低周波・高周波器による血行促進と特別キャンペーンのおしらせ

 

 最近、育毛サロンが通う方法ではなく自宅で行う育毛ケアに方針をシフトしております。LEDや高圧洗浄もございますが新たに低周波・中周波器などを販売しております。

 

低周波器というのはけして新しい育毛ケアではなく従来から存在し他の目的で医療などにも導入されております。

 

ところが機械が大型であったり家庭用の製品でも10万を超える価格で販売されていたのであまり知られることはありませんでした。

 

育毛のために血行促進が不可欠であることは育毛の基本知識や血管プラークについて過去に掲載したブログでもご理解をいただけていると思います。

 

育毛の為に健康な髪を生え出す為の基礎知識

http://kaminonayami.hatenablog.com/entry/2012/08/05/215657 

 

育毛に血行が抜け毛や薄毛に及ぼす血管プラークの問題

http://kaminonayami.hatenablog.com/entry/2012/07/04/141839 

 

これまでに世界中で販売されている育毛関連商品の9割以上は成分や方法が違うとは言え、血行促進を目的とした製品です。

 

髪の主成分となるのは血液内に含まれるたんぱく質が髪の素となりこれが毛根まで到達しなければどれだけ男性ホルモンを抑えたり、髪に良いといわれるサプリメントを服用しても意味がありません。

 

ですが血行促進を育毛剤で図る場合、刺激成分をただ塗るだけでは意味がありません。毛穴内部に浸透して毛乳頭につながる毛細血管を刺激することではじめて育毛剤としての役割を果たします。それが角化した皮脂や老廃物が詰まっていれば育毛剤は患部に到達しませんし毛乳頭に刺激成分が到達してもその薬効成分が血流を改善できるのは毛細血管の極一部です。

 

以下のような状態は育毛剤は到底毛穴内部に浸透することはできません。

 f:id:kaminonayami_net:20120829162553j:plain

f:id:kaminonayami_net:20120829162536j:plain

 

 

 

 

そこで近年注目をあびて皆さんが大きな期待を寄せておられるミノキシジルタブレットの副作用や身体的リスクについても過去のブログでご紹介をしましたがけして容易に服用して良い薬ではありません。

 

ミノキシジルタブレットの実情

http://kaminonayami.hatenablog.com/entry/2012/08/15/125230 

 

 

以下の画像は500倍のカメラで頭皮を撮影したものです。毛細血管の太さは頭部でも場所によって異なることが2枚の画像を比較いただくと分かると思いますが映し出されている髪と比較いただいてもどれほど細く無数に存在するものかがおわかりいただけます。

f:id:kaminonayami_net:20120829163128j:plain

 

 

 

 f:id:kaminonayami_net:20120829162721j:plain

 

 

 

上記画像に映し出されているのは図解の毛細血管と示されている丸くカーブした部分です。です。この毛細血管は皮膚に必要な血液を供給している毛細血管で髪の主成分となる毛細血管は毛乳頭よりもさらに皮膚の奥底にある為、育毛剤は到達しにくくその効果も限定的です。(図解 2の皮下組織の脂肪組織という箇所に髪のための毛細血管は存在します)

この毛乳頭の下に走っている毛細血管から縦に繋がっている毛細血管の一部が上記画像で示した皮膚上部に血液を供給する毛細血管です。

 

図解 1

 

f:id:kaminonayami_net:20100621134501j:plain

 

図解 2

 

 f:id:kaminonayami_net:20100621134336j:plain

今回ご紹介をしている毛細血管が浮き上がっている画像は500倍のカメラだから撮影できたのではありません。

 

これまでにも同じカメラをミノキシジルタブレットやミノキシジル注射、高濃度ミノキシジルなどをお使いの方でも毛細血管を確認することはできませんでした。

 

ミノキシジルなどの医薬品や医薬部外品成分で血行促進を図るというのは西洋医学的見地から開発された方法です。

 

ところが血行を促進するには別の方法もあり、これが低周波・高周波器をもちいて電気的刺激を深部に毛細血管に加えることで髪に血液を供給する毛細血管の血流を改善するというものです。

 

これらの方法は東洋医学的なツボや医薬品に頼らない方法として東洋ではマッサージや肩こり、整形外科の骨折のリハビリなどに用いられており、他の治療にも低周波や高周波は取り入れられております。

 

