない、治療を薦めているのが実情です。

 

2023年10月、再生医療抗加齢学会が、未承認の幹細胞培養上精液治療によって患者が亡くなったとの報告を発表し、ヤフーニュースでも紹介されています。

 

再生医療に分類される「幹細胞療法」は本来、厚労省に専門施設として、認定が必要です。

 

その厳しい基準や規制を掻い潜る、手段として、「幹細胞」ではなく「幹細胞培養上清液(培養上精液)」を美容や育毛を目的に人体に導入するクリニックやサロンが急増しています。

 

今回の事故を引き起こした治療法は、SNSでも話題の培養上清液を使用したものです。

 

この治療法は、エクソソームと呼ばれる物質を含む上澄み液を点滴や点鼻などの方法で体内に投与し、『育毛』や『美容』、『身体の痛みの改善効果』が期待される宣伝しています。

 

そもそも幹細胞培養上清液にどのくらいのエクソソームが含まれているかを正確に測定することも難しく、薬効が期待できる幹細胞が、含まれているかもわかりません。

 

同学会は、「医療として承認された治療法ではなく、未確立の療法であり、その有効性・安全性についてはまだ確認されていない」と説明。死亡例の詳細は不明ですが、この治療法の効果や安全性は研究段階であり、実証された例は存在していないと説明しています。

 

大阪大学の曽宮助教は、「幹細胞療法は科学的な根拠のない医療行為で健康被害が生じる可能性があり、倫理的にも科学的にも大きな問題」と説明。

 

研究者でも不純物を取り除くのは困難とされていて、この不純物による、感染症のリスクがあるため、身体に危険を及ぼす可能性もあると指摘しています。

 

同学会は、現在、該当省庁が事故を調査中で、患者が亡くなった経緯はまだ明らかにされておらず、学会は、「当該治療法を推奨しておらず、会員にも慎重に取り扱うよう呼びかけており、注意喚起のために情報を提供している」と説明しています。

 

 

 

 

医療機関が無責任なことはしないと考える方が多いと思います、美容や育毛などの自由診療は話が別です。

 

 

 

AGA治療のトラブルの相談件数は急増し、2023年10月に日本経済新聞の記事では、東京都消費生活総合センターへの相談件数は4年で3倍になり、他の美容医療と異なり、薄毛治療は無条件の「クーリングオフ」が適用されず、同センターも契約内容を熟慮するよう呼びかけています。

 

ネット広告を見た男性がAGA治療の専門病院を訪れ、無料カウンセリングだけの予定が、担当者に「早く治療したほうがいい」と言われ、1年間の服薬と4回の注射の100万円のコースを契約。高額な支払いが不安を感じ、「クーリングオフは可能か」同センターに相談。

 

同センターへの相談は高額契約が目立ち、22年の相談では平均契約額が78万円で、最高で約400万円を支払ったケースも。

 

高額な契約内容以外にも、薬の副作用や治療の効果に関する訴えもあり、異常を感じ、治療を中断したいのに、契約解除に応じない事例も報告されているようです。

 

クーリングオフは特定の取引は一定期間内であれば無条件で契約を解除でき、2017年に脱毛やほくろ除去といった部の美容医療が対象に加わったがAGAなどの薄毛治療は原則としてクーリングオフの対象外で、中途解約を可能としている規定も適用されないそうです。

2023年8月に発表されたミラノ大学の神経内分泌学のメルカンジ博士の実験では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があると報告されました。

 

AGA治療中に低下した性機能を一時的にED治療薬で改善しても、それが起こっている兆候がある場合、即座に服用を中止するべきです。異常な症状が現れているからこそ、判断を下すことができます。

 

AGA薬とED薬を同時に摂取すると、この判断のチャンスを逃してしまい、PFSを発症するリスクが高まるだけです。

 

そのため、海外ではフィナステリド(フィナ)を処方する際、極力ED治療薬との同時処方を避ける傾向があります。

 

フィナステリドの副作用や後遺症の問題を日本の多くの医師は軽視して、存在しないかのような説明を続けていましたが、2023年8月29日、厚労省が「フィナステリドの重大副作用 添付文書改訂」を発表

 

このような重大な改訂がされても、医師から説明を受けるとは限りません。また、説明を求めて、真剣に取り合ってもらえない可能性すらあります。

 

 

 

原文に興味があれば、同キーワードで検索するか、添付画像をご覧ください。

 

以下の通り

「1. 「重要な基本的注意」の項に自殺関連事象に関する注意事項を追記する。

2. 「特定の背景を有する患者に関する注意」(新記載要領)又は「慎重投与」(旧記載要領)の項に「うつ病うつ状態又はその既往歴、自殺念慮又は自殺企図の既往歴を有する患者」を追記する

 

自殺関連事象について、国内症例、WHO個別症例安全性報告グローバルデータベース(VigiBase)を用いた不均衡分析結果等を評価した。専門委員の意見も聴取した結果、以下の内容を踏まえ、使用上の注意を改訂することが適切と判断した。」

 

今回の警告文の改定で、「VigiBaseの2023年5月28日時点のデータセットを用いた不均衡分析におけるIC025†が、希死念慮を有するうつ病:3.5、自殺念慮:3.3、自殺既遂:1.6、自殺行為:1.3、自傷念慮:0.5、自殺企図:0.4を示し、これらの事象に関する副作用報告数がデータベース全体から予測される値より統計学的に有意に高かったこと」

 

フランスでは、同様の問題を予防するために、QRコードを用いた情報提供を強化しました。その結果、フィナステリドの製薬会社は売上減少や将来的な問題を避けるため、今年の7月から販売を中止し、市場から撤退しました。

 

フィナの精神的副反応を認定したことは高く評価できますが、アフリカや中東を除き、欧米を始めとする大半の国々やデュタステリドを承認する韓国でも「鬱や自殺衝動」をフィナの警告文を義務化していましたが、先進国で日本が最後の国でした。

 

厚労省の対応の遅さが無ければ、フィナの副反応に苦しむ方はもっと少なかったはずです。

 

AGA阻害薬の服用をお考えの方や、少しでも体に異常を感じたりすることがあれば、改めて、よく考え直してください。

 

異常が起きると服用を中止しても、回復しない可能性もあり、原因や治療法もまだ発見されていません。

 

