読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽バイアグラに見られる個人輸入の医薬品の危険性

本日フジテレビのMrサンデーにおいてアジアの偽バイアグラ工場について紹介をするようですが皆さんがお考えのほど、インターネットで流通する医薬品は安全ではありません。
http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=528

 

日本でも病院で処方を受けるプロペシアの価格が高いからと個人輸入代行でプロペシアミノキシジルタブレットを購入している方が大変多いと思います。

個人輸入代行の場合、薬が本物であったとしても服用して生じた副作用の責任には自分にあり、それが偽物であったとしても輸入代行会社はHPで購入者の自己責任と明記することで責任を回避しています。


日本では偽物の医薬品といってもピンと来ないと思います。それは一般的な医薬品であれば健康保険を利用して、病院で処方を受ければ正規品の医薬品が格安に入手できます。

ですが保険制度が異なる外国では国が支える保険制度ではなく、個人が民間の保険会社に加入する保険によって病院での治療や薬の処方を受けなくてはなりません。

このような民間の健康保険に加入していてもその内容によっては自己負担が大変高額になり、一般的な病気の為の薬でも病院で処方を受けれことができない方たちがおられます。

そのような保険制度の違いから病気のための治療薬を医師に処方を受けるのではなく、インターネットで購入したほうが安くなるため、海外では日本の輸入代行サイトよりも幅広い種類の薬が購入できます。

以前にもご紹介をしたように昨年FDA(米国食品医薬局)はインターポールや関連国と捜査。様々なサイトから医薬品を購入し成分分析を行い偽薬を確認したり、本来配合されていないはずの成分が確認されるなど、1600以上の医薬品輸入代行サイトの閉鎖を行いました。

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11571921311.html


日本でプロペシアを販売する日本MSDのHP上でもプロペシアの偽物についての注意書きをしております。

http://www.aga-news.jp/secure/caution_fake/index.xhtml

先日もご紹介しましたがアメリカではプロペシアジェネリック薬が正式に認可されたことでプロペシアからジェネリック薬に移行している方が増えています。

海外ではプロペシアやフィナステリド製剤の副作用や後遺症の報道も影響し前年に比べ約30%の売上が減少しています。

プロペシアの売上の減少

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11794996955.html

アメリカでもインターネットで海外から医薬品を購入するのは違法ではありません。ですがカナダやメキシコから違法に持ち込まれている医薬品をアメリカ国内で販売している組織もあり、これは違法薬物と同じような問題としてアメリカでは対処されていて処罰されます。

インターネット上で医薬品をHPで販売をしており、それが日本の企業名が書かれていれば安心と考える方が多いと思います。

個人輸入代行サイトも意図して偽物を販売しようとはしていないと思います。ですが個人輸入代行サイトが増加し、これほど多くの方が医療機関でプロペシアやフィナステリド製剤。ミノキシジルタブレット(ロニテン)を購入されている中で需要に対しての供給が追い付かない中、入手する薬の信ぴょう性に欠けた医薬品が蔓延する可能性は高まります。

特に健康保険が適用されない育毛薬やED改善薬の場合はどの国でも高額であるため、偽物が横行しています。

ミノキシジルタブレット(ロニテン)は育毛薬ではないことを以下でご紹介しました。

ミノキシジルタブレットの医薬品各条(説明書)の内容と実態
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11702420044.html

日本の育毛医療機関では処方されたミノキシジルタブレットの服用を中止すればまた抜けてしまいますと説明を受けるようで病院と治療費が高いから個人輸入に移行される方が多いようです。

ですがミノキシジルタブレットが本来は血圧降下剤と知った上で医師から上記の説明を受けたとしてもこの薬を生涯飲める薬であると本当に思いますか?

またバイアグラは偽物が存在してもプロペシアミノキシジルタブレットだけは本物であるとの確証はありますか?

副作用や後遺症。育毛薬ではない薬の長期服用。その薬の信ぴょう性にも疑問が残る中で「服用薬だから育毛効果が高い」と考えるのはあまりにも軽率だと思います。

お時間がある方はぜひ本日のMRサンデーをご覧いただき、偽物の医薬品が存在することをご理解いただいたほうが良いと思います。

1年目、3年目の臨床データでも著明な改善を前頭部、頭頂部で感じたという方は100人中1人も満たないような結果で大半の方が不変と示されています。

 

プロペシアの副作用だけではなく実際の効果について医師がもう少ししっかりと説明をする必要があるのではないかと思います。

 

プロペシアの回復効果のデータの根拠と1年目、3年目、5年目の臨床データの実情 (ぜひお読みください。)

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n217319 

 

プロペシアの実際の効果や副作用について別のお二人の方にそれぞれ詳しく解答をしていますので服用前にぜひお読みください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14119134224    
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12120745967 

American Journal of Clinical Dermatology にヘアーマックスが紹介されたブログです。

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11769022105.html 


 

過去のヘアーマックスの治験と臨床の具体的な説明をしたブログ

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11565665168.html 

ヘアーマックスの2010年のFDAでの育毛効果の認可を受けた経緯

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11736833888.html  

 

Hairmaxの育毛専門医療機関の海外と国内での導入例の差とNanogen3xの併用

 
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11717195322.html 


Nanogen3xの育毛の研究とヘアーマックスの併用の意義

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11644433932.html 

Nanogen3xの主成分 VEGFについてNHKのサイエンスzeroで放送

http://ameblo.jp\ikumouhatsumoujp/entry-11634075406.html 

 

Nanogen3xの公式HPを開始しました。

http://www.nanogen3x.co.jp  

 



Nanogen3xの効果や購入にご興味のある方は以下ににご連絡いただければと存じます。


info@nanogen3x.co.jp 

頭皮トラブルや育毛の相談、ヘアーマックスや効果効能についてご興味があれば以下のアドレスまでご遠慮なくご質問ください。


information@kaminonayami.org

Nanogen3xやヘアーマックスをご購入いただいたお客様には育毛についての基礎知識を説明したマニュアルをお渡ししております。


ヘアーマックス(Hairmax) 正規代理店では国内最安値

http://kaminonayami.org