低出力レーザ―育毛をはじめたとした世界最先端のAGA 男性型脱毛症 女性型脱毛症の対策を紹介

低出力レーザ―育毛器の効果効能や世界最先端の育毛法を紹介しています。プロペシア・ミノキシジルといった従来の育毛法の日本では知られざる問題も紹介

日本皮膚科学会脱毛症診療ガイドライン2017 赤色LEDと低出力レーザ―の違いと承認された矛盾

無断転用禁止

 

日本の育毛ケア大手のアOデランスが赤色LEDの育毛器や赤色LEDの育毛ドライヤーを近年販売をしていますが、赤色LEDと低出力レーザーは全く異なる光源です。

 

2017年に発表された日本皮膚科学会の男性型・女性型脱毛症診療ガイドラインに低出力レーザーが推奨度 Bということは前回のブログでご紹介をしました。

 

日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン2017版で低出力レーザーの効果が認められました

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html

 

 

 

ただ、低出力レーザーだけでなく、LEDまで有用性が同時に認められたという点には大きな疑問が残ります。

 

以下は日本皮膚科学会が赤色LEDおよび低出力レーザ―に有用性があると説明をしたガイドラインの文書の写しです。

 

疑問は赤色LEDとレーザーは同じ色の光は照射しているものの、(1)光の拡がり (2)光の色がこの二つでは全く異なります

 

 

 

(1) 上記のガイドラインを黄色にハイライトした部分を良くお読みいただくと有用性を承認した背景となる、学術論文は655nmの低出力レーザ―で行った臨床試験の結果だけであり、赤色LEDという記述は一切されていません。

 

(2) この学術論文は2009年に初めて低出力レーザーに対し、育毛効果がダブルブラインドテスト二重盲検試験)で検証されました。

 

ダブルブラインドテストは医薬品などの効果を検証する際、被験者の思い込みによる偽薬効果(影響)を分離する為、真薬偽薬を用意し、それぞれの対象者にどちらを使用したかを知らせず、試験を行い、効果を検証する方法です。

 

実際、低出力レーザ―器の効果効能の検証が行われる際は真薬偽薬の役割として用いられるのは同じ形状をした製品であるものの、低出力レーザ―ではなく赤色LEDを照射している機械を偽デバイス(SHAM DEVICE)として用いりました。

 

そこで結果としては低出力レーザーを用いた治験対象者には育毛効果が見られたものの、同じ期間赤色LEDを照射した治験対象者には育毛効果が得られなかったという結果に至りました。

 

それにも関わらず、同じような光を照射しているから低出力レーザ―同様に赤色LEDでも育毛効果が同等に得られると発表している点については疑問が残ります。

 

低出力レーザ―は医薬品で用いられるのと同じ、臨床試験を経て、アメリカや他の96か国でも効果が認められています。

赤色LEDについても一部学術論文が書かれてはいますがダブルブラインドテストなどを正式には行っていません。

 

日本では大手育毛サロンが赤色LED育毛器を販売をしています。

日本皮膚科学会ガイドラインにも明記されているように、臨床試験で効果が確認されているの655nmの波長ではあり630nmではありません。

 

以下の大手育毛サロンのLED育毛器やLED育毛ドライヤーのどちらも照射している光は630nmの波長です。

 

 

 

2017年11月に開催されたWCHRで業務用LED育毛器の展示を拝見しました。当時、担当者に話を聞くと2018年または2019年にアメリカでダブルブラインドテストを行う予定だとの話は聞きましたが、現在も赤色LEDや630nmの波長の光に低出力レーザ―同等の効果があるといる二重盲検比較試験のダブルブラインドテストが行われたという話は聞いていません。

 

影響力のある大手育毛サロン会社は、日本皮膚科学会にも多額の寄付を行っているので、ガイドラインの作成にも強い影響力を持っているのだと思いますが、655nmの低出力レーザーと630nmの赤色LEDは全く異なる光です。

 

低出力レーザ―と赤色LEDの違いを知っていただくと全く異なるものであるということがわかると思います。

 

レーザーは「Light Amplication by Stimulated Emisson of Radiation」の頭を文字から名付けられたもので光を発生・増殖させる発振器で人工的に作られた光です。

 

スペクトルは倍が狭い短波長(単色)の波長や位相がそろった指向性が高い光の集まりであり、光の拡がりが少なくえれるぎーを制御しやすい特徴があります。

 

レーザーには炭酸ガスやヘリウム・ネオンなどを媒質した気体レーザーや半導体を媒質した半導体レーザーがありますが赤色LEDと比較されることが多いのは同じ半導体の光である、半導体レーザーです。

 

半導体レーザーはレーザーの発振の条件を満たした赤色LEDのことで、LD(LASER DIODE)と略されます。

半導体を流れる電流エネルギーによって発光するなどの共通点が多いのですがLDの光はレーザーである為、直進性が高いです。

 