AGAの治療法は内服薬ばかりではなく、Capillus(低出力レーザー)も有効の手法の一つです。

 

 

プロペシアの副作用や後遺症など詳しくは以下もご覧ください。

 

 

 

 

 

患者の利益ではなく、医療機関が収益を上げることが優先され、効果や安全性が確認されていない治療を、医療機関が推奨しているのが実情です。

 

同様の問題が、「AGA阻害薬を処方しないことで、副作用のリスク回避」や「AGAの副作用が心配な方におすすめ」という宣伝をする医療機関でも起きています。

 

医師が推奨していれば、裏付けがあると一般の方は誤解してしまいます。そのような心理を突いたAGA医療が特に増えています。

 

別の東京の育毛病院で、毛髪治療の第一人者と言われる医師にインタビューを申し込んだところ、エビデンスと経験で導き出した、現時点における最強の処方は、フィナステリド内服薬 3.5mg/日とミノキシジル内服薬 5mg/日の併用療法」ネットのインタビューで回答した医師もいます。

 

同医師は、フィナステリドの日本での承認に深く携わったドクターで、日本皮膚科学会が2017年に改定した男性・女性型脱毛症のガイドラインに作成員会の委員の一人です

 

このガイドラインではミノキシジル内服薬 を推奨度D。「行うべきではない」治療と評価しています。それにも関わらず、治療現場ではミノキシジル内服薬を処方されています。

 

 

記事は、トロント大学が発表した、AGA脱毛の有効ランキングを基に、インタビューがおこなわれました。「一位のデュタステリドにして子作りしたい人への懸念や、デュタステリドが治療のベストチョイスとなるが、実際はそう単純ではない」と回答しています。

 

ミノキシジル内服薬 5mgは有効性ランキングで11位とトップ10圏外。一方で治療開始24週間後の硬毛(太くしっかりとした毛)数の変化で見ると、フィナステリド1mgやミノキシジル外用薬 2%や 5%配合、ミノキシジル内服薬 0.25mgと比較して、最も有効だった。」

 

「2017年当時のガイドライン作成時点ではミノキシジル内服薬の副作用のデータなどが不足していたことにある。この時点でもミノキシジル内服薬を処方する医師はいたが、安全性を担保できないとして処方を避けてきた。その後、3年前から積極的に他の薬との併用で処方するようになった。ガイドライン作成後に安全性のエビデンスが集まってきたからである」

 

フィナステリド、デュタステリド、フィナステリド外用は国内で承認されているのに対し、ミノキシジル内服薬は男性型脱毛症治療薬としては日本を含め世界で未承認。それもあってインフォームドコンセントをしっかり行うことが大前提だが、「フィナステリド内服3.5mg」と「ミノキシジル内服5mg」の併用が“最強”」と回答されています。

 

進行度が低く、初期の場合はフィナステリド内服薬 1mgのような低用量を無理なく続けるのが基本で改善が期待できる。

 

「進行度が高い場合にフィナステリド内服薬 3.5mgとミノキシジル内服薬 5mgの併用を推奨。フィナステリド3.5mgは日本人の体で過剰にならない高用量。ミノキシジル内服薬は単剤だと、効果は限定的だが、5α還元酵素阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドと組み合わせることで「最強の処方になる」」

 

「2017年版のガイドラインミノキシジル内服薬はエビデンスが集まっていなかったために推奨度Dになったのに対し、同じミノキシジルでも外用薬は推奨度A。製薬会社が商業化したことで、こちらはエビデンスが集まった。患者が求める真の効果と安全性の情報をわれわれ治療の現場は出していくべき」と回答されたようです。

 

記事では「製薬会社による商業化の網にかからずともミノキシジル内服薬の価値を見いだした医師たちは、エビデンス集めに取り組んでいる。そこには患者主体で“本当に効く薬”を追求する意思がある。」と締めくくっています。

 

今回の記事に回答をした脱毛症ガイドラインの作成委員の見解に対する疑問

 

この記事の中で、特に赤文字や下線を引いた部分について指摘したい内容がありました。

 

1.薬成分の半減期がフィナステリドより、デュタステリドのほうが高い為、副作用が発生するリスクが高い。その為、3.5㎎のフィナステリドを推奨する。

 

第一に、デュタステリドのほうが薬効が強く、血中の半減期も長いこと知られています。フィナステリドよりも、副作用のリスクが高いのは当然です。

 

24週間での臨床試験ではデュタステリド0.5mgがもっとも効果的だとのデータが得られながらも、日本と韓国以外の国々がデュタステリドを現在でも、育毛薬として承認していないのは、効果よりも、リスクが高いことを懸念しているからです。

 

この2国で承認され、6年経過し、それなりの臨床データが存在しながらも、その有効性や安全性のデータを他国は十分だと判断していない為、育毛薬としての承認をしていません。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザー育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザー育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10% 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ​​​​​​​

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

 

Capillus RX S1 312

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418,000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

 

低出力レーザーとは

 

低出力のレーザーとは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザーです。

脱毛に使用するのは高出力レーザーで細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザーはほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザー器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザーの効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザーのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザーの最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザーが照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザー育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザー器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザーが照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザー育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザー育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザーは2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザーは認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザーを男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザーの育毛効果を認め、臨床試験の中でももっとも信頼度が高い「メタアナリシス解析」でも有効性が実証されています。

 

 

 

Capillusと他社製品と信頼性や耐久性の違いを詳しく以下で説明しています。

 

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザー育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザー育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザー器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザーに説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザーが有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザーを追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザーのATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザーよりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にはフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザー育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザーを唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

詳しくは以下のサイトでも紹介しています。

 

https://capillusjapan.com 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

 

育毛効果の医学的根拠が全く示されていない、エクソソーム点鼻薬

無断転載禁止

 

 

日本では幹細胞培養液やエクソソーム(EX)を用いた薄毛や美容医療を強く推奨する広告が増えていますが、その中でももっとも目に余るのが、エクソソーム点鼻薬です。

 

鼻からの接種であらゆるトラブルに解決するような説明がされていますが、一切の医学的根拠が示されていません。

 

話題の幹細胞治療液を、点鼻するだけで、あれば、治療のハードルが低く、広まるのではないかと考えた安易な考えです。

 

 

