読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロペシアによる性的副作用と鬱病についての調査結果

 フィナステリド(プロペシア)の性的な副作用が見舞われている方と男性型脱毛をおこしていてもプロペシアを服用をしたことがない方に比べると鬱の発症率が高いとジョージワシントン大学のマイケルアーウィング博士が8月7日に発表した。

 

http://psychcentral.com/news/2012/08/07/men-who-used-propecia-risk-depression-suicidal-thoughts/42778.html 

 

今回の研究のために、アーウィング博士は現在はフィナステリドの服用を中止して3ヶ月以上持続的な性的副作用が起こっている61人をインタビューしました。

 

インタビューは人口統計情報、医療、精神履歴、および薬の使用、性的機能、およびアルコール消費に関する情報を集めました。

 

アーウィング博士はまた、男性型脱毛に見舞われているがフィナステリドや他の服用育毛薬の使用経験や、精神状態または精神薬の使用のいずれかの使用履歴や性的機能が正常な29人の男性を比較対象としインタビューを行った。両グループは成人のうつ病の測定方法の一つであるBDIテスト( Beck Depression Inventory (ベックうつ病調査表))で判断が行われました。実際にBDIテストが行えるURLが以下となります。

http://www.sannoclinic.jp/bdi.html 

28%が中程度の症状を持っており11%が軽度の症状を持っていた。36%が重篤な鬱症状があったと事がBDIテストのスコアによって3カ月以上の性的副作用が継続をしているフィナステライドを過去に利用者で確認されたと報告しています。さらに、44%が自殺願望をもっているとも確認されました。

対照群では、わずか10%が軽度のうつ病で中程度や重度の症例は確認がされず全体のわずが3%が自殺願望を報告した。

"フィナステリドに関連する潜在的な副作用が生じる可能性があることを臨床医は患者に説明をする義務がある“とアーウィング医師は説明し今後も調査結果を報告するといっております。

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/
 

 

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/     (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/(2012年2月からのブログ)

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。
yokoi@kaminonayami.net