光の出力方向に違いがあり、赤色LEDの光はある程度の広がりを持っているのに対し、LDの光は共振器内を何度も往復して細いビーム状になって放射されます。

 

 

違い1) 光の拡がり

 

赤色LEDをレンズで絞ってもあまり集光できませんが、LDから出る出るレーザー光は回析限界まで極小のスポットに絞り込むことが可能です。

 

赤色LEDでは平行光を照射するのは困難です。だからこそ、昨今、赤色LEDは小さな電球で拡散する光を照射できるので住宅の照明やイルミネーションのように小さな電球でも広くを照らすことができるのが赤色LEDの特徴です。

 

LDはレーザーポインターでもわかるように、レーザー光であれば遠方までほぼ同じビーム径を保つことが可能です。レーザーはその指向性の高さや制御のしやすいという特徴から医療機器や工業加工装置などに用いられています。

 

 

最重要ポイント 1

 

赤色LEDと低出力レーザーが酷似した、赤い光を発していても、赤色LEDは光が拡散するので頭皮表面までにしか到達しませんが、直進性の高い低出力レーザーの光は、毛根内部の毛乳頭まで到達し、ATP(アデノ三リン酸)の増幅効果を得られます。

 

違い2) 光の色

 

赤色LEDとレーザーで同じ色の光を発していたとしてもその発している光の色の波長には違いがあります。この際のポイントが655nmという赤い光です。

 

同じ655nmの赤い光を発するにしても、

 

1.赤色LEDの光は中に含まれている様々な波長の足し算の合計で照射された色です。足し算で出来ている光の色は何らかの方法で光を分毎に分ける「分光」ができます。

 

2.LDからは決まった波長の光しか出ていません。レーザー光は元々が決まった色の光しか含まれていないのでほとんど分けることができません。

 

655nmの光が頭皮の表面に当たることで育毛効果が得られるのであれば大手サロンが販売している赤色LED育毛器でも効果は期待できるかもしれませんが照射されているのは630nmの波長の光です。

 

最重要ポイント 2

 

赤色LEDの育毛器や赤色LEDを搭載する育毛ドライヤーは、低出力レーザー育毛器のような、国際的な二重盲検比較(ダブルブラインドテスト)が行われていません。

 

国際的な、低出力レーザー器の育毛効果の二重盲検比較試験で、偽デバイスとして用いられたのが赤色LED器であること。

 

今回、ガイドラインで示されたのは655nmの光を照射する機器であり、現在入手できる赤色LED育毛器は630nmの光を照射している機械です。

 

LEDは家庭用のライトやイルミネーションで用いられる装飾用電球のように、小さな電球でも、広範囲に明るさを発することはご存知だと思います。

 

レーザーポインターでも分かるようにレーザーの光は拡散しない為、頭皮表面ではなく、毛穴内部に到達するほどの光の強さや色、それに直進性があります。

 

その反面、LEDのような拡散する光は頭皮表面にしか光は到達しません。

 

頭皮全体に隙間なく655nmの光を照射する場合には頭皮の面積に対し、どれだけのレーザー個数で照射できるかが最大のポイントです。

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

Capillusは他のメーカーの低出力レーザ―器とは違い、Capillusが82個、202個、272個、312個の4種類のレーザー個数を設けているのはレーザーの数が多いほど、全体にムラなく655nmの光を皮膚の奥底の毛根内部まで到達させるためです。

 

以下は同じ面積に対し、Capillus 4機種のレーザーの数によってどれほどのレーザーが照射され、隙間の違いを示した図です。

 

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

Capillusが全米の70%の育毛病院で導入された理由が同等機種の中でも最多のレーザー照射個数で尚且つ、最短の時間で頭皮全体を一度に照射できるからです。

 

日本皮膚科学会に次いで欧州皮膚科学会も男性型・女性型脱毛症に対し低出力レーザ―を有効と発表しました。

当然赤色LEDに育毛効果があると認めているのは日本だけであり、他国では認可されておらず、育毛効果は証明されていません。

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

特にCapillusは国際毛髪外科学会(ISHRS)において、2019年と2020年の学会の最高賞を受賞した2名の専門家がCapillusを推奨しています。

 

 

 

Capillusのメディカルアドバイザーを務める前ISHRS会長のレオナルド博士は、2020年 ISHRSにて、植毛外科医に送られる最高賞「ゴールデン賞」を受賞。レオナルド博士は自院でもCapillusを導入しています。

 

国際毛髪学会が選んだ世界最高峰のドクターが2名が、Capillusを推奨しています。

 