2019年には、米国食品医薬品局(FDA)は再生医療製品、具体的には幹細胞治療やエクソソーム(EX)製品を規制しており、承認されている唯一の幹細胞の治療や製品は、臍帯血から採取された血液形成幹細胞から生成されたもので、血液の生成に障害を持つ患者に使用するために承認されていますが、他の用途には承認されていません。

 

それに反し、根拠も無く、幹細胞治療には有効性があるかのような説明をする医療機関やネット広告が横行したことから、FDAは2019年12月に幹細胞やエクソソーム製品に関する注意警報を発表。

 

その結果、米国では幹細胞やエクソソームの薄毛や美容治療を米中止するようになりました。

 

海外の状況に反し、日本では、目新しい治療として、多くの育毛病院や育毛商品が「幹細胞療法」や「幹細胞培養上清液」を仕切りにネットなどで宣伝して状況は4年前の米国と同じ状況です。

 

 

 

 

エビデンスが存在しない、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の内服治療に飽き足らず、多くの育毛病院や育毛商品が「幹細胞療法」や「幹細胞培養上清液」を仕切りに宣伝していますが、育毛や美容での効果だけでなく、安全性を示す、医学的根拠がない、治療を薦めているのが実情です。

 

2023年10月、再生医療抗加齢学会が、未承認の幹細胞培養上精液治療によって患者が亡くなったとの報告を発表し、ヤフーニュースでも紹介されています。

 

再生医療に分類される「幹細胞療法」は本来、厚労省に専門施設として、認定が必要です。

 

その厳しい基準や規制を掻い潜る、手段として、「幹細胞」ではなく「幹細胞培養上清液(培養上精液)」を美容や育毛を目的に人体に導入するクリニックやサロンが急増しています。

 

今回の事故を引き起こした治療法は、SNSでも話題の培養上清液を使用したものです。

 

この治療法は、エクソソームと呼ばれる物質を含む上澄み液を点滴や点鼻などの方法で体内に投与し、『育毛』や『美容』、『身体の痛みの改善効果』が期待される宣伝しています。

 

そもそも幹細胞培養上清液にどのくらいのエクソソームが含まれているかを正確に測定することも難しく、薬効が期待できる幹細胞が、含まれているかもわかりません。

 

同学会は、「医療として承認された治療法ではなく、未確立の療法であり、その有効性・安全性についてはまだ確認されていない」と説明。死亡例の詳細は不明ですが、この治療法の効果や安全性は研究段階であり、実証された例は存在していないと説明しています。

 

大阪大学の曽宮助教は、「幹細胞療法は科学的な根拠のない医療行為で健康被害が生じる可能性があり、倫理的にも科学的にも大きな問題」と説明。

 

研究者でも不純物を取り除くのは困難とされていて、この不純物による、感染症のリスクがあるため、身体に危険を及ぼす可能性もあると指摘しています。

 

同学会は、現在、該当省庁が事故を調査中で、患者が亡くなった経緯はまだ明らかにされておらず、学会は、「当該治療法を推奨しておらず、会員にも慎重に取り扱うよう呼びかけており、注意喚起のために情報を提供している」と説明しています。

 

 

 

 

医療機関が無責任なことはしないと考える方が多いと思います、美容や育毛などの自由診療は話が別です。

 

 

 

AGA治療のトラブルの相談件数は急増し、2023年10月に日本経済新聞の記事では、東京都消費生活総合センターへの相談件数は4年で3倍になり、他の美容医療と異なり、薄毛治療は無条件の「クーリングオフ」が適用されず、同センターも契約内容を熟慮するよう呼びかけています。

 

ネット広告を見た男性がAGA治療の専門病院を訪れ、無料カウンセリングだけの予定が、担当者に「早く治療したほうがいい」と言われ、1年間の服薬と4回の注射の100万円のコースを契約。高額な支払いが不安を感じ、「クーリングオフは可能か」同センターに相談。

 

同センターへの相談は高額契約が目立ち、22年の相談では平均契約額が78万円で、最高で約400万円を支払ったケースも。

 

高額な契約内容以外にも、薬の副作用や治療の効果に関する訴えもあり、異常を感じ、治療を中断したいのに、契約解除に応じない事例も報告されているようです。

 

クーリングオフは特定の取引は一定期間内であれば無条件で契約を解除でき、2017年に脱毛やほくろ除去といった部の美容医療が対象に加わったがAGAなどの薄毛治療は原則としてクーリングオフの対象外で、中途解約を可能としている規定も適用されないそうです。

 

 

対面診療を行う、AGA病院が特に、AGA治療の副作用を認めるような広告を出していますが、AGA治療の副作用のリスクは海外では当たり前のことで、日本の医療関係者だけが強く否定していただけです。

 

「AGA治療には副作用はない」と主張したはずが、手の平を返すような内容です。

 

クリニック(A) AGA治療薬と共に、ED治療薬を同時処方

クリニック (B)  開始時には、薬の用量を徐々に上げ、体への負担を軽減し、適切な用量まで上げて維持。万が一副作用が出た場合は減量する。

 

残念ながら、ED薬では、フィナステリド(フィナ)副作用の回避や後遺症の改善が見込めないことや、適量を調整することが困難であると、世界のPFS(ポストフィナステリドシンドローム)を研究者が既に確認済みです。

 

副作用の回避に、服用前後の徹底した血液検査の方法も模索されましたが、上手くいかず、PFSの治療法どころか、原因すら解明されていません。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)のEDや性的障害は治療法が無いからこそ、海外では深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があるとの研究結果も発表されています。

 

その結果、海外ではフィナを処方する際、ED治療薬を利用すると、かえって事前兆候の症状が分かりにくくなり、より状況を悪化させる恐れから、同時処方を避けています。

 

一部の対面診療の病院が主張を覆した理由は、患者の安全を担保する為ではなく、オンライン診療(OL)から患者を取り戻す為です。

 

対面であれば、より丁寧に診察が行え、副作用を回避できると説明をしていますがこれまでと正反対の方針転換をしたこれらの病院は、副作用に関する知識を持ち合わせておらず、医学的根拠がない、都合良い、説明をしています。

 

OL診療の解禁で、薬の処方だけで、利益性の高く、訴訟リスクも無いという理由で、AGA病院が近年急増。

 

AGA病院の医師の求人では、「専門外でも気軽に始められる」、「他の病院に勤めながら勤務可能」、「訴訟の心配も無い」など、専門医としての知識や経験が不問のような条件です。

