ポストフィナステリドシンドローム(プロペシア 副作用)に対する意識調査

この格差はないよりポストフィナステリドシンドロームがメディアなどを通じ一般的に周知されているかの違いが製薬会社の売り上げに顕著に反映されています。

 

そこであえてご質問させていただきたいことがあります。アメブロのメッセージでお返事をいただいてもかまいませんし「ペタ」やなんらかの形でこのブログを読んでいただく方たちのご意見を賜れればと思います。

 

1.プロペシアやフィナステリドを服用して精力減退、ED、鬱、性器の縮小、慢性的な減退感。記憶散漫などの症状を感じたことがある方。

 

2.プロペシアやフィナステリドの副作用を感じて医療機関の対応に疑問や不安を感じたことがある方。

 

3.フィナステリド症候群(PFS)に陥ったのにも関わらず、医療機関に相談をしても満足のいく対応や診断を受けられなかった方。

 

4.もしPFSやフィナステリド症候群の患者会や集いができた場合、情報交換や医療機関の受診を希望しているとお考えの方。

 

5.自分の感じている被害を公に訴えたいとお考えの方。

 

ご賛同いただける方はご連絡をいただければ新たな活動の際に優先的にご連絡をさせていただく予定です。

 

上記どれに当てはまってもかまいません。個々の方たちのご意見を賜った内容を今後の活動やブログの内容に反映できればと考えています。

 

AGA型脱毛への育毛効果が医学的に認めら対処方法はプロペシアだけではありません。ご興味のある方はぜひ読んでください。

 

より多くの方のご意見が現在様々な方面でプロペシアの副作用に賛同している関係者の活動いちやく進めるための原動力となります。

当面は以下のアドレスで皆様からポストフィナステリドシンドローム、PFS,フィナステリド症候群といった皆様が耳にしたことのあるプロペシアやフィナステリドの問題に対する連絡先として以下のメールアドレスを解放いたしますのでご意見がある方はご連絡ください。

info@kaminonayami.net

American Journal of Clinical Dermatology にヘアーマックスが紹介されたブログです。

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11769022105.html

 

過去のヘアーマックスの治験と臨床の具体的な説明をしたブログ
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11565665168.html

ヘアーマックスの2010年のFDAでの育毛効果の認可を受けた経緯

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11736833888.html 

 

Hairmaxの育毛専門医療機関の海外と国内での導入例の差とNanogen3xの併用


http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11717195322.html


Nanogen3x
の育毛の研究とヘアーマックスの併用の意義

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11644433932.html


Nanogen3x
の主成分 VEGFについてNHKのサイエンスzeroで放送
http://ameblo.jp\ikumouhatsumoujp/entry-11634075406.html

 

Nanogen3xの公式HPを開始しました。

http://www.nanogen3x.co.jp
 


Nanogen3xの効果や購入にご興味のある方は以下にご連絡いただけばと存じます。

info@nanogen3x.co.jp

頭皮トラブルや育毛の相談、ヘアーマックスや効果効能についてご興味があれば以下のアドレスまでご遠慮なくご質問ください。

yokoi@kaminonayami.net

Nanogen3x
やヘアーマックスをご購入いただいたお客様には育毛についての基礎知識を説明したマニュアルをお渡ししております。

ヘアーマックス(HAIRMAX) 正規代理店では国内最安値

http://kaminonayami.org