読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育毛を施し、薄毛、抜け毛の回復の実例

4月12日にアメリカFDAが正式にプロペシアの副作用を発表しました。


一度、抜け毛や薄毛の状態に陥ると回復する見込みはなく諦めてしまう方。これまでにCMやサイトで話題の育毛ケアを取り入れたのに回復せず、絶望している方。


リアップなどのミノキシジルやプロペシアを使用して回復されないと多くの方は今後、導入できるケアがないとお考えになる方が多いようですが必ずしもそうではありません。

正しい形で育毛に取り組めば年齢や状況に関係なく、回復する見込みは当然あり
ます。


年齢や現在の髪の状態。お仕事やお住まいの地域の環境。頭皮や毛根の状態によっても必要なケアは異なりますがそれを日々ご自身でしっかりと管理すれば回復する見込みはあります。


以前よりご紹介をしている海外の育毛専門病院での回復例をみても世代や状況に関係なく改善して例も多数あります。

http://www.belgraviacentre.com/blog/category/success-stories/   


知恵ノートでもご紹介をしているようにミノキシジルやプロペシアはそれなりのリスクがありますがそれを承知の上で育毛ケアを行うことを選択される方は多いと思います。実際、これによって回復された方はたくさんおられると思います。


ですが上記の手段を用いた場合、いつまでこの方法を使い、どの段階でやめるのかの判断は大変難しいと思います。


このいつまで続けるかの明確な判断や基準がミノキシジルやプロペシアにはあり
ません。当然、双方を上手にやめていくこともできなくはないのですがこの二つの方法でケアをされていてプロペシアの服用を中止したり、ミノキシジルの濃度を下げたり使用しなくなるとまた抜けはじめたという経験をしている方がとても多いと思います。


実際には回復度合いを考えながらミノキシジルやプロペシアを減薬をできなくはないのですがその管理はとても難しく、場合によってはいつでも再開する覚悟も必要です。


最近ネットで発毛クリニックを受診されている方が多くミノキシジルタブレットやプロペシアを医師に処方を受けている方も増えてきておりますが薬をやめる段階までになれた方や減薬の指示をもらえた方はほとんどいないと思います。


ですがプロペシアに配合されるフィナステリドやミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)には健康を害するリスクが大変高い育毛手段です。


髪を回復させたいという気持ちはわかりますが将来的な健康被害を誘発する恐れのある育毛ケアをいつまでも続けるのが本当に良いのかどうか?


ご紹介をしております低出力レーザーや高濃度ミノキシジルやロニテンよりも優れた血行促進手段を用いれば回復の可能性が高まるばかりではなく薬剤による健康リスクを回避することもできます。また一番のポイントしては薬を用いての減薬よりも遥かにご自分で管理しやすいです。


掲載してします画像の方達も回復までに要した時間や手間はそれぞれ異なりますが最終的にほとんどのケアをしなくて済むほどまでに回復されました。

2010-05-06.jpg

2010-11-03.jpg

 

 

kaifukumae1.jpg

 

kaifukumae4.jpg

toucyoubu1.jpg

wakemekaizen.jpg

上記の方達は以前ミノキシジルやプロペシアをお使いだったのにも関わらず回復せずご相談をいただきました。低出力レーザーをベースにそれぞれの方達の状況に必要なケアを取り入れていただきミノキシジルやプロペシアの使用を中止いただけました。

多くの方が毛根や頭皮のケアを行わず上記画像のように角化した皮脂が毛根を埋めていて正常な髪が生育せず、育毛剤が浸透しないような状況でミノキシジルなどの育毛剤を塗布を続けておられるのですが育毛剤の成分にかかわらず塗布しても患部である毛根のそこまで育毛剤は到達しません。

少なくとも角化した皮脂や老廃物が育毛剤の浸透を妨げず、髪の太さの成長や一度抜け落ちた髪が生えもどる為には上記のような毛根の状態を確保することが必要です。また頭皮に必要な水分維持のために皮膜として分泌され続ける皮脂が角化することなく、液体状で体外に排出されます。

その上でミノキシジルを使用せずに上記のような血行促進がされた状態を継続的に維持できれば髪を回復させる可能性も高まりますし最終的に育毛剤や育毛ケアを続ていただく必要もなくなります。


その中でヘアーマックスのような低出力レーザーや掲載している血行促進がされ、毛細血管がしっかりと浮き上がた頭皮状態を継続的に維持できれば状況や年齢に関係なく薄毛や抜け毛は改善が可能です。

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/ 

 
過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/     (2011年12月までのブログ)

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/(2012年2月からのブログ)
ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。
yokoi@kaminonayami.net