 

海外では10年以上前から、懸念や周知されていたPFSのリスクを無視して、「AGA治療薬には副作用はない」と誤った説明を続け「数百万の治療実績」と宣伝する一方、もっと早くに事実を認め、正しい説明をしていれば、日本での被害は抑えられたはずです。

 

フィナステリド(フィナ)の服用中にEDが発症した場合、中止すれば改善することが望ましいですが、問題は中止してもEDや性的障害が改善しない可能性があることです。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)の摂取がEDや性的障害を引き起こした場合、それらの症状はED治療薬で改善されないことが一般的です。そのため、海外ではこの問題が深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、PFSの原因として脳内ステロイドの減少やmRNAへの損傷が指摘されています。フィナの中止後も性的問題が改善しない可能性が高いことを示唆しています。

 

2023年8月に発表されたミラノ大学の神経内分泌学のメルカンジ博士の実験では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があると報告されました。

 

AGA治療中に低下した性機能を一時的にED治療薬で改善しても、それが起こっている兆候がある場合、即座に服用を中止するべきです。異常な症状が現れているからこそ、判断を下すことができます。

 

AGA薬とED薬を同時に摂取すると、この判断のチャンスを逃してしまい、PFSを発症するリスクが高まるだけです。

 

そのため、海外ではフィナステリド(フィナ)を処方する際、極力ED治療薬との同時処方を避ける傾向があります。

 

フィナステリドの副作用や後遺症の問題を日本の多くの医師は軽視して、存在しないかのような説明を続けていましたが、2023年8月29日、厚労省が「フィナステリドの重大副作用 添付文書改訂」を発表

 

このような重大な改訂がされても、医師から説明を受けるとは限りません。また、説明を求めて、真剣に取り合ってもらえない可能性すらあります。

 

 

 

原文に興味があれば、同キーワードで検索するか、添付画像をご覧ください。

 

以下の通り

「1. 「重要な基本的注意」の項に自殺関連事象に関する注意事項を追記する。

2. 「特定の背景を有する患者に関する注意」(新記載要領)又は「慎重投与」(旧記載要領)の項に「うつ病うつ状態又はその既往歴、自殺念慮又は自殺企図の既往歴を有する患者」を追記する

 

自殺関連事象について、国内症例、WHO個別症例安全性報告グローバルデータベース(VigiBase)を用いた不均衡分析結果等を評価した。専門委員の意見も聴取した結果、以下の内容を踏まえ、使用上の注意を改訂することが適切と判断した。」

 

今回の警告文の改定で、「VigiBaseの2023年5月28日時点のデータセットを用いた不均衡分析におけるIC025†が、希死念慮を有するうつ病:3.5、自殺念慮:3.3、自殺既遂:1.6、自殺行為:1.3、自傷念慮:0.5、自殺企図:0.4を示し、これらの事象に関する副作用報告数がデータベース全体から予測される値より統計学的に有意に高かったこと」

 

フランスでは、同様の問題を予防するために、QRコードを用いた情報提供を強化しました。その結果、フィナステリドの製薬会社は売上減少や将来的な問題を避けるため、今年の7月から販売を中止し、市場から撤退しました。

 

フィナの精神的副反応を認定したことは高く評価できますが、アフリカや中東を除き、欧米を始めとする大半の国々やデュタステリドを承認する韓国でも「鬱や自殺衝動」をフィナの警告文を義務化していましたが、先進国で日本が最後の国でした。

 

厚労省の対応の遅さが無ければ、フィナの副反応に苦しむ方はもっと少なかったはずです。

 

AGA阻害薬の服用をお考えの方や、少しでも体に異常を感じたりすることがあれば、改めて、よく考え直してください。

 

異常が起きると服用を中止しても、回復しない可能性もあり、原因や治療法もまだ発見されていません。

 

AGAの治療法は内服薬ばかりではなく、Capillus(低出力レーザー)も有効の手法の一つです。

 

 

プロペシアの副作用や後遺症など詳しくは以下もご覧ください。

 

 

 

 

 

患者の利益ではなく、医療機関が収益を上げることが優先され、効果や安全性が確認されていない治療を、医療機関が推奨しているのが実情です。

 

同様の問題が、「AGA阻害薬を処方しないことで、副作用のリスク回避」や「AGAの副作用が心配な方におすすめ」という宣伝をする医療機関でも起きています。

 

医師が推奨していれば、裏付けがあると一般の方は誤解してしまいます。そのような心理を突いたAGA医療が特に増えています。

 

別の東京の育毛病院で、毛髪治療の第一人者と言われる医師にインタビューを申し込んだところ、エビデンスと経験で導き出した、現時点における最強の処方は、フィナステリド内服薬 3.5mg/日とミノキシジル内服薬 5mg/日の併用療法」ネットのインタビューで回答した医師もいます。

 

同医師は、フィナステリドの日本での承認に深く携わったドクターで、日本皮膚科学会が2017年に改定した男性・女性型脱毛症のガイドラインに作成員会の委員の一人です

 

このガイドラインではミノキシジル内服薬 を推奨度D。「行うべきではない」治療と評価しています。それにも関わらず、治療現場ではミノキシジル内服薬を処方されています。

 

 

記事は、トロント大学が発表した、AGA脱毛の有効ランキングを基に、インタビューがおこなわれました。「一位のデュタステリドにして子作りしたい人への懸念や、デュタステリドが治療のベストチョイスとなるが、実際はそう単純ではない」と回答しています。

 

ミノキシジル内服薬 5mgは有効性ランキングで11位とトップ10圏外。一方で治療開始24週間後の硬毛(太くしっかりとした毛)数の変化で見ると、フィナステリド1mgやミノキシジル外用薬 2%や 5%配合、ミノキシジル内服薬 0.25mgと比較して、最も有効だった。」

 

「2017年当時のガイドライン作成時点ではミノキシジル内服薬の副作用のデータなどが不足していたことにある。この時点でもミノキシジル内服薬を処方する医師はいたが、安全性を担保できないとして処方を避けてきた。その後、3年前から積極的に他の薬との併用で処方するようになった。ガイドライン作成後に安全性のエビデンスが集まってきたからである」

 