過去に書いたロバート レオナルド博士のブログ記事

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

「2年前の国際毛髪外科学会(ISHRS)で低出力レーザ―育毛の研究の論文発表で2017年の最優秀賞を受賞した、パチャパランティーブ医師が、11月13~16日にタイで開催された第27回 国際毛髪外科学会(ISHRS)の2019年The Platinum Follicle Award(プラチナム毛包賞)を受賞しました。

 

Platinum Follicle賞は、ヘアレストレーション(毛髪の回復)における、優れた、研究成果や業績に送られる、ISHRSの賞の中でもっとも権威がある賞です。

 

現在、パチャパランティーブ医師は低出力レーザ―の育毛効果の研究などに、Capillusをご利用いただいています。

 

低出力レーザーの育毛効果が国際的にどのように認められ、効果を上げているか、過去の記事を以下にまとめています。

 

 

 

 

Capillusの詳細の資料をPDFでダウンロードできます。

 

 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

低出力レーザ―とは

 

低出力のレーザ―とは,655nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。

脱毛に使用するのは高出力レーザ―で細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDAアメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザ―の効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

低出力レーザのメカニズム

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザ育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認め、臨床試験の中でももっとも信頼度が高い「メタアナリシス解析」でも有効性が実証されています。

 

 

注目されているだけにCapillusを模造するメーカーが横行。

 

大手メーカー品でも5年程度の耐久性しかない、機器を販売していますが、一度回復しても、年齢を重ねれば、再発する恐れはあり、5年しか利用できないような製品では、何度も買い直す必要が生じてしまいます。

 

最重要ポイントなのでぜひ以下をご覧ください。

 

Capillusは国際学会でも注目を浴びている為に、一部のメーカーが模造品のような製品や中国ではコピー製品などが販売されています。

 

1.本体や付属品を海外で製造し、梱包だけをアメリカで行うことでアメリカ製であると表示しているメーカー。

 

2.効果に疑問があり、商品の耐久性や説明書に記載されている、個々のレーザー照射装置の耐久テストが本来行うべき方法で検証されておらず、本体の強度不足も露呈しています。

 

これはCapillusが臨床結果を元に、FDAで510Kの認可を取得しているだけではなく、裏付けされた実証効果によってこそ、得られた回復であり、Capillusと同等の製品であっても、このような結果に至るとは限りません。

 

このような結果が得られるからこそ、Capillusは毛髪の医療関係者の間でも、臨床試験や院内での利用や患者様へ自信をもって推奨いただけています。

 

 

 

低出力レーザーの有効性やCapillusを導入している国内医療機関。Capillusと同形状の低出力レーザー育毛器の耐久性や信ぴょう性の問題について説明を記載したサイトです。

 

 

 

 

Capillusの効果についてお問い合わせを頂く際、回復例が外国人ばかりだが日本人でも効くのか?

 

 

以下はCapillus RXをご利用井いただいたアメリカ人の方で1年7か月ほどです。

 

どちらの方もCapillus単体で得た回復結果です。明らかに頭皮の露出はなくなりました。

年齢や個人差もありますが、肉眼で一見すると毛が生えていなくても、目視できないような状態で産毛が残っていれば、成長効率が改善することで、容姿的には大きな変化が得られます。

 

さらに、時間はかかっても、新しい髪も生え戻り始めるので一層の回復も期待できます。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になっています。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザ―育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2021年3月22日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2021年3月22日をもって値額の減額が決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

ブログをご欄いただいたお客様はさらに10%のお値引をさせていただきます。

注文手続きの際、カート内のクーポンに「capsale」のコードを入力するか、メールまたは電話で「ブログをみた」とお知らせください。

           

                        新定価     ブログ限定

Capillus  82     113,300円      → 101970円

Capillus 202      251,900円     → 226,710円

Capillus 272      383,900円     → 345,510円

Capillus RX 312   465,300円    → 418,770円

                                                            

TheradomeからCapillusへの買い替えキャンペーン(育毛剤プレゼント対象外)

Capillus 202  251900円

下取り      -60000円

お支払価格  191900円

                         

Capillus 272  383900円

下取り       -90000円

お支払価格  293900円    

 

Capillus 312 RX  465300円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からCapillusへの買い替え

 

Capillus 202  251900円

下取り      -20000円

お支払価格  231900円

 

Capillus 272  383900円

下取り      - 40000円

お支払価格  343,900円

 

Capillus 312 RX  465300円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。


 

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は383900円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は465300円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

 

最新の低出力レーザ育毛器 Capillusのラインアップ

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は113300円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は251900円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―が有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザ―を追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザ―のATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザ―よりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にははフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザ―育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザ―を唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

#CAPILLUS#低出力レーザー#ザガーロ#プロペシア#ミノキシジルタブレット#育毛#発毛#男性型脱毛症#薄毛#女性の薄毛