幹細胞レベルで毛根の低酸素状態を改善する新育毛剤の販売

 

以前にご紹介をした新育毛成分ステムオキシダインと呼ばれる血行不良を誘発する低酸素状態を改善する育毛剤が発売されました。ミノキシジルとは異なり、刺激成分に血流を改善する商品ではありません。

 

低酸素状態は人体、全体でも血行不良の原因となり、これは細胞レベルでも同じことす。

脱毛や薄毛の際の低酸素症については初めてステムオキシダインについてご紹介をした際に説明をしております。

 

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11336956729.html

 

昨年6月のペンシルベニア大学の研究でAGA型脱毛の影響によって始原細胞から毛包幹細胞となる作用が低下することで髪の生成能力が低下することがわかり、AGAが幹細胞の低酸素状態であると発表がされました。

 

今回のステムオキシダインはプロペシアのように男性ホルモンを抑制するものではないので副作用や後遺症に対しての心配がなく、薄くなっている箇所に的確に塗布する事が可能です。

 

今回の新生分は単に髪の増毛を図るものではなく休眠状態にある毛根の幹細胞を目覚めさせる効果があると言われている世界でも類を見ない育毛剤であると注目をされております。

 

今回の商品は医薬品ではなく医薬部外品となる製品ですが現在、導入されている育毛ケアや現在の状態をお知らせいただける方に先行してご手配をさせていただくことにしました。

 

 

ステムオキシダインについてのお問い合わせや髪にお悩みの方。相談にのります

yokoi@kaminonayami.net

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

 

 過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/
    (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/
(2012年2月からのブログ)