フィナステリド、デュタステリド、フィナステリド外用は国内で承認されているのに対し、ミノキシジル内服薬は男性型脱毛症治療薬としては日本を含め世界で未承認。それもあってインフォームドコンセントをしっかり行うことが大前提だが、「フィナステリド内服3.5mg」と「ミノキシジル内服5mg」の併用が“最強”」と回答されています。

 

進行度が低く、初期の場合はフィナステリド内服薬 1mgのような低用量を無理なく続けるのが基本で改善が期待できる。

 

「進行度が高い場合にフィナステリド内服薬 3.5mgとミノキシジル内服薬 5mgの併用を推奨。フィナステリド3.5mgは日本人の体で過剰にならない高用量。ミノキシジル内服薬は単剤だと、効果は限定的だが、5α還元酵素阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドと組み合わせることで「最強の処方になる」」

 

「2017年版のガイドラインミノキシジル内服薬はエビデンスが集まっていなかったために推奨度Dになったのに対し、同じミノキシジルでも外用薬は推奨度A。製薬会社が商業化したことで、こちらはエビデンスが集まった。患者が求める真の効果と安全性の情報をわれわれ治療の現場は出していくべき」と回答されたようです。

 

記事では「製薬会社による商業化の網にかからずともミノキシジル内服薬の価値を見いだした医師たちは、エビデンス集めに取り組んでいる。そこには患者主体で“本当に効く薬”を追求する意思がある。」と締めくくっています。

 

今回の記事に回答をした脱毛症ガイドラインの作成委員の見解に対する疑問

 

この記事の中で、特に赤文字や下線を引いた部分について指摘したい内容がありました。

 

1.薬成分の半減期がフィナステリドより、デュタステリドのほうが高い為、副作用が発生するリスクが高い。その為、3.5㎎のフィナステリドを推奨する。

 

第一に、デュタステリドのほうが薬効が強く、血中の半減期も長いこと知られています。フィナステリドよりも、副作用のリスクが高いのは当然です。

 

24週間での臨床試験ではデュタステリド0.5mgがもっとも効果的だとのデータが得られながらも、日本と韓国以外の国々がデュタステリドを現在でも、育毛薬として承認していないのは、効果よりも、リスクが高いことを懸念しているからです。

 

この2国で承認され、6年経過し、それなりの臨床データが存在しながらも、その有効性や安全性のデータを他国は十分だと判断していない為、育毛薬としての承認をしていません。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザー育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザー育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10% 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ​​​​​​​

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

 

Capillus RX S1 312

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418,000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

 

低出力レーザーとは

 

低出力のレーザーとは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザーです。

脱毛に使用するのは高出力レーザーで細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザーはほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザー器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザーの効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザーのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザーの最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザーが照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザー育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザー器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザーが照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザー育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザー育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザーは2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザーは認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザーを男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザーの育毛効果を認め、臨床試験の中でももっとも信頼度が高い「メタアナリシス解析」でも有効性が実証されています。

 

 

 

Capillusと他社製品と信頼性や耐久性の違いを詳しく以下で説明しています。

 

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザー育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザー育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザー器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザーに説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザーが有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザーを追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザーのATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザーよりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にはフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザー育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザーを唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

詳しくは以下のサイトでも紹介しています。

 

https://capillusjapan.com 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

育毛効果の医学的根拠が全く示されていない、エクソソーム点鼻薬

無断転載禁止

 

 

日本では幹細胞培養液やエクソソーム(EX)を用いた薄毛や美容医療を強く推奨する広告が増えていますが、その中でももっとも目に余るのが、エクソソーム点鼻薬です。

 

鼻からの接種であらゆるトラブルに解決するような説明がされていますが、一切の医学的根拠が示されていません。

 

話題の幹細胞治療液を、点鼻するだけで、あれば、治療のハードルが低く、広まるのではないかと考えた安易な考えです。

 

 

2019年には、米国食品医薬品局(FDA)は再生医療製品、具体的には幹細胞治療やエクソソーム(EX)製品を規制しており、承認されている唯一の幹細胞の治療や製品は、臍帯血から採取された血液形成幹細胞から生成されたもので、血液の生成に障害を持つ患者に使用するために承認されていますが、他の用途には承認されていません。

 

それに反し、根拠も無く、幹細胞治療には有効性があるかのような説明をする医療機関やネット広告が横行したことから、FDAは2019年12月に幹細胞やエクソソーム製品に関する注意警報を発表。

 

その結果、米国では幹細胞やエクソソームの薄毛や美容治療を米中止するようになりました。

 

海外の状況に反し、日本では、目新しい治療として、多くの育毛病院や育毛商品が「幹細胞療法」や「幹細胞培養上清液」を仕切りにネットなどで宣伝して状況は4年前の米国と同じ状況です。

 

 

 

 

エビデンスが存在しない、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の内服治療に飽き足らず、多くの育毛病院や育毛商品が「幹細胞療法」や「幹細胞培養上清液」を仕切りに宣伝していますが、育毛や美容での効果だけでなく、安全性を示す、医学的根拠がない、治療を薦めているのが実情です。

 

2023年10月、再生医療抗加齢学会が、未承認の幹細胞培養上精液治療によって患者が亡くなったとの報告を発表し、ヤフーニュースでも紹介されています。

 

再生医療に分類される「幹細胞療法」は本来、厚労省に専門施設として、認定が必要です。

 

その厳しい基準や規制を掻い潜る、手段として、「幹細胞」ではなく「幹細胞培養上清液(培養上精液)」を美容や育毛を目的に人体に導入するクリニックやサロンが急増しています。

 

今回の事故を引き起こした治療法は、SNSでも話題の培養上清液を使用したものです。

 

この治療法は、エクソソームと呼ばれる物質を含む上澄み液を点滴や点鼻などの方法で体内に投与し、『育毛』や『美容』、『身体の痛みの改善効果』が期待される宣伝しています。

 

そもそも幹細胞培養上清液にどのくらいのエクソソームが含まれているかを正確に測定することも難しく、薬効が期待できる幹細胞が、含まれているかもわかりません。

 

同学会は、「医療として承認された治療法ではなく、未確立の療法であり、その有効性・安全性についてはまだ確認されていない」と説明。死亡例の詳細は不明ですが、この治療法の効果や安全性は研究段階であり、実証された例は存在していないと説明しています。

 

大阪大学の曽宮助教は、「幹細胞療法は科学的な根拠のない医療行為で健康被害が生じる可能性があり、倫理的にも科学的にも大きな問題」と説明。

 

研究者でも不純物を取り除くのは困難とされていて、この不純物による、感染症のリスクがあるため、身体に危険を及ぼす可能性もあると指摘しています。

 

同学会は、現在、該当省庁が事故を調査中で、患者が亡くなった経緯はまだ明らかにされておらず、学会は、「当該治療法を推奨しておらず、会員にも慎重に取り扱うよう呼びかけており、注意喚起のために情報を提供している」と説明しています。

 

 

 

 

医療機関が無責任なことはしないと考える方が多いと思います、美容や育毛などの自由診療は話が別です。

 

 

 

AGA治療のトラブルの相談件数は急増し、2023年10月に日本経済新聞の記事では、東京都消費生活総合センターへの相談件数は4年で3倍になり、他の美容医療と異なり、薄毛治療は無条件の「クーリングオフ」が適用されず、同センターも契約内容を熟慮するよう呼びかけています。

 

ネット広告を見た男性がAGA治療の専門病院を訪れ、無料カウンセリングだけの予定が、担当者に「早く治療したほうがいい」と言われ、1年間の服薬と4回の注射の100万円のコースを契約。高額な支払いが不安を感じ、「クーリングオフは可能か」同センターに相談。

 

同センターへの相談は高額契約が目立ち、22年の相談では平均契約額が78万円で、最高で約400万円を支払ったケースも。

 

高額な契約内容以外にも、薬の副作用や治療の効果に関する訴えもあり、異常を感じ、治療を中断したいのに、契約解除に応じない事例も報告されているようです。

 

クーリングオフは特定の取引は一定期間内であれば無条件で契約を解除でき、2017年に脱毛やほくろ除去といった部の美容医療が対象に加わったがAGAなどの薄毛治療は原則としてクーリングオフの対象外で、中途解約を可能としている規定も適用されないそうです。

 

 

対面診療を行う、AGA病院が特に、AGA治療の副作用を認めるような広告を出していますが、AGA治療の副作用のリスクは海外では当たり前のことで、日本の医療関係者だけが強く否定していただけです。

 

「AGA治療には副作用はない」と主張したはずが、手の平を返すような内容です。

 

クリニック(A) AGA治療薬と共に、ED治療薬を同時処方

クリニック (B)  開始時には、薬の用量を徐々に上げ、体への負担を軽減し、適切な用量まで上げて維持。万が一副作用が出た場合は減量する。

 

残念ながら、ED薬では、フィナステリド(フィナ)副作用の回避や後遺症の改善が見込めないことや、適量を調整することが困難であると、世界のPFS(ポストフィナステリドシンドローム)を研究者が既に確認済みです。

 

副作用の回避に、服用前後の徹底した血液検査の方法も模索されましたが、上手くいかず、PFSの治療法どころか、原因すら解明されていません。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)のEDや性的障害は治療法が無いからこそ、海外では深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があるとの研究結果も発表されています。

 

その結果、海外ではフィナを処方する際、ED治療薬を利用すると、かえって事前兆候の症状が分かりにくくなり、より状況を悪化させる恐れから、同時処方を避けています。

 

一部の対面診療の病院が主張を覆した理由は、患者の安全を担保する為ではなく、オンライン診療(OL)から患者を取り戻す為です。

 

対面であれば、より丁寧に診察が行え、副作用を回避できると説明をしていますがこれまでと正反対の方針転換をしたこれらの病院は、副作用に関する知識を持ち合わせておらず、医学的根拠がない、都合良い、説明をしています。

 

OL診療の解禁で、薬の処方だけで、利益性の高く、訴訟リスクも無いという理由で、AGA病院が近年急増。

 

AGA病院の医師の求人では、「専門外でも気軽に始められる」、「他の病院に勤めながら勤務可能」、「訴訟の心配も無い」など、専門医としての知識や経験が不問のような条件です。

 

海外では10年以上前から、懸念や周知されていたPFSのリスクを無視して、「AGA治療薬には副作用はない」と誤った説明を続け「数百万の治療実績」と宣伝する一方、もっと早くに事実を認め、正しい説明をしていれば、日本での被害は抑えられたはずです。

 

フィナステリド(フィナ)の服用中にEDが発症した場合、中止すれば改善することが望ましいですが、問題は中止してもEDや性的障害が改善しない可能性があることです。

 

フィナやデュタステリド(デュタ)の摂取がEDや性的障害を引き起こした場合、それらの症状はED治療薬で改善されないことが一般的です。そのため、海外ではこの問題が深刻な社会問題として取り上げられ、WHO(世界保健機構)の医薬品副作用データベースにも登録されています。

 

最新の研究では、PFSの原因として脳内ステロイドの減少やmRNAへの損傷が指摘されています。フィナの中止後も性的問題が改善しない可能性が高いことを示唆しています。

 

2023年8月に発表されたミラノ大学の神経内分泌学のメルカンジ博士の実験では、服用中に発生したEDと服用中止後に発症するEDでは、原因が異なる可能性があると報告されました。

 

AGA治療中に低下した性機能を一時的にED治療薬で改善しても、それが起こっている兆候がある場合、即座に服用を中止するべきです。異常な症状が現れているからこそ、判断を下すことができます。

 

AGA薬とED薬を同時に摂取すると、この判断のチャンスを逃してしまい、PFSを発症するリスクが高まるだけです。

 

そのため、海外ではフィナステリド(フィナ)を処方する際、極力ED治療薬との同時処方を避ける傾向があります。

 

フィナステリドの副作用や後遺症の問題を日本の多くの医師は軽視して、存在しないかのような説明を続けていましたが、2023年8月29日、厚労省が「フィナステリドの重大副作用 添付文書改訂」を発表

 

このような重大な改訂がされても、医師から説明を受けるとは限りません。また、説明を求めて、真剣に取り合ってもらえない可能性すらあります。

 

 

 

原文に興味があれば、同キーワードで検索するか、添付画像をご覧ください。

 

以下の通り

「1. 「重要な基本的注意」の項に自殺関連事象に関する注意事項を追記する。

2. 「特定の背景を有する患者に関する注意」(新記載要領)又は「慎重投与」(旧記載要領)の項に「うつ病うつ状態又はその既往歴、自殺念慮又は自殺企図の既往歴を有する患者」を追記する

