読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノキシジルタブレットの実情

 

ミノキシジルが市場で紹介されてから育毛薬として定着しておりますが現在日本ではリアップやリアップ5で効果が感じられないと高濃度ミノキシジルやミノキシジルタブレットを使用されるケースが増えております。

 

その中でも高濃度ミノキシジルの塗布をされていた方達が効果がなかった。服用の方が楽。日本でも有数の育毛クリニックでも処方をしているから効果があるのであろうという理由から個人輸入などで服用されているケースが大変増えております。

 

ネットで調べればミノキシジルタブレットは育毛薬として当たり前のように購入できる環境ではありますが以下のような事情をご存じない方が多くこれは育毛クリニックで処方を受けておられる方でも十分な説明が果たされていない状況にあります。

 

以前もミノキシジルタブレットの副作用についてはご紹介をしましたがより薬の特性を理解いただくのであればロニテンと検索をいただくほうが良いと思います。

 

また海外の検索サイトでlonitenと検索をいただき、それを翻訳機能などで調べていただくと簡単に服用しても良い薬ではないことやFDAがどれほどの注意を促しているかもご理解いただけると思います。

 

ミノキシジルタブレット(ロニテン/Loniten)の誤解と現状

 

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11167434617.html 

 

 

服用タイプのミノキシジルの場合に危惧されるのは一般的な薬の服用によって生じる肝臓や腎臓への負担ではありません。

 

 

よく耳にする動悸、胸痛、痒み、顔のむくみなどの副作用が生じる可能性があります。

 

 

これはロニテンの服用によって生じる体内の塩分と水分がましてしまうことで利尿作用が低下することで水が体の様々な部分に蓄積してしまいます。これらが心臓機能の低下を誘発する恐れがあることからロニテンを服用する場合には利尿剤の併用と塩分のコントロールが必須であり、さらには毎朝の体重測定によって前日と比べ体重が2キロ以上増加している場合にはすぐに病院に行き、心電図やエコー検査などを行う必要があると言われております。

 

 

この体重増回は水分の排泄が行えず蓄積してしまう事でからで体内のどこかに水がたまっている可能性がありそれが胸などに蓄積すると心臓機能が低下する恐れがあるからです。

 

 

海外では育毛目的でミノキシジルを服用することは現在行っておりません。さらに服用開始時や薬の処方を受ける際にも心電図などの検査が求められるのですが日本の育毛病院でそのような検査を行っている病院はなく、説明ばかりか同時併用が不可欠とされている別の薬を処方している病院もありません。

 

 

一般的に日本ではロニテンをミノキシジルタブレットと紹介し育毛薬として存在しているような説明がされておりますが管理が容易ではないのこと。さらには以下のような理由で現在、海外ではミノキシジルを服用するようなことはありません。

 

 

特に単独で使用される場合、ロニテンは塩分と水分の過大な摂取過多を引き起こし、顔、目、手、首の浮腫み、静脈膨張、肝頸静脈逆流浮腫を発生させる場合があります。胸部エックス線は肺の血管拡張の徴候を示す場合があり、心不全の兆候を持つ患者の場合は病状を悪化させるケースもございます。塩分摂取制限は求められ、本来は副作用が起こらないようにミノキシジルタブレットと必ずと言って良いほどの併用薬があります。

 

徹底した管理や検査を元に処方されるべき薬であり、心電図やエコーなどの検査をなくして処方する薬ではありません。

 

そのような手間やリスクを考えるとミノキシジルを服用するのはけして簡単な事ではなく、そのような事例から海外では育毛目的での使用を控えるようになりました。

 

日本のように5分ほどの診察と簡単な血液検査を受け、毎日1錠服用すれば済むというものでは到底なく、ご本人の毎日の自己管理に加え、毎月の診察の際には徹底した検査を行わずして処方はできない薬です。

 

ロニテンを用いる場合には療法が、ベータアドレナリン拮抗薬や他の適切な交感神経系抑制剤によって保護されずに使用してしまうと自覚症状のない冠動脈疾患の方に狭心症が発生する恐れがあるとも言われております。

 

 

狭心症の兆候がある方や最近狭心症の症状があった場合、ロニテンを服用する前に開始する前にベータアドレナリン拮抗薬や他の適切な交感神経系抑制剤によって保護されるべきだと言われておりますが循環器系の疾患などはご本人が自覚症状が突然現れるケースが多く、実際に使用しても安全かどうかを精査するために徹底した検査が服用開始前に行わなくてはいけません。

 

 

もし他の血圧降下薬を使用している場合、その作用に対して、ロニテンの血圧降下作用は、付加的になります。

 

 

起立性低血圧をともなっている患者へのロニテンの相互作用は過度の血圧減少をもたらす恐れもあるといわれており、僧帽弁(そうぼうべん)逆流に伴った肺高血圧を患っている患者では、過度の心悸高進を避けるための注意が必要です。

 

 

血圧や塩分濃度。血管プラークや萎縮を考えるとミノキシジルタブレットの服用を20代で行うのと30代や40代で行うの体に生じる負担が全く異なります。

 

育毛に血行が抜け毛や薄毛に及ぼす血管プラークの問題

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11293653229.html 

 

 

それらを踏まえ、本当に服用することが適切かどうかを判断する必要があり日本ではこのような説明が服用する患者にされていない事が大きな問題ではあると思います。

 

現在ミノキシジルタブレットの処方を育毛クリニックなどで受けておられるようであれば少なくともロニテンを服用することによって体内で増加する水分や塩分が増えた場合に何か対処をしてしなくて良いのか?塩分摂取のコントロールは必要がないのか?

 

外見的に認識できる浮腫みであれば分かりやすいのですがロニテンと併用して服用する薬の存在についても聞いていただくことも良いと思います。

 

本来は医師による徹底した検査や自己管理を合わせて使用されるべき薬です。それを個人輸入で服用して良いのか?育毛のためとはいえ、そこまで簡単に使って良いのか改めてお考えいただいたほうが良いと思います。

 

情報として認知度は低いと思いますが安全性も高く効果も実証されているヘアーマックスなどの育毛ケアなどもありますのでミノキシジルタブレットの服用には慎重になるべきですし正しい知識をご自身が理解いただくことが必要だと思います。

 

育毛や医療の低出力レーザー(HAIRMAX)のメカニズム

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11292538505.html 

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/
 

 

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

 

過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/
     (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/
(2012年2月からのブログ)

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。
yokoi@kaminonayami.net