一部の育毛サロンでは週に1度や月に2回の来店で低周波を照射するサロンが一時多く存在し、それに加えて自宅用低周波器を販売している会社もございましたがその機械にも効果の差はあり、毎日の使用をしても上記画像のような毛細血管が浮き上がるほどの血流を促進できないものもあるのも事実です。

 

これまでに各種のミノキシジルをお使いだった方や大手発毛サロンで同様の機械をお使いだった方達の頭皮を同じカメラで撮影をしても一切毛細血管の浮き上がりがなかった方も効果のある低周波・高周波器をお使いいただいたところ、上記のような状態で頭皮を撮影することができました。

 

結果としてそれまでの各種ミノキシジルの使用の中止やサロンに来店しての低周波・高周波器の施術に通う必要もなくなり、契約を解除いただくにも至りました。

 

このような機械が知られていない理由としてはそれが数十万する高額な機械であった事。また使用前と使用後で毛細血管の変化などを確認する手段がなかったことです。

 

実際10台以上の低周波器・高周波器を比較しました。大手育毛・発毛サロンの機械も取り寄せ、また以前にこのようなサロンに通っておられた方達の頭皮画像も撮影。高濃度ミノキシジル、ミノキシジルタブレット、HARG療法によるミノキシジル注射を受けておられた方も比較対象として確認いたしました。

 

結果として今回ご紹介をした画像に写し出されている皮膚の表面という毛細血管の末端部分が血流が改善するさせることができた機械は1社の製品だけでした。

 

また何よりこちらの機械であれば数万円で購入がいただけます。(販売会社が現在はなく製造もされていない事から通常定価の30万や60万の10分の1以下で購入できます)

 

1カ月15000円の育毛剤を毎月使えば1年で6万円です。ですがこの約半額程度の金額で各種ミノキシジルよりも血行促進効果が高く、血行促進目的の育毛剤の使用をしなくて済むこと。またこちらの低周波・高周波器は類似品で推奨されるように毎日の使用をする必要がなく単体使用で週に3回。ヘアーマックスとの併用であれば週に2回ほどで済みます。

 

メリットとして3

 

1.現在各種ミノキシジルをお使いの方であれば継続使用が必要なくなり、毎月の育毛剤の購入費用も削減できます。

 

2.毛根に角化した皮脂やシャンプーカスがつまっていても育毛剤が浸透しない事で有効成分が患部に到達しないという事が起こらないこと。(毛根の状態や塗り方によって育毛剤の浸透にムラが生じる)

 

3.皮膚の深部にある毛乳頭と繋がる毛細血管を刺激して血流が促進できること。

 

4.広範囲を一度に血行促進が可能で血流が局所的に鈍くなる恐れがないこと。

 

5.使用頻度も毎日ではないので時間的制約がないこと。

 

上記5点がメリットではありますが何より脂質が高い食事や加齢による毛細血管の委縮。ストレスや先日ご紹介をした男性ホルモンなどが誘発すると言われている低酸素状態。

 

髪の成長にもっとも不可欠な血行促進を原因に関わらず改善ができます。さらに金銭や時間的負担も軽減できます。

 

以前よりお話をしているイギリスの育毛病院のようにヘアーマックスと高濃度ミノキシジルを併用しての育毛治療を参考にしました。その際にミノキシジルに変わるものとして血行促進を図る事ができないかと様々な育毛剤や同種機器を試して発見した方法と機械です。

 

現在、育毛剤に血行促進をおこなっていて効果がない方にはより優れた血行促進方法だと思います。

 

既に製造されていない機械で数に限りもありますので詳細はご連絡をいただいか方のみとさせていただきますが今回特別に10000円を値引きしてご用意いたします。台数は3と限らせていただきます。

 

特にヘアーマックスなどを既にお使いの方には徹底した血行促進は追加いただくのであればとても有効な育毛ケアです。

 

ご興味のある方は以下までメールを送ってください。

 

yokoi@kaminonayami.net

 

ヘアーマックス(HAIRMAX)正規代理店では国内最安値
http://kaminonayami.org/

商品のお問い合わせは以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@kaminonayami.net/

 

 過去に掲載した育毛情報は以下でご覧いただけます。
http://kaminonayami.net/blog/
    (2011年12月までのブログ)
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/
(2012年2月からのブログ)

 

ご質問や相談があれば以下でも受け付けております。
yokoi@kaminonayami.net