 

自殺関連事象について、国内症例、WHO個別症例安全性報告グローバルデータベース(VigiBase)を用いた不均衡分析結果等を評価した。専門委員の意見も聴取した結果、以下の内容を踏まえ、使用上の注意を改訂することが適切と判断した。」

 

今回の警告文の改定で、「VigiBaseの2023年5月28日時点のデータセットを用いた不均衡分析におけるIC025†が、希死念慮を有するうつ病:3.5、自殺念慮:3.3、自殺既遂:1.6、自殺行為:1.3、自傷念慮:0.5、自殺企図:0.4を示し、これらの事象に関する副作用報告数がデータベース全体から予測される値より統計学的に有意に高かったこと」

 

フランスでは、同様の問題を予防するために、QRコードを用いた情報提供を強化しました。その結果、フィナステリドの製薬会社は売上減少や将来的な問題を避けるため、今年の7月から販売を中止し、市場から撤退しました。

 

フィナの精神的副反応を認定したことは高く評価できますが、アフリカや中東を除き、欧米を始めとする大半の国々やデュタステリドを承認する韓国でも「鬱や自殺衝動」をフィナの警告文を義務化していましたが、先進国で日本が最後の国でした。

 

厚労省の対応の遅さが無ければ、フィナの副反応に苦しむ方はもっと少なかったはずです。

 

AGA阻害薬の服用をお考えの方や、少しでも体に異常を感じたりすることがあれば、改めて、よく考え直してください。

 

異常が起きると服用を中止しても、回復しない可能性もあり、原因や治療法もまだ発見されていません。

 

AGAの治療法は内服薬ばかりではなく、Capillus(低出力レーザー)も有効の手法の一つです。

 

 

プロペシアの副作用や後遺症など詳しくは以下もご覧ください。

 

 

 

 

 

患者の利益ではなく、医療機関が収益を上げることが優先され、効果や安全性が確認されていない治療を、医療機関が推奨しているのが実情です。

 

同様の問題が、「AGA阻害薬を処方しないことで、副作用のリスク回避」や「AGAの副作用が心配な方におすすめ」という宣伝をする医療機関でも起きています。

 

医師が推奨していれば、裏付けがあると一般の方は誤解してしまいます。そのような心理を突いたAGA医療が特に増えています。

 

別の東京の育毛病院で、毛髪治療の第一人者と言われる医師にインタビューを申し込んだところ、エビデンスと経験で導き出した、現時点における最強の処方は、フィナステリド内服薬 3.5mg/日とミノキシジル内服薬 5mg/日の併用療法」ネットのインタビューで回答した医師もいます。

 

同医師は、フィナステリドの日本での承認に深く携わったドクターで、日本皮膚科学会が2017年に改定した男性・女性型脱毛症のガイドラインに作成員会の委員の一人です

 

このガイドラインではミノキシジル内服薬 を推奨度D。「行うべきではない」治療と評価しています。それにも関わらず、治療現場ではミノキシジル内服薬を処方されています。

 

 

記事は、トロント大学が発表した、AGA脱毛の有効ランキングを基に、インタビューがおこなわれました。「一位のデュタステリドにして子作りしたい人への懸念や、デュタステリドが治療のベストチョイスとなるが、実際はそう単純ではない」と回答しています。

 

ミノキシジル内服薬 5mgは有効性ランキングで11位とトップ10圏外。一方で治療開始24週間後の硬毛(太くしっかりとした毛)数の変化で見ると、フィナステリド1mgやミノキシジル外用薬 2%や 5%配合、ミノキシジル内服薬 0.25mgと比較して、最も有効だった。」

 

「2017年当時のガイドライン作成時点ではミノキシジル内服薬の副作用のデータなどが不足していたことにある。この時点でもミノキシジル内服薬を処方する医師はいたが、安全性を担保できないとして処方を避けてきた。その後、3年前から積極的に他の薬との併用で処方するようになった。ガイドライン作成後に安全性のエビデンスが集まってきたからである」

 

フィナステリド、デュタステリド、フィナステリド外用は国内で承認されているのに対し、ミノキシジル内服薬は男性型脱毛症治療薬としては日本を含め世界で未承認。それもあってインフォームドコンセントをしっかり行うことが大前提だが、「フィナステリド内服3.5mg」と「ミノキシジル内服5mg」の併用が“最強”」と回答されています。

 

進行度が低く、初期の場合はフィナステリド内服薬 1mgのような低用量を無理なく続けるのが基本で改善が期待できる。

 

「進行度が高い場合にフィナステリド内服薬 3.5mgとミノキシジル内服薬 5mgの併用を推奨。フィナステリド3.5mgは日本人の体で過剰にならない高用量。ミノキシジル内服薬は単剤だと、効果は限定的だが、5α還元酵素阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドと組み合わせることで「最強の処方になる」」

 

「2017年版のガイドラインミノキシジル内服薬はエビデンスが集まっていなかったために推奨度Dになったのに対し、同じミノキシジルでも外用薬は推奨度A。製薬会社が商業化したことで、こちらはエビデンスが集まった。患者が求める真の効果と安全性の情報をわれわれ治療の現場は出していくべき」と回答されたようです。

 

記事では「製薬会社による商業化の網にかからずともミノキシジル内服薬の価値を見いだした医師たちは、エビデンス集めに取り組んでいる。そこには患者主体で“本当に効く薬”を追求する意思がある。」と締めくくっています。

 

今回の記事に回答をした脱毛症ガイドラインの作成委員の見解に対する疑問

 

この記事の中で、特に赤文字や下線を引いた部分について指摘したい内容がありました。

 

1.薬成分の半減期がフィナステリドより、デュタステリドのほうが高い為、副作用が発生するリスクが高い。その為、3.5㎎のフィナステリドを推奨する。

 

第一に、デュタステリドのほうが薬効が強く、血中の半減期も長いこと知られています。フィナステリドよりも、副作用のリスクが高いのは当然です。

 

24週間での臨床試験ではデュタステリド0.5mgがもっとも効果的だとのデータが得られながらも、日本と韓国以外の国々がデュタステリドを現在でも、育毛薬として承認していないのは、効果よりも、リスクが高いことを懸念しているからです。

 

この2国で承認され、6年経過し、それなりの臨床データが存在しながらも、その有効性や安全性のデータを他国は十分だと判断していない為、育毛薬としての承認をしていません。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザー育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザー育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

2023年9月より低出力レーザー器の国内初の修理サービス開始

 

他社製品が保証期間終了後の修理を受け付けない中、当社は保証期間中を除いて、国内初の有償修理サービスを開始しました(一部修理は受け付けできない場合があります)。

 

国内での修理サービス提供により、お客様はより長い間安心してご利用いただけるようになりました。

 

ブログをご欄いただいたお客様限定では2024年1月8日まで最新のS1モデルが10% 

 

S1モデル 10%オフ クーポンコード 「capsp1」入力必須

公式モデル 10%のお値引をさせていただきます

公式モデル 10%オフ クーポンコード「capori」

Capillus RX(アプリ非対応)・Capillus RX S1 312は15%オフ クーポンコード不要 

 

Capillus RX S1 312 割引価格適用済み クーポン併用不可 

Capillus RX  S1 312    451,000円 →  383,350円 15%オフ

 

Capillus S1モデル ブログ限定 

Capillus Pro  S1 304    330,000円 →  297,500円 10%オフ

Capillus Plus S1 214    242,000円 →  217,800円 10%オフ

 

お買い得なCapillus S1 アプリ非対応 公式サイト限定モデル  

Capillus Pro  304    308,000円 →  277,200円 10%オフ

Capillus Plus 214    214,500円 → 193,050円 10%オフ

 

値引価格適用済み クーポンコード不要

 

Capillus 従来モデル

Capillus RX  312    418,000円 →  355,300円  15%オフ​​​​​​​

 

この度、低出力レーザー育毛器で業界初のBluetooth機能で専用アプリ機能を搭載し、搭載するレーザーも増加したS1モデルが新登場しました。

 

 

Capillus(カピラス)S1モデル は専用アプリで機能が大幅アップ。

新機能 利用時間やバッテリー残量の表示。リマインダー機能、過去の利用回数や頭髪を撮影し画像を記録など。

 

 

そこで低出力レーザー育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

専用アプリ搭載で、機能が充実、カウンセリングサービスを受けられるCapillus S1 モデルからお値打ちな公式サイト限定のS1 スマホ非対応モデルが新登場!

 

 

 

 

他の低出力レーザーでは行えない、Capillus S1モデルのアプリに記録されたデータや状況を基に、より育毛効果を高める最適な使用方法のアドバイスを提供致します。

 

詳しくは以下のリンクをご覧ください

 

NEW 専用アプリ搭載のS1モデル

 

 

Capillus RX S1 312

従来のCapillus Pro 272より、38個のレーザーが増加

本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.8倍のカバー
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)

 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

他の業務用低出力レーザーでも300個を超える製品は他にありません。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。


5年保証 
価格451,000円

 

Capillus RX S1 312

Capillus Pro S1 304

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格330,000円

 

Capillus Pro S1 304

 

 

Capillus Plus S1 214

レーザーが12個増え、214個搭載
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格242,000円

 

Capillus Plus 214 S1モデル

 

NEW Capillus Japan 公式サイト限定 お買い得なアプリ非対応 S1モデル

 

Capillusの正規代理店で世界で唯一、販売承認を得た、Capillus S1シリーズのアプリ非対応モデルをCapillus Japanで限定販売

 

お値打ちに低出力レーザー育毛器を購入したい、専用アプリの機能が不要。

 

そのような要望に応え、アプリ非対応モデルを世界で弊社だけがご用意いたしました。

将来的にアプリを利用したい場合は、スマホ連動用のBluetoothバッテリーを別途購入いただければアプリの利用も可能です。

 

Capillus Pro 304 アプリ非対応

従来のCapillus Pro 272より、32個のレーザーが増加

Capillus RXと同サイズの本体内径が60.5cmで性別を問わず、使い心地アップのフリーサイズ
Bluetooth対応で専用アプリ機能UP
照射時間 6分
Capillus 82より3.7倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 60.5cm フリーサイズ)
3年保証 
価格308,000円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Pro 304

 

 

Capillus Plus 214 アプリ非対応

レーザーが12個増え、214個搭載
照射時間 6分
Capillus 82より2.6倍のカバー率
ワンサイズ(本体内径 56cm 頭囲 62cmまで
2年保証 
価格214,500円

別売りのBluetoothバッテリーを購入すればアプリ利用可能

 

Capillus Plus 214

 

 

Capillus RX 312 

Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載した、新たな最上位モデルです。

Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご使用する手間が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は418,000円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

 

 

低出力レーザーとは

 

低出力のレーザーとは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザーです。

脱毛に使用するのは高出力レーザーで細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザーはほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザー器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザーの効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザーのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザーの最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザーが照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザー育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザー器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザーが照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザー育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザー育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザーは2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザーは認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザーを男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザーの育毛効果を認め、臨床試験の中でももっとも信頼度が高い「メタアナリシス解析」でも有効性が実証されています。

 

 

 

Capillusと他社製品と信頼性や耐久性の違いを詳しく以下で説明しています。

 

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザー育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザー育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザー器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザーに説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザーが有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザーを追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザーのATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザーよりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にはフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザー育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザーを唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

 

以前より、説明している通り、Capillusと他社の製品では評価に大きな差があります。米国のレビューサイトでCapillusは1126件のレビューで同種メーカーで最高点の4. 0を獲得。その反面、H社は145件の投稿で1.9の低評価です。

 

また、H社のHPには、「保証期間が過ぎての故障に対しては修理を行っておりません」と記載されています。

この記述はほとんどの方が目にしない、「よくある質問」にのみ書かれていて、ほとんどの方は見過ごすと思います。

 

これほどの高額の商品を保証期間終了後、修理対応をしてもらえないとなると、使い捨てと同じことです。

 

H社の5年の製品寿命も不安かと思いますが、修理対応不可というアフターフォローにも疑問が残ります。

 

その点、Capillus Japanでは保証期間終了後、有償ではありますが修理対応は受け付けております。

 

何より問題なのが大手メーカーの低出力レーザー育毛器の耐久性や品質にも疑問の残る製品が増えています。

詳しくは以下のサイトでも紹介しています。

 

https://capillusjapan